blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
歯根嚢胞の治癒

33歳の女性の方です、2017年2月左下7番にひびが入っているため抜歯するといわれたが抜きたくないとのことで越しになりました。

 

レントゲンで歯根嚢胞は認められましたが冠を外したところヒビはなく歯根嚢胞が治れば抜歯は避けられます、通法通り根管治療をしたが近心根が根尖まで穿通できなかったので根管充填後経過観察をしました、1年半後に歯根嚢胞の治癒が確認できたのでファイバーコアのビルドアップをして仮ブリッジ装着後ジルコニアブリッジを装着しました。

 

     2017年2月13日初診時 歯根嚢胞が認められる

 

         2017年4月11日 根管充填

 

       2018年1月13日 歯根嚢胞の治癒確認

 

        2019年5月20日 ブリッジ装着時

 

  

       2019年5月20日 ブリッジ装着(鏡像)

 

歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:55 | - | - |
歯根嚢胞の治癒確認

43歳に女性の方です、上1番の切端の詰め物がすぐに取れて何度もやり磨押したがまた取れたのでやり直してほしいとのことでお越しになりました。

 

レントゲンを撮ったところ左上2番に歯根嚢胞があって根尖が屈曲しており根尖まで根管形成ができません、このままでは治る見込みがないので歯根端切除を行いました。

 

    

    2017年10月20日 初診時 大きな歯根嚢胞が認められる

 

    

        2018年1月23日 根尖まで開かなかった

 

 

    

2018年10月29日ジルコニアクラウン装着時 根尖部の陰影がほぼなくなった

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3503

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 11:22 | - | - |
歯根嚢胞の治癒確認

54歳の男性の方です、2017年2月25日に根管充填をしましたが歯根嚢胞が大きかったので経過観察をしていました、2018年2月3日にレントゲンを撮ったところきれいに消失していました。

 

  2017年2月25日 根管充填時 歯根尖に陰影が認められる

 

      2018年2月3日 陰影が消失している

 

 

歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 13:10 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ