blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
治療終了

斜切痕を歯根破折と誤診され抜きたくないとのことでお越しになった方です、歯根嚢胞とフィステルが認められたので通法通り根管治療を始めたのがフィステルが治らないので8月6日に歯根端切除と嚢胞の摘出を行なって10月1日にコンポジット充填をしました。

 

         2019年10月1日 cR充填(鏡像)

 

           2019年6月14日 初診時(鏡像)

 

10月1日 CR充填時 嚢胞摘出時と比べ歯根嚢胞の治癒傾向がうかがわれる

 

        8月6日 歯根嚢胞摘出と歯根端切除時

 

           2019年6月8日 初診時

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3670

| 山田 豊和 | - | 10:10 | - | - |
歯根嚢胞摘出

根管治療をしてもフィステルが治らないので歯根端切除と歯根嚢胞の摘出を行いました。

 

         2019年8月6日 フィステル治らず

 

                 嚢胞壁

 

               歯根嚢胞摘出

 

              摘出した歯根嚢胞

 

             根管充填と歯根端切除

 

           2019年6月14日 初診時

 

              8月6日 鏡像

 

              6月28日 鏡像

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3670

 

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 20:26 | - | - |
仮骨化が認められる

2018年10月13日に左上2番の歯根嚢胞の摘出と根管充填を行った方です、仮骨化が認められました。

 

            2019年7月10日

 

            2018年10月13日

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3582

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:57 | - | - |
仮歯の装着

4月2日に意図的再植の手法を使い歯根嚢胞の摘出と根管治療をした方です問題がなかったので仮歯を被せ1カ月経過観察をします。

 

          2019年7月3日 仮歯装着

 

            2019年7月3日

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3652

 

 

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 11:32 | - | - |
ヒビがあると診断された

43歳の女性の方です、右上2番にヒビが入っているようだが抜きたくないとのことでお越しになりました。

 

唇側にフィステルがありレントゲンでは歯根嚢胞が認められました、しかし舌側に6mmのポケットがあったのでクラックを疑い根管内を精査しましたがクラックは認められました、診断に苦慮しましたが初診時には診断が付きませんでした。

 

再来院時斜切痕を疑い舌側のポケットを切開した所ポケット底まで斜切痕が認められました、おそらくこれをヒビと勘違いしたようです、ヒビではなかったため早速根管治療を始めました。

 

             2019年6月14日 初診時

 

              6月14日 初診時(鏡像) 

 

    

               初診時

 

  2019年6月28日 斜切痕からつながる舌側歯頚溝(鏡像)

 

   

           6月28日 歯根長測定

 

その後    http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3680

| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 15:23 | - | - |
歯根嚢胞の治癒

33歳の女性の方です、2017年2月左下7番にひびが入っているため抜歯するといわれたが抜きたくないとのことで越しになりました。

 

レントゲンで歯根嚢胞は認められましたが冠を外したところヒビはなく歯根嚢胞が治れば抜歯は避けられます、通法通り根管治療をしたが近心根が根尖まで穿通できなかったので根管充填後経過観察をしました、1年半後に歯根嚢胞の治癒が確認できたのでファイバーコアのビルドアップをして仮ブリッジ装着後ジルコニアブリッジを装着しました。

 

     2017年2月13日初診時 歯根嚢胞が認められる

 

         2017年4月11日 根管充填

 

       2018年1月13日 歯根嚢胞の治癒確認

 

        2019年5月20日 ブリッジ装着時

 

  

       2019年5月20日 ブリッジ装着(鏡像)

 

歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:55 | - | - |
根管を探すのに苦労した

61歳に女性の方です、右下6番の根管治療が奏功せずフィステルができてしまったので抜歯して口腔外で根管治療をする方法があることを説明した所やってほしいとのことでした。

 

2019年4月2日に抜歯し歯根嚢胞を摘出して根管治療をし根管充填の後再植しました、根管を探すのに苦労をしましたが無事見つけることができました、成功すると思います。

 

            2018年2月10日

 

              2018年7月12日

 

       2019年4月2日 フィステルができた

 

          抜去歯と摘出した歯根嚢胞

 

               根管形成後

 

     近心根管 根管とは違った方向に方向に削ってあった

 

               遠心根管

 

   

           根管充填後 トリミング前

 

                再植

 

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 13:15 | - | - |
根管治療

45歳の女性の方です、レントゲンで歯根嚢胞が見つかりコアを除去したので次回から根管治療を始めます。

 

         

        018年12月18日 歯根嚢胞が認められる

 

        2019年1月9日 除去した冠とメタルコア

 

歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

 

| 山田 豊和 | コアを除去しての根管治療 | 12:35 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました

感染根管が原因の歯根嚢胞から歯槽膿瘍になった方です、メタルコアを除去して根管治療をやり直しました。

 

歯根のマージンが歯肉縁下になっていたためエクストルージョンをしてジルコニアクラウンを被せました、有効な歯根長が6mm位ですがこれくらいあれば問題なく使えます。

 

             2018年12月29日

 

    

     2018年12月29日 歯根嚢胞の治癒傾向が認められる

 

    

               2018年7月21日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3610

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:26 | - | - |
歯根嚢胞の治癒確認

43歳に女性の方です、上1番の切端の詰め物がすぐに取れて何度もやり磨押したがまた取れたのでやり直してほしいとのことでお越しになりました。

 

レントゲンを撮ったところ左上2番に歯根嚢胞があって根尖が屈曲しており根尖まで根管形成ができません、このままでは治る見込みがないので歯根端切除を行いました。

 

    

    2017年10月20日 初診時 大きな歯根嚢胞が認められる

 

    

        2018年1月23日 根尖まで開かなかった

 

 

    

2018年10月29日ジルコニアクラウン装着時 根尖部の陰影がほぼなくなった

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3503

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 11:22 | - | - |
歯根嚢胞の治癒

2009年12月に根管充填した方です、2018年11月6日に右上の親知らずが痛いのと以前治療した右上の1番2番のその後が気になるとのことでお越しになりました。

 

レントゲンできれいに治癒しているのが確認できました、私の長い臨床経験でこの大きさの歯根嚢胞を根管治療だけで治ったのは初めてです。

 

  

       2009年11月24日 初診時

 

 

      2009年12月1日 根管充填時

 

   2018年11月6日 根尖部の陰影が消失

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1671

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 08:08 | - | - |
歯根嚢胞による骨欠損がほぼ回復していました

2月26日に左上2番の歯根端切除を行った方です、ほぼ骨が回復しました。

 

  2018年10月29日 ジルコニアクラウンセット時

 

       2018年2月26日 歯根端切除時

 

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3565

 

    

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 16:59 | - | - |
歯根端搔爬

47歳の男性の方です、上の前歯が黒くなっている、歯周病が気になるとのことでお越しになりました。

 

レントゲンで歯根嚢胞が確認できたので通法通りポストコアを除去して根管治療を始めたところ根管充填剤がきれいに取れなかったので歯肉を切開して歯根嚢胞の摘出と根管充填剤の除去及び根管充填を行いました、10月15日にお越しになって腫れ痛み巴ほとんどないとのことでした、一週間後抜糸をします。

 

    

          2018年8月13日 治療前

 

    

       9月19日 根管充填剤が取り切れなかった

 

    

           10月13日 きれいに取れた

 

    

         10月13日 根管充填の確認

 

         10月13日 歯根嚢胞摘出

 

                縫合

 

 

歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 18:28 | - | - |
コアの除去

急性炎症をおこしていたため急遽歯根嚢胞を除去した方です、急性炎症が収まったのでコアを除去して根管治療を始めました。

 

         2018年8月6日 除去したメタルコア

 

  

          2018年8月6日 根長測定

 

  

           2018年7月21日 初診時

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3562

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3581

| 山田 豊和 | コアを除去しての根管治療 | 11:26 | - | - |
歯根嚢胞

60歳の女性の方です、左上前歯が2カ月前から痛みが出てきて耳鼻科で薬を処方してもらっていたが昨日から強い痛みが出てきたとのことでお越しになりました。

 

拝見すると膿瘍ができていてレントゲンでは歯根嚢胞が認められます、早速嚢胞の摘出を行いました、急性炎症が消失してからコアを除去して根管治療を始めます。

 

               2018年7月21日

 

   

               2018年7月21日

 

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3566

歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:34 | - | - |
歯根嚢胞の治癒過程

41歳の女性の方です、2014年3月5日に右上2番の歯根嚢胞の摘出、同年6月16日に右下2番の歯根嚢胞の摘出手術を行いました、昨日お越しになったのでレントゲンを撮らせていただいたところ跡形もなく治癒していま下。

 

             2018年7月10日

 

 

             2014年12月1日

 

  

          2014年3月5日 嚢胞摘出時

 

   

          2014年2月5日 初診時

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3037

 

             2018年7月10日

 

  

          2014年6月16日 嚢胞摘出時

 

  

              2014年5月1日

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3100

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:00 | - | - |
メタルコア除去

54歳の女性の方です、歯肉の退縮が気になるとのことでお越しになりました、退縮の原因は歯周病なので歯磨き練習です。

 

歯肉が落ち着いてきたのでコアを外して根管治療を始めました。

 

    

            2018年4月6日 初診時

 

    

            6月22日 根管治療開始

 

 

 

歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

 

 

| 山田 豊和 | 根管治療 | 11:11 | - | - |
折れたファイルの除去

根尖病巣が認められます、ファイルが折れこんでいるので除去しました。

 

          2018年4月16日 術前

 

      2018年4月21日 ファイルが認められる

 

         4月21日 ファイルを除去した

 

 

歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 12:02 | - | - |
きれいに治っています

2013年1月9日に歯根嚢胞を摘出した方です、久しぶりにお越しになったのでレントゲンを撮らせていただきました。

 

  

        2018年4月13日 きれいに治っている

 

           2013年1月9日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2719

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 16:44 | - | - |
歯根端切除と歯根嚢胞の摘出

42歳の女性の方です、左上1番の切端に詰めたレジン充填が何度も取れるのでやり直してほしいとのことでお越しになりました、レントゲンを撮ったところ左上2番に歯根嚢胞が認められました、1番の充填処置が終ったので左上2番の根管治療を始めたところファイルで根尖を穿通できませんでした。

 

このままでは治癒は望めないので歯根端切除と嚢胞の摘出及び根管充填を行いました、翌日診察した所上唇が腫れていましたが一週間もすればよくなるでしょう。

 

    

        2017年10月20日 初診時

 

           2018年1月28日

 

         2018年2月26日 歯根端切除後

 

 

 

根管治療 http://www.yamadashika.jp/infection.html

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3608

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 14:27 | - | - |
大きな歯根嚢胞

55歳の男性の方です、2017年6月に左上2番?を治療してもらって2日後に口蓋が腫れたため口腔外科に紹介されたそうです、手術が必要と言われたがその前に診てほしいとのことで11月6日にお越しになりました。

 

拝見したところ急性歯槽膿瘍を起こしておりレントゲンでは大きな歯根嚢胞もあったので当日切開排膿と嚢胞の摘出を行いました、しかし切開創が閉鎖しなかったため経過観察しているところです、2018年2月14日にゾンデで探ると底部に軟組織が蝕知できたのでよくなっているようです、自覚症状は全くないため根管治療をしながら経過をみていきます。

 

          2017年11月6日初診時

 

    

               11月6日

 

    

               11月6日

 

            2月14日(鏡像)

 

            2月14日(鏡像)

 

歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

 

 

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 18:51 | - | - |
歯根嚢胞の治癒確認

54歳の男性の方です、2017年2月25日に根管充填をしましたが歯根嚢胞が大きかったので経過観察をしていました、2018年2月3日にレントゲンを撮ったところきれいに消失していました。

 

  2017年2月25日 根管充填時 歯根尖に陰影が認められる

 

      2018年2月3日 陰影が消失している

 

 

歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 13:10 | - | - |
治癒していた

2017年7月8日に根管充填をした方です12月9日にお越しになってレントゲンを撮ったところ歯根嚢胞がきれいに治っていました。

 

   

            2017年12月9日

 

         2017年7月8日 根管充填

 

          2016年11月16日 初診時

 

 

経過    http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3457       

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 11:52 | - | - |
意図的再植法でファイルの除去と歯質の再建

49歳の女性の方です、左上6番の頬側にフィステルがあって近心頬側根管にファイルが折れこみがあり根尖には歯根嚢胞が認められます、その上近心壁から髄床底にかけて歯質の欠損しています、根管治療を始めたところ3根管とも根尖まで穿通できませんでした。

 

保存を希望されていたので意図的再植の手法を使い感染源の除去と歯質の再建をしました。

 

       2017年2月10日 フィステルの出どころを確認

 

            4月24日 ファイルを取り出した

 

              6月6日 術前(鏡像)

 

                   抜歯

 

           口蓋根管にもファイルが残っていた

 

                 接着前処理

 

                 歯質の再建

 

                 トリミング

 

                  再植(鏡像)

 

                    術後

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:18 | - | - |
治っています

2010年10月に歯根嚢胞の摘出とMTA根管充填をした方です、レントゲンを撮ったところ治癒が確認できました。

 

     2017年5月10日 右下5番の陰影がなくなっている

 

              2010年5月26日 初診時

 

歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1858

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 17:25 | - | - |
歯根中央部の大きな歯根嚢胞??

45歳の女性の方です、左上8番の異臭を主訴としてお越しになりました、パノラマを撮影した所冠の下で大きなむし歯になっていたため抜歯をして左下5番に特異な歯根嚢胞が認められたので根管治療を始めました。

 

              2016年11月15日

 

          2017年5月20日

 

 

歯根嚢胞 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=89

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 09:38 | - | - |
フィステルができている

37歳の男性の方です、左上2番にフィステルができていて根管治療を始めたが痛みがあり耐えられないとのことでお越しになりました、拝見すると口蓋にフィステルを認め、レントゲンでは歯根嚢胞らしき陰影があります、状況を説明して早速根管治療を始めました。

 

       2016年9月26日 フィステル

 

   歯根嚢胞らしき陰影を認めセメント質肥厚も認められる

 

              根長測定

 

 

フィステル http://www.yamadashika.jp/infection.html#a01

 

| 山田 豊和 | フィステル | 13:23 | - | - |
フィステルが治りません
60歳の女性の方です、昨年の8月から根管治療を行っていましたが、根管が根尖まで開かずフィステルも治癒しなかったので、2月9日に意図的再植の手法を使って根管の清掃拡大と根管充填を行い歯根嚢胞も除去して再植を行いました。 


                       2月9日 術前


                           フィステル


                    根尖に歯根嚢胞がくっついている


                     歯根嚢胞の除去


                      根管の清掃拡大


                          再植


                      2016年1月8日


                        2月9日 術後



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:36 | - | - |
パーフォレーションリペアとファイバーコア

歯根嚢胞の摘出をした方です、唇側に大きなパーフォレーションがあったのでファイバーコアのビルドアップと一緒にパーフォレーションリペアを行いました。


                      12月17日(鏡像)


                       12月17日 術前


                      12月17日 術後


                       2月5日 初診時



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3243

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:30 | - | - |
歯根嚢胞は治っていました
今年の6月6日に歯根嚢胞の摘出と根管充填を行った方です12月12日にお越しになったのでレントゲンを取らせていただきました嚢胞摘出部の骨化もほとんど終わっていました、ところがその隣の1番の根尖が怪しいので再評価が必要です。


                       12月12日


                     6月6日 嚢胞摘出直後


                      11月15日 根管充填



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3094
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:18 | - | - |
クラックが見つかりました
3月5日に右上2番の歯根嚢胞の摘出を行った方です、ファイバーコアをすべく仮歯をはずした所右上1番にクラックが見つかりました。

2番の仮歯を入れてから内部接着修復をすることになりました。


                 12月1日 クラックが見つかった


                   12月1日 骨化がすすんでいる


                   3月5日 歯根嚢胞摘出時

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3037
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:12 | - | - |
外部接着修復
51歳の女性の方です、右上5番が歯根破折を起こしていました、保存を希望されたので11月11日に外部接着修復を行いました。


            口蓋壁のクラック 唇側壁にもクラックがあった


                           抜歯時


                   口蓋側のクラック 歯根嚢胞も


                           接着


                           再植



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 18:00 | - | - |
パーフォレーションリペア

6月16日に歯根嚢胞の摘出をした方です、右下2番の遠心にパーフォレーションがあったのでファイバーコアのビルドアップと同時にパーフォレーションリペアを行いました。


                  11月4日 左がパーフォレーション部


                   11月4日 歯根嚢胞部の骨化


                          6月16日


                 11月4日 パーフォレーションリペア



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 14:57 | - | - |
歯根嚢胞の摘出
根管充填を行って側枝にまでシーラーが入っているようなレントゲン像が得られたのですが相変わらずフィステルが治癒しないので歯根嚢胞が原因かもしれないと考えて摘出を行いました。

切開したところ唇側の骨壁が全くなくなっていました、とりあえず嚢胞様組織を摘出しました、これで暫く経過観察をして治癒しなければ条件は甚だよくないのですが歯根端切除をすることになりました。


                     10月16日 術前


                骨壁が失われていて根面が露出している


                フィステルが治ればいいのですが


                       10月16日 術後




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3164
| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 09:23 | - | - |
抜きたくない
37歳の女性の方です、右下6番が痛くなったので歯医者で診てもらったら根っこが見つからないので抜くといわれたが治せるものなら治してほしいとのことでお越しになりました。

拝見した所遠心根の近心部分にパーフォレーションを起こしていてレントゲンではファイルの折れ込みも見つかりました。

パーフォレーションリペアをするためには意図的再植法を用いて抜歯して封鎖するしかありません、了承を得られたので10月10日にパーフォレーションリペアとファイルの除去、遠心頬側根の歯根嚢胞の摘出を行いました。


                      6月20日 初診時


                      10月10日 術前(鏡像)


                            抜歯直後


                  接着前処理 パーフォレーション部


                    スーパーボンド硬化待ち


                         再植(鏡像)


                       10月10日 術前


                      10月10日 術後




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 17:02 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました
5月9日に左上2番の歯根嚢胞の摘出を行った方です、ジルコニアクラウンを被せました。


                          8月2日


                          8月2日


                           5月9日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3071
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:26 | - | - |
歯根嚢胞
36歳の女性の方です、昨日右下2番と3番の歯根嚢胞の摘出を行いました。


                       歯根嚢胞摘出後


                            縫合


                        摘出した歯根嚢胞


                       6月16日 術後

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3069
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 19:44 | - | - |
歯根嚢胞摘出

27歳の女性の方です、歯根嚢胞が見つかったため摘出しました。


                   6月6日 根尖が見えている




                      2月13日 初診時


                        6月6日 術後





歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:08 | - | - |
歯根嚢胞の摘出
前回ファイルを除去した方です、歯根嚢胞の摘出と根管充填を行いました。


                   5月9日 歯根嚢胞摘出後


                            縫合


                           摘出物


                           術後


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3060
 
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 09:47 | - | - |
大きな歯根嚢胞
右上2番の歯根嚢胞の摘出を行った方です、右上3番の根管治療を予定していましたが右下が痛んできたとのことだったで治療する歯を変更して右下3番の根管治療を先にすることになりました。


                 5月1日 フィステルが見受けられる


                  歯根嚢胞とみられる大きな影がある


                           5月1日



この方の右上2番の歯根嚢胞摘出 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3037
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 11:00 | - | - |
歯にヒビが入っている

36歳の男性の方です、2年程前左上の2番の痛みが激しくなったため抜髄をしたそうです、その後咬めない状態が続いたので根管治療の専門医で治してもらったとのことでした。

しかし最近になって膿がたまっているような気がして以前診てもらった専門医に行った所再根管治療をすることになり、再根管治療をしてもらったらヒビが入っているので抜歯してインプラントにするか再植するかになりますといわれたとのことでセカンドオピニオンを求めてお越しになりました。

レントゲンを撮ったところファイバーコアが入っていて根管治療をした形跡はありません、またファイルが折れ込んでいることも判明しました。

とりあえずヒビがあるかどうか診断するため仮歯をはずしファイバーコアを除去することになりファイバーコアを除去しましたがヒビは見つかりませんでした。

ついでにファイルと根管充填剤を除去しましたがやはりクラックはありません、ところが歯根嚢胞の内容液が出てきたので時間を掛けて吸引しました、次回歯根嚢胞の摘出手術を行います。


              4月24日 折れ込んだファイル(鏡像)


                         除去したファイル


         4月24日初診時 ファイバーコアを取った形跡はありません


4月24日 ファイバーコアとファイルを除去してクラックを探したがヒビは見つからなかった




歯根嚢胞 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=89

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 14:37 | - | - |
抜歯?

34歳の女性の方です、日赤の口腔外科へ抜歯依頼されて受診した所根管治療をしたほうがいいといわれたとのことでお越しになりました。

近心根の根尖に大きな歯根嚢胞らしき陰影があるのと近心根分岐部に根の吸収像らしきものがあるので根管治療で治せるかどうか判りませんが、根管治療をお引き受けし3月13日から根管治療を始めました。


                      1月29日 初診時


              3月13日 近心根分岐部の影が気になります


                   3月13日 遠心根管は次回再トライ





感染根管治療 http://www.yamadashika.jp/infection.html

| 山田 豊和 | 根管治療 | 11:58 | - | - |
歯根嚢胞摘出

他医で歯根端切除術がうまく行かず急性炎症を起こした方です、歯根嚢胞の摘出と根管充填を行いました。 


          3月5日 根尖を削り取ってある




                      嚢胞壁と内容物


                      3月5日 術後



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3020

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 13:00 | - | - |
排膿

他医で歯根端切除術がうまく行かなかった症例です、根管充填剤を除去した所排膿が認められました、根管充填剤が除去できたので次回歯根嚢胞の摘出と根管充填を行います。


                        2月19日(鏡像)


                          2月19日


                       2月5日 初診時





経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3008

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 13:47 | - | - |
歯根嚢胞摘出
32歳の女性の方です、根管形成が出来たので歯根嚢胞の摘出と根管充填を行いました。


                   2月12日 歯根嚢胞の摘出


                         摘出した嚢胞壁


                       2月12日 術前


                        根管充填後




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2994

 
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:43 | - | - |
歯根嚢胞
36歳の女性の方です、10年ほど前に歯根端切除をした右上の2番が昨年末腫れたがしばらくすると腫れは引いてきた、心配なので診てほしいとの事でお越しになりました。

レントゲンを撮ってみると歯根嚢胞が見つかりました、根管治療の上摘出が必要です、次回から根管治療を始めます。


                 2月5日 手術の跡が見受けられる


                 2月5日 嚢胞が出来ている



歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 11:57 | - | - |
歯肉が腫れた
32歳の女性の方です、昨年の11月に急に腫れてきて歯医者さんに行った所薬で散らすといわれてお薬を処方してもらったとのことです、一旦よくなったものの12月に再び同じような状態になって受診した所またお薬で散らすとのことでまたお薬を処方されたそうです。

かなり腫れてきてよくならないので診てほしいとの事でお越しになりました、拝見したところ膿瘍が出来ていたため切開排膿をして抗生剤を処方しました、原因は感染根管なので根管治療が必要です、次回から根管治療を始めます。


                       1月21日 初診時


                    大きな歯根嚢胞が見受けられる


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 11:46 | - | - |
抜歯は避けたい

32歳の女性の方です、歯が痛くなって診てもらったところ根っこに膿がたまっているので自然治癒を待つか治らなければ抜歯するしかないといわれたとのことでお越しになりました。

急性炎症を起こしていたので冠をはずして抗生剤と鎮痛剤を処方し急性炎症が治まってきたので根管治療を始めました。

歯根嚢胞の疑いがあるので根管充填後しばらく経過観察をする予定です。


                      11月19日 初診時


              12月11日 近心舌側根管の根長測定


                遠心根管と近心頬側根管の根長測定




感染根管治療 http://www.yamadashika.jp/infection.html

| 山田 豊和 | 根管治療 | 12:52 | - | - |
歯根嚢胞摘出

42歳の女性の方です、定期検診の時右上2番に影があるといわれて根管治療をしてもらっていたが膿が止まらないので抜歯もありえると言われたとのことでお越しになりました。

レントゲンを撮ってみると根尖に影があり歯根嚢胞と考えられます、根管形成が出来たので摘出と根管充填を行いました。


                     11月29日 初診時


                     11月29日 根長測定


                 12月10日 歯根嚢胞摘出と根管充填


                        摘出した嚢胞壁


                       12月10日 術後




歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 18:25 | - | - |
コアをはずすのに苦労しました

46歳の女性の方です、前歯4本をきれいにしたいとのことでお越しになりました。

レントゲンを撮ってみるといずれも感染根管で根管治療が必要です歯根嚢胞がある左上2番の治療から初めて嚢胞の摘出と根管充填が終わったので隣の1番の根管治療をするべくコアをはずそうとしたのですが深くまで入れてあったため苦労しました。


                      10月18日 初診時


                    11月15日 除去したコア


                    11月15日 根長測定時





根管治療 http://www.yamadashika.jp/infection.html

| 山田 豊和 | 根管治療 | 09:26 | - | - |
歯根嚢胞と歯根破折

右上1、2に大きな歯根嚢胞があり2番が歯根破折を起こしていた方です、嚢胞を摘出して歯根破折をどうするか決めかねていた方です。

結局抜歯してブリッジで穂綴することになり9月25日に抜歯しました。


                        10月19日 


                           7月23日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2888

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 13:44 | - | - |
歯根嚢胞摘出
43歳に女性の方です、右上1番と2番に大きな歯根嚢胞があります、また2番は歯根破折を起こしています、抜歯は避けたいとのことなので先ず歯根嚢胞の摘出を行いました。

経過観察の上接着修復するかどうか判断したいと思います。


                           9月3日


                           術後


                         摘出した嚢胞


                          7月23日


                           9月3日



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:16 | - | - |
順調に骨化がすすんでいます
昨年の4月に歯根嚢胞の摘出を行った方です、順調に骨化が進んでいます。


                  2013年6月6日 術後約14ヶ月


                    2012年4月26日 術前


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:48 | - | - |
歯根端切除失敗
27歳の女性の方です、約4年前某口腔外科にて歯根端切除を行ったものの昨年7月にフィステルが再発したため再根管治療とフジアイオノマーセメントによる逆根管充填を行ったとのことです。

今年の1月頃より根尖部違和感が再発し最近腫脹も出てきたため抜歯となる可能性が高いといわれたとのことで来院なさいました。

おそらく逆根管充填が不十分なため再発したものと考えられます、したがってアイオノマーセメントを除去して再根管充填をすれば治る可能性があります。

出来れば意図的再植の手法を使って抜歯した上で行えば問題なくアイオノマーセメントが除去できるのですが患者さんの同意が得られなかったため唇側より切開して根管内からアプローチして除去することになりました。

しかし根管内からエンドファイルが根尖まで十分届かなかったためやむなく一部残したままにせざるを得ませんでした、この状態でMTA根管充填をして様子を見ることになります。


                        4月30日 術前


                         歯根嚢胞を摘出


                             縫合


                      4月15日 初診時


                   4月15日 根管充填剤除去


4月30日歯根嚢胞の摘出と同時にアイオノマーセメントの除去を試みたが取りきれなかった





山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 16:43 | - | - |
歯根嚢胞
以前当医院で根管治療と根管充填支台歯築造1回法で治療してジルコニアを被せた方です、今回お越しになったのでレントゲンを撮ったところ歯根嚢胞は治っていませんでした。

このまま経過をみたところで治る見込みがないので歯根嚢胞の摘出手術を行いました、次回お越しになったらレントゲンを撮って治り具合を確かめたいと思います。


           1月9日 術前 10年ほど前の歯根端切除手術の跡 


            歯根端切除をした時の骨のへこみが残っていた


                           嚢胞壁


                       歯根嚢胞摘出後


                          摘出した嚢胞壁


                           終了


                   2010年2月28日 初診時


               2012年3月17日 根管充填支台歯築造時


              2012年12月21日 歯根嚢胞は治っていなかった


                  2013年1月9日 嚢胞摘出後



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2702
 
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 11:04 | - | - |
歯根嚢胞
39歳の女性の方です、右上2番を以前他医で歯根端切除をしたのだが根尖に大きな影があったため今年の3月に再根管治療を行い根管充填支台歯築造1回法で根管充填を行ってジルコニアを装着しました。

このたび定期検診に起こしになってこの歯が時々ちくっと痛むことがあるとのことなのでレントゲンを撮った所根尖に透過像が残っていたため歯根嚢胞と診断して次回摘出を行うことになりました。


                      2010年3月15日 術前


                    2012年3月17日 根管充填時


                       2012年12月21日






経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2423

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:56 | - | - |
仮骨化が伺えます
8月29日に歯根嚢胞の摘出を行った方です、11月28日にレントゲンを撮らせていただいたところ仮骨化が伺えました、あと3ヶ月もすれば治ったのがはっきりするでしょう。


                         11月28日


                       8月29日 術直後



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2587


 
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 09:31 | - | - |
歯根嚢胞の摘出
39歳の女性の方です、根管充填をしてもらったが良くならないとのことでお越しになりました、レントゲンを撮ってみると右上2番の根尖に影が見られました。

レントゲン所見からは歯根嚢胞が疑われます、歯根嚢胞なら様子をみたところで治癒は望めません、状況を説明して摘出することになりました。

前もって根管充填剤を除去しておいて11月30日に嚢胞の摘出と根管充填を行いました、これで治ってくるものと思います。


              11月30日 嚢胞摘出後 根尖が見えている


                           術後


                       11月1日 初診時


                      11月30日 術後



 山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:44 | - | - |
歯根端掻爬 
根管充填後出来物が出来たとのことでお越しになった方です、初診時に根管充填剤を除去し10月31日に根管充填と歯根嚢胞の摘出を行いました。


                       10月27日 初診時


                      10月31日 根尖


                        10月31日 術後


                       10月27日 初診時


                       10月31日 術前


                     10月31日 根管充填後

 経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2649
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 11:21 | - | - |
フィステルが出来た
38歳の女性の方です、1ヶ月くらい前に左上2番の根管充填をしたところおできのようなものが出来たとのことでお越しになりました。

拝見したところフィステルができていて歯根嚢胞を摘出しなかったのが原因と考えられます 、状況を説明して根管治療を始めました、次回根管充填と歯根嚢胞の摘出を行います。


              10月27日 初診時 側切歯に出来たフィステル


                    10月27日 初診時術前


                    10月27日 歯根長測定時


その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2651
| 山田 豊和 | フィステル | 13:46 | - | - |
ジルコニアを被せました
大きな歯根嚢胞を摘出した方です、歯根嚢胞もすっかり治ってこのたびジルコニアクラウンを被せました。


                        2012年10月22日


                       2012年9月12日


                        2011年5月27日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2605
| 山田 豊和 | 審美修復 | 11:45 | - | - |
パーフォレーション
50歳の女性の方です、左下6番に歯根嚢胞があるとのことでお越しになりました、左下4番には歯根嚢胞らしきものがありますが6番には根分岐部に影があってパーフォレーションが原因と考えられます。

状況を説明して10月6日にコアを除去したところ遠心根と近心頬側根にパーフォレーションが見つかりました、保存するためにはパーフォレーションを封鎖する必要があります。

パーフォレーションが大きく根管治療も必要なため意図的再植の手法を使って治療することになりました。


                       9月21日 初診時


  10月6日 遠心根(上)と近心頬側根(下)にパーフォレーションが見つかった(鏡像)




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 15:40 | - | - |
歯根嚢胞が治っていました
昨年の6月に歯根嚢胞の摘出と歯根端掻爬を行った方です、9月12日に仮歯を本歯に作り変えたいとのことでお越しになりました。

レントゲンを撮ってみると仮骨化がほぼ終わり治癒しているのが確認できました。


                     2012年9月12日


             2012年9月12日 ほぼ仮骨化が終了している


                2011年5月27日 初診時


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2117

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 09:31 | - | - |
歯根嚢胞の摘出
39歳の女性の方です、右上3番がよく外れるとのことでお越しになりました、レントゲンを撮ってみると2番に歯根嚢胞が出来ていたので状況を説明して根管治療を始め、2回目の8月29日に根管充填と歯根嚢胞の摘出を行いました。


                        8月1日 初診時


                    8月29日 嚢胞摘出後


                 8月29日 歯根嚢胞摘出と根管充填後




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
 
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 09:16 | - | - |
エクストルージョン

歯根嚢胞野摘出手術をした方です、傷も良くなってきたのでエクストルージョンを始めました。


                     4月27日 深いむし歯


                           牽引装置


                            仮歯


                   4月27日エクストルージョン開始



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2440

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 09:31 | - | - |
フィステルも治りました

2年余り前に当医院で根管治療と根管充填をしましたが歯根嚢胞が治癒せずフィステルも作ったため3月30日に嚢胞の摘出と根管充填を行いました。

4月6日に抜糸を行い4月17日に経過観察にお越しいただきました、傷もすっかりよくなって今度はきれいに治りそうです。


                        4月17日 術後18日


                       3月30日 術前


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2436

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 09:19 | - | - |
歯根嚢胞の摘出

エクスルージョンをする予定で根管治療を始めたのですが良くならないので歯根嚢胞の摘出を行いました、根尖孔が開大していたので少し気になります。


                4月3日 術前 フィステルが治っていない


                            根尖孔


                          根管充填後


                     4月3日 根管充填後


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2391

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:30 | - | - |
歯根嚢胞の摘出と根管充填を行いました

2年余り前に当医院で根管充填した方です、きれいに根管充填できたにもかかわらず歯根嚢胞を作っていたので3月30日に歯根嚢胞の摘出と根管充填を行いました。


                         3月30日 術前


          3月30日 根管充填時 根尖からキャナルスが漏出している


                      3月30日 根管充填後


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2388

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:00 | - | - |
4根管目が見つかりました

右上6番の根管治療をしている方です、近心根管が気になったのでマイクロスコープで精査しました、すると近心根管が2本ある事が判明、通法どおり根管長を計測し根管形成を行いました。

この手付かずだった根管が歯根嚢胞の原因だとは限りませんが根管が見つかって清掃できたことで治癒に一歩近づいたことは確かです。


              3月21日 近心口蓋根管が見つかった(鏡像)


                  3月21日 根管形成後(鏡像)


                    3月21日 根長測定時


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2409

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 11:10 | - | - |
根管充填支台歯築造一回法

49歳の女性の方です、ずっと以前に歯根端切除をしてもらったそうです、最近痛みが出てきたとの事でお越しになりました。

レントゲンを撮ってみると歯根嚢胞ができていたため根管治療を始めました、根管治療は問題なく出来たのですが歯根端切除をしてあったので歯根長が短くなっています。

このまま通法どおり根管充填をすると歯根破折のリスクが大きくなるので根管充填と支台歯築造を同時に行いました。


                       2月28日 初診時


                    3月8日 根管形成終了時


                 3月17日 根管充填支台築造前


                 3月17日 根管充填支台築造後


                        支台歯形成後


                  3月17日 根管充填支台築造後





山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | ファイバーコア(支台築造) | 12:35 | - | - |
右上6番の大きな歯根嚢胞

他医からの依頼で根管治療を始めた36歳の女性の方です。

CT画像を送っていただきましたが大きな歯根嚢胞が確認できます、2月24日に根管形成は出来たのですが3月6日の時点でフィステルが残っており違和感もあるそうです。

治療方法を考えながら何とか抜歯せずに済めばと思っています。


                      2月13日 初診時


                    2月24日 頬側根管長測定時


                  2月24日 口蓋根管長測定時


                依頼先から送っていただいたCT画像


                        同じくCT画像


                  3月6日 フィステルが残っている

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 17:34 | - | - |
大きな歯根嚢胞

他医からの依頼で根管治療を行っている36歳の女性の方です。

根管形成はきれいに出来たのですが違和感が残っていて頬側のフィステルが治りません、送っていただいたCT画像にはデンタルレントゲンでは判らなかった歯根嚢胞が写っています。

どのような治療方法がいいか考えながら治療を進めていこう思います。


                      2月13日 初診時


                    2月24日 根長測定時


                          2月24日


                 送っていただいたCT画像の一部





                 3月6日 フィステルが残っている



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:29 | - | - |
根尖病巣が歯根嚢胞に

50歳の男の方です、2年半くらい前に当医院で根管充填をした方です、そのままになっていて1月7日にお越しになりレントゲンを撮ったところ小さかった根尖病巣が立派な歯根嚢胞になっていました。

根管治療がうまく行かなかったようです、根尖まで根管充填がしっかりできた症例ではそらく初めてだと思います、もう一度根管治療をやり直して歯根嚢胞の摘出を行います。


                1月27日 フィステルが出来ていた


            2012年1月27日 立派な歯根嚢胞になっていた


                     2009年10月23日 初診時


                2009年11月9日 根管充填時



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/



| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:25 | - | - |
近心根の意図的再植
根と根の間にパーフォレーションがあって抜歯しなければならないといわれたが抜きたくないとの事でお越しになりました。

拝見すると近心頬側根管口のすぐ下にパーフォレーションが認められました、通法どおり根管治療を始めたのですが近心根管が二つとも根尖まで穿通しませんでした、また近心根管には大きな歯根嚢胞も認められたので意図的再植を計画しました。

エクストルージョンをして近心根だけ分割抜歯して根尖病巣の摘出と根尖の感染部分の始末とパーフォレーションリペアを行いました。


                        8月9日 初診時


                 8月23日 近心頬側根管と遠心根管


                       8月23日 近心舌側根管


                         12月7日 術前


                       12月7日 術後


                    12月7日 術後(鏡像)


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/






 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:26 | - | - |
意図的再植法での歯根嚢胞の摘出

46歳に女性の方です、左上の7番が割れているといわれて治せないかとの事で昨年の12月にお越しになりました。

診査したところ歯根破折はしていなかったものの根尖病巣があったので通法どおり根管治療を行いました、しかし頬側根管が2根管ともかなり上部で閉鎖しており根尖まで根管形成が出来ませんでした。

とりあえず根管清掃が出来たところまで根管充填を行いだめもとで半年経過観察をすることになり、7月2日にレントゲンで確認したところ根尖病変は治癒していませんでした。

最初のお話通り意図的再植で抜歯して歯根嚢胞の摘出と原因根管の処置をすることになり、8月30日に意図的再植を施行しました。


                    1月29日 根管充填時


              7月2日 レントゲン 根尖病変が残っていた


            8月30日 抜歯直後 摘出した歯根嚢胞と左上7番


                  頬側2根尖孔が開大している


            頬側2根管を穿通拡大してファイバーコアで根管充填


                  はみ出したファイバーポストを切断


                          再植直後


                  抜歯時 頬側根管は封鎖している


                    8月30日 術後レントゲン


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:13 | - | - |
再植に苦労しました

右下の6番の根管治療をしたのですが、根尖まで穿通することが出来なかったため違和感が残ったままでよくなりませんでした。

最後の手段として外科的に治すことになって意図的再植を行いましたが再植するときセメント質肥厚があったためもとの位置に植えなおすことが出来ませんでした。

少し浮いた状態にはなりましたがおそらく生着すると思います。


                      7月11日 抜歯前(鏡像)


                 抜歯直後 セメント質肥厚がうかがえる


                      根尖病変(歯根嚢胞)を除去


                     歯根嚢胞を取った根尖


              ファイバーポストとスーパーボンドによる根管充填


                          再植後


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:24 | - | - |
歯根嚢胞の治癒が確認できました

大きな歯根嚢胞があって治すのをあきらめていた方です、昨年の7月に嚢胞の摘出を行って10月にMTAで根管充填をした方です。

7月5日にお越しになったのでレントゲンを撮らせていただいたところ大きな嚢胞の影が消失しており完治がレントゲン的にも確認できました。


                        7月5日 レントゲン


                     2010年5月26日 初診時


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1858

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3444
 

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 09:27 | - | - |
歯根嚢胞の摘出を行いました

5月27日から根管治療を始めた方です、今回で2回目ですが排膿が止まらないため歯根嚢胞の摘出と根管充填を行いました、これでよくなると思います。


                    6月10日 歯根嚢胞の摘出


                           術後


                       摘出した嚢胞壁の一部


                         根管充填後


                      5月27日初診時レントゲン



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2103





| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 09:26 | - | - |
歯根嚢胞

32歳の男性の方です、この3月に右上の2番が腫れて診てもらっていて投薬を受けて様子をみていたが結局抜かなくてはいけないといわれたとの事でお越しになりました。

レントゲンではかなり大きな歯根嚢胞が認められました、また冠に穴を開けて排膿路を作ってありました。

歯根嚢胞の摘出が必要になるかもしれませんが先ず通法どおり根管治療を始めました。


                        5月27日 初診時


                        初診時レントゲン


                 多量の排膿が認められる(鏡像)


                       根管長の測定


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/



| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 13:49 | - | - |
割れてしまったわけではありませんが

36歳の女性の方です、左上5番が歯根破折を起こしていて近遠心の根壁は歯肉縁下まで大きく欠損しています、出来れば残したいとの事だったので外部接着再植をして保存することになりました。

3月15日に抜歯して根管内を清掃して破折したところを接着したうえで再植しました、歯根膜の生命力に期待しています。


                       1月26日レントゲン


             3月15日術前 クラックが出来ている(鏡像)


                          抜歯直後


               歯根嚢胞と思われる摘出した根尖病変


       根尖孔がもうひとつあった これが根尖病変の原因と考えられます


                         接着前処理


                        接着の確認


                   3月15日 再植直後(鏡像)                    


                        再植後レントゲン 


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/






| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 15:55 | - | - |
歯根嚢胞様根尖病変

44歳の女性の方です、左上5番を昨年の2月から根管治療を行っていましたが頬側根管がどうしても根尖まで開かなかったため開いたところまで根管充填をして半年ほど予後観察を行っていました。

しかし違和感もなくならず根尖の陰影も消失しなかったので感染根管は治癒していないとの判断で患者さんと相談の上意図的再植をすることになりました。

1月11日に抜歯して根尖に付着していた歯根嚢胞様組織を除去して根尖孔をスーパーボンドで閉鎖して再植を行いました、術後レントゲンは撮影するのを忘れたので次回抜糸の時撮影します。


                   2010年3月3日 根管充填時


      2010年7月30日 根管充填後約5ヶ月 根尖病変に治癒傾向なし


                        1月11日 抜歯前


            抜歯直後 歯根嚢胞と考えられる根尖病変が見られる


                        根尖病変を除去


           根尖病変を除去した根尖部 セメント質肥厚が見られる


                   根尖孔をスーパーボンドで閉鎖


                            再植直後


歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou



| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 16:57 | - | - |
MTA根管充填
31歳の女性の方です、6月22日に左上4番を外部接着再植した方ですが、初診のときにパノラマレントゲンを撮影したところ右下5番に大きな歯根嚢胞と思われる影が見つかりました 。

お尋ねしてみるとご自身もご存知で過去に何度か根管治療をしたが治らなかったのであきらめているとのことでした。

根管治療で治せそうなので再根管治療をすることになりました、通法どおり根管治療をしたのですが根管内からの滲出液があって止まらなかったので根尖病巣の摘出手術を行いました。

そして根尖孔が開大していたのでMTAを使って根管充填を行いました、今後推移を観察していくことになります。

尚この根尖病巣は中心結節の破折が原因で歯髄壊死をきたして出来たものと考えられます。


                       5月26日初診時


                     5月26日 レントゲン


                   10月6日 MTAによる根管充填


中心結節の破折 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=240
中心結節の破折その2 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=334





| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:28 | - | - |
歯根端掻爬
6月15日に急性歯槽膿瘍でお越しになった27歳の男性の方です。

切開排膿をして急性炎症が治まって、根管治療を始めたところ根管形成がうまくいっているにもかかわらずフィステルが治癒しませんでした。

8月27日に歯根嚢胞の摘出と歯根端掻爬と根管充填を同時に行いました、おそらくこれで治るものと思います。


              8月27日術前 フィステルが残っている


                        歯根嚢胞を摘出


                             縫合


                     8月27日 術後レントゲン


                        6月15日初診時


                   6月15日 初診時レントゲン

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1738




| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 12:45 | - | - |
根尖病巣

33歳の男性の方です。

大きな歯根嚢胞ががあるので治してほしいとのことで来院なさいました、レントゲンを撮ってみるとかなり大きな根尖病巣が確認できました。

これほど大きな病巣は歯根端切除をすることになる場合があります、通法どおり根管治療を始めたところ急性炎症も起こすことなく根管充填ができました。


                2009年11月24日初診時レントゲン


                   2009年12月1日根管充填時


             2010年4月30日 病巣の仮骨化が見受けられる

 

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3596

感染根管治療 http://www.yamadashika.jp/infection.html

 

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:25 | - | - |
歯根破折歯の抜歯接着修復再植術

70歳の女性の方です、左下の第二大臼歯が痛むとの事で来院なさいました、拝見すると歯根破折が原因の痛みでした。

根尖病巣もあったので抜歯して接着の上再植すれば助かる可能性があることをお伝えしたところやってみたいとの事だったので8月3日に手術を行いました。

冠をはずしたところクラックは3本で抜歯したら大きな歯根嚢胞と思われる腫瘤が見られました、摘出するのにいささか苦労しましたが接着の上無事再植することができました。

翌日拝見すると痛みがあるとの事でしたがひどい炎症を起こすことなく順調に経過しています、2ヶ月くらい様子を見て問題がなければ補綴する予定です。


                    近心側にクラックが見られる(鏡像)


            冠をはずしたところ クラックが3本見られる(鏡像)


                            抜歯直後


           クラックが3本あったので3分割にして清掃を終えたところ


       根尖病巣を取り除いて接着して根尖を封鎖して硬化させているところ


                   接着の上再植したところ(鏡像)


       8月20日 術後16日目(鏡像) 痛みもなくきれいな歯肉になっている

歯根破折 http://www.yamadashika.jp/infection.html#a02






| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 12:04 | - | - |
歯根嚢胞
上顎第二大臼歯の口蓋根(中央)と遠心根(向かって右)にできた歯根嚢胞の実物です。

抜歯したとき歯根嚢胞は抜歯窩に残ってしまい鋭匙で掻き出すことがほとんどなのですが時々このように歯根にくっついて取れてくることがあります。


                     気持ち悪いですね

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:19 | - | - |
歯根端切除その後
Yさん 1年7ヶ月前に歯根端切除を行いました、都合でお越しになれなかったのですがこのたびお越しになられたのでレントゲンを取らせていただきました。

ほぼ歯根嚢胞は治癒して骨が再生していました。


                   歯根端切除から1年7ヶ月後


                       初診時


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=686
| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 09:33 | - | - |
口蓋部のフィステル
31歳女性 昨日親知らずのむし歯と1ヶ月前より上顎の内側にできものができたとのことで来院なさいました。

拝見すると親知らずに大きなむし歯があったため抜歯することになりました、できものについてはフィステルなのでレントゲンで確認したところ大きな歯根嚢胞ができていました。

親知らずを抜歯した後この歯の根管治療をしていくことになりました。


             上顎の中央部にフィステルができている(鏡像)


                     レントゲン像


            フィステルにガタッパーチャポイントを入れて確認(鏡像)


               ガタパーチャポイントを入れたレントゲン像

山田歯科HP  target="_blank">http://www.yamadashika.jp/
フィステル http://www.yamadashika.jp/infection.html#a01

| 山田 豊和 | フィステル | 10:13 | - | - |
歯肉の磨き傷
25歳の女性の方です。

昨日左右の上のむし歯が気になる、左下奥歯がしみた、悪い所は全部治したいとの事で来院されました。

拝見すると上顎は左右の乳歯が残存しており磨きすぎで歯根が露出していました、全体的にはオーバーブラッシングの傾向があり左上は知覚過敏の状態でした。

とりあえず歯磨剤をやめれば知覚過敏が治るので歯磨剤の使用を中止するようお伝えして、歯磨き練習をお勧めしました。

悪い所は全部治したいとの事だったので、気になった上顎切歯のレントゲンとお口全体のレントゲンを撮らせていただきました。


      残存している乳歯とオーバーブラッシングによる歯根の露出(右側 鏡像)


         同じく左側 歯磨きによる歯肉の擦り減りと歯根の露出 鏡像


          上顎中切歯 右側(向かって左)にはフィステルが認められる


        同部レントゲン像 両中切歯に歯根嚢胞と思われる陰影が認められる


お口全体のレントゲン像 上顎両側の第二乳臼歯が残存しており第二小臼歯が欠損している 下顎の両側の第二小臼歯と右側(向かって左)の第二大臼歯も欠損している

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
オーバーブラッシング http://www.yamadashika.jp/prevent08.html
歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#a00
先天性欠損 http://yamadashika.jugem.jp/?search=%C0%E8%C5%B7%C0%AD%B7%E7%C2%BB&x=57&y=14
| 山田 豊和 | 磨き傷 | 09:23 | - | - |
不正形な歯根嚢胞
右下の第二小臼歯に不正形な歯根嚢胞が見られました、変だなと思いつつ通法どおり冠をはずしてコア(金属の土台)を除去して根管治療の後、後日根管充填をして根管充填の状態をレントゲンで確認しました。

すると根尖部近くの遠心部分(向かって左)に根管の側枝にシーラーが入った跡が写っていました、それで歯根嚢胞の不正形な原因がわかり納得できました。

このように側枝にシーラーが入っていくことはまれに経験することです、これでこの歯根嚢胞も治癒することと思います。


                不正形な歯根嚢胞が見られる


    根管充填後 遠心(向かって左)に横方向にシーラーが入った様子が写っている

側枝にキャナルスが入った症例 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1988
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 11:00 | - | - |
フィステルと 歯根嚢胞2
Aさん28歳女性 先週根管形成をして水酸化カルシュウムを貼薬(お薬を根管内に入れること)しました。

昨日お越しになられて拝見すると、フィステルはほぼ治癒しており、根管内からの滲出液もほとんど無かったので、根管充填をしました。

レントゲンで確認した所きれいに出来ていたので根管治療は終了です。


            フィステルの跡が少し残っているが問題ないでしょう(鏡像)


                     根管充填後のレントゲン


フィステル供http://yamadashika.jugem.jp/?cid=107
| 山田 豊和 | フィステル | 08:43 | - | - |
フィステルと 歯根嚢胞
Aさん28歳女性 昨日左の前歯が欠けたので治してほしいとの事で来院されました。

お話をおききすると、昨年の春ごろかもっと前から上顎の内側にできものができていて時々破れて小さくなるとの事でした、拝見するとフィステルができていました。

これは膿の出てくる出口で膿がたまってくると膨らんできてある程度大きくなると破れて膿が出てしまい小さくなります、すると破けた所がくっつき、また膿の出口が無くなり膨らんできます、そうしてまた破れて小さくなるというように根管治療がうまくいくまで続きます。

レントゲンを撮らせていただいたところ、右の中切歯と側切歯をの根尖を含む歯根嚢胞が見られました。

念のため中切歯のバイタルテストをすると失活(歯髄が壊死していること)していました。

事情を説明して早速、通法通り根管治療を開始しました、結果がよければフィステルも治癒して根管充填ができると思います。

もし排膿してきたりフィステルが治癒していなければ、歯根端掻爬あるいは歯根端切除術と歯根嚢胞の摘出も考えなければなりません。


             フィステルができています(中央下の赤い腫脹 鏡像)


             右の中切歯と側切歯根尖を含む歯根嚢胞(黒い部分)


                      通法どおり根管治療を


フィステル http://www.yamadashika.jp/infection.html#a01

| 山田 豊和 | フィステル | 07:00 | - | - |
歯根嚢胞 8
Yさん 先日根管充填をしました、根尖が未完成でアピカルシートを形成できなかったので、オーバーフィリングになってしまいましたが、問題はないと考えています。

また機会があれば予後のレントゲンを撮らせていただければと考えています。


少しオーバーフィリングになっています、問題が出れば根充材のカットをすることになりますが、心配は要らないと考えています


                   初診時 2月10日のレントゲン



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=746
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 09:00 | - | - |
歯根嚢胞 7
Yさん女性今年の2月に左上の前歯の治療を主訴として来院されました、レントゲンを撮ったところ右上の側切歯にも歯根嚢胞が見つかりました。

以前むし歯を治療してコンポジットレジンをつめたのが原因で歯髄壊死を起こし、その後歯根嚢胞ができたものと思われます。

とりあえず主訴の歯の治療を終えその隣の歯根端切除を施術した後都合で来院できなくなり、9月10日からこの歯の治療にとりかかりました、しかし再び都合でこれなくなって、昨日お越しになりました。

前回水酸化カルシュウム製剤を貼薬しておいたのでその後の経過を観察するためレントゲンを撮らせていただきました、次回根管充填をする予定です。


                真ん中の歯に歯根嚢胞が出来ていました


                     初診時 2月10日のレントゲン


                治療を始めた9月10日のレントゲン 歯根長の測定


昨日根管治療前のレントゲン 9月10日に比べて骨化が進んでいるようにも見えます また歯根嚢胞の周りに沿ってセメント質の肥厚と思われる像が見られます

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 08:05 | - | - |
歯根嚢胞の摘出と歯根端切除術

Yさん女性、左上の前歯の治療の続きを希望され、今年の2月に来院されました。

レントゲンではその隣の側切歯に大きな歯根嚢胞が偶然写っていました、とりあえず主訴の中切歯の根管充填を済ませて、側切歯の治療に取り掛かりました。

しかし排膿が一向にとまらないので、3月17日に歯根嚢胞の摘出と歯根端切除術と根管充填を行いました、その後忙しくて来院が途絶えていましたが、9月10日に来院されたので、予後の確認のためにレントゲンを撮らせていただきました。


 右側の中切歯の根管充填の確認のためのレントゲン 隣の大きな歯根嚢胞が写っている


         歯根嚢胞の摘出と歯根端切除術と根管充填の確認のためのレントゲン


     術後約半年、予後の確認のためのレントゲン(骨化がほぼ終わっています)




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=514

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 04:06 | - | - |
歯根嚢胞
昨年12月28日に掲載させていただいた方です、昨日左側の側切歯の治療が終了してAGCメタルボンドをかぶせました。

右側の側切歯は根管充填後3mmばかり牽引をしたので歯根嚢胞がどうなったか気になっていました、事情を説明してレントゲンを撮らせていただきました。

骨化が進みほぼ陰影がなくなり順調に経過していました、後2〜3ヶ月もすれば陰影は完全に消失すると思います。

  
                  根管治療前(2006年12月1日)


               根管充填後約7ヶ月後(2007年7月14日)


                 根管充填直後(2006年12月19日)


                    2007年7月14日(昨日)


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=410
| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 07:34 | - | - |
AGCメタルボンドによる審美修復 
Kさん23歳女性、左上の一本横の前歯(左上側切歯 向かって右の歯)の付け根の変色を主訴として来院されました。

これは被せた歯の金属が変色している(ブラックマージン)のと歯根が変色しているのが原因です、とりあえずレントゲンを撮らせていただいて歯根の状態を診ると根管充填がうまくできていませんでした。

再根管治療をしてAGCメタルボンドを被せました、このAGCメタルボンドは内側の金属フレームをメッキの技術を使って純金で作ってあります、したがって変色することはありません。

また金色をしているのでセラミックとの色のなじみがよくきれいに仕上がります。


 左上の側切歯(向かって右の一本横の歯)の歯の付け根の黒ずみが気になるとの事でした


      初診時のレントゲン 根管充填が不十分で小さな歯根嚢胞があります


                    根管治療中のレントゲン


                    根管充填後のレントゲン


                     AGCメタルボンド


          AGCメタルボンドの内面 99.95%の純金でできています


                   AGCメタルボンド装着後


                    根管充填後約一年半

AGCガルバノテクニックの特徴 http://www.daishintrading.co.jp/agc.html#特長
根管治療 http://yamadashika.jp/infection.html
| 山田 豊和 | 審美修復 | 13:02 | - | - |
歯根嚢胞 5

Yさん、歯根嚢胞の摘出と根端切除の術後の抜糸のために来院されました。

傷口もきれいに治っており、上顎の内側(口蓋側)にできていたフィステルも消失していました、この次は反対側の根管治療をする予定です。


                 フィステルは消失していました


                3月9日(術前)のフィステルの様子

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=503

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 12:38 | - | - |
歯根嚢胞4(歯根嚢胞摘出と歯根端切除)

Yさん、根管治療で排膿が止まらなかったので今日歯根嚢胞摘出と根管充填と歯根端切除を行いました。

このように大きな嚢胞ができたとき保存的に(外科手術をせずに)治せない場合があります、その場合はこのように嚢胞の摘出をすることになります。

また同時に歯根端切除(根っこの先端を一部切り取る術式)をするかどうかは根の状態などを評価して決めます、今回は根尖(根っこの先端)が屈曲していたので歯根端切除もあわせて行いました。


                     術後のレントゲン


                   前々回(術前)のレントゲン

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=494

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 18:05 | - | - |
歯根嚢胞 3

Yさん前回根管形成をして様子を見ましたが今回排膿してきました、上顎の内側にフィステルもできてきて歯根嚢胞の摘出が必要になってきました、次回その予定です。


                    根管から排膿してきた


            上顎の内側(口蓋側)にフィステルができてきた(鏡像)

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=488

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 12:40 | - | - |
フィステル 3
Yさん昨日来院されました、フィステルが治癒していることを期待していましたが残念ながらそのままでしたしかし根管形成がきれいにできていたのでとりあえず根管充填をしました。

隣の歯にも歯根嚢胞があるのでその影響でフィステルが治らなかったのかもわかりません、また根管充填をしたので次回お越しになるときには治っているのかも知れません。

隣の歯の根管充填を終えた時点でフィステルが治癒しなければ歯根嚢胞の摘出も考えて見ます。


                    フィステルの状態


                   根管充填後のレントゲン

山田歯科HP http://yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | フィステル | 09:57 | - | - |
歯根嚢胞 2

Yさん主訴の左前歯の根管充填が終わったので初診の時に見つかったその隣の歯根嚢胞の治療を始めました。

今日は被せてある冠を除去して歯の根っこに入れてある土台(コア)を取り除き、根管充填剤を除去して根管形成を行いお薬を入れてあります。

次回滲出液がなければ根管充填の予定です、滲出液が止まらなければ歯根嚢胞の摘出をすることになります。

                 根管長の測定のためのレントゲン


                   初診時のレントゲン

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=480

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 15:27 | - | - |
歯根嚢胞 1
Yさん31歳女性です、他医で治療していた左の前歯の治療の続きを主訴として来院されました。

レントゲンを撮らせていただくと左側切歯と右の側切歯に歯根嚢胞が見られました、両方とも改めてレントゲンを撮らせていただきました。

とりあえず主訴の歯の治療を終えてから他の2本の治療をすることになりました。


           真ん中の歯の治療の続きを希望されて来院されました


              向かって右(左側切歯)の歯根嚢胞


              向かって左(右側切歯)の歯根嚢胞

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 12:47 | - | - |
感染根管治療 フィステル 
Yさん一昨年の1月から治療にお越しになっています、治療もかなり進んで後は右の下を残すのみになってきました。

昨日お越しになられたのですが右下の前の歯肉に出来物のようなものがあります、これはフィステルといって根っこの先に膿の袋(嚢胞)ができてそこから膿が骨と歯肉を突き破って出てきている出口になります。

根っこに問題がなければ根っこの治療(根管治療)をやり直せば治ります、昨日はそういうことでとりあえず被せてあるものをはずして根っこのなかの土台(コア)を除去して根っこの中につめてあるお薬(根充剤)を溶かす薬剤を入れてセメントでふたをしました。

数日で根充剤が柔らかくなるので次回根充剤を取り除く予定です。


    縦に切れ目を入れてある歯の根っこの先端に嚢胞(歯根嚢胞)があります


                 冠をはずす前のレントゲン像


                冠をはずしコアを取った所


                  上のレントゲン像


     フィステルの出口からゾンデ(アクセサリーポイント)入れたところ


             アクセサリーポイントを入れたレントゲン像

感染根管治療 http://www.yamadashika.jp/infection.html

| 山田 豊和 | フィステル | 13:22 | - | - |
歯根嚢胞その後
37歳の女性の方です、根管治療で直そうと試みましたが結局嚢胞の摘出手術をして嚢胞を取り出しました、その時のレントゲンです。 

今日抜糸に来られました、通常手術をせずに治せることが多いのですが嚢胞が大きいと摘出手術が必要なこともあります(歯根嚢胞の摘出と根管充填は12月19日に行いました)。


               嚢胞摘出の後根管充填した後のレントゲンです



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=410
| 山田 豊和 | 根管治療 | 13:46 | - | - |
歯根嚢胞歯の根尖形態の検討
いささか専門的になってしまって申し訳ありませんが昨日掲載した歯根嚢胞について根っこの先端(根尖といいます)の形がどうなっているのか少し気になったので・・・・。

今朝レントゲンを取り出してデジカメで撮影し精査しましたが・・・・根充後再びて見ます。


 根管治療前のレントゲン 緊密な根管充填ができていないようです アピカルシートも
  なさそうです


           根長測定時のレントゲン(左上の白いものはフイルムの傷です)


根管のお掃除が終わったとき(根管形成終了後)のレントゲン #35のアピカルシート
#80の根管形成ってこんな写り方なのか・・・・根充後が楽しみだな〜

根管形成は#80迄してあります 根尖は#35でアピカルシートを形成してあります(#30では穿孔しています) レントゲンはいつもは10倍のルーペで見ているだけなので このようにしてレントゲンを画像にして根尖を観察したのははじめてです 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=409
| 山田 豊和 | 根管治療 | 12:47 | - | - |
歯根嚢胞
37歳の女性の方です、10年位前に治療をしたとの事でした。

根っこの先に嚢胞ができているので治療することになりました。

かぶせてあるものをはずして釘のようなもの(コア)を取り除き根っこの中に詰めてあるお薬(根管充填剤)を取り除いて根っこの中をきれいにお掃除(根管形成)しました。

今日はここまでで次回問題がなければ根っこの中に再びお薬を緊密に詰め込みます(根管充填)。

     
                 根っこの治療(根管治療)前

     
           冠をはずし土台(コア)を取り除いて根っこの長さを測定します

     
              根管のお掃除(根管形成)ができたことの確認

上のレントゲンから一週間後根管充填と歯根嚢胞の摘出手術をしました そのときのレントゲンです

         歯根嚢胞の摘出をして根管充填を行いその確認のレントゲン


歯根嚢胞 http://yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou
| 山田 豊和 | 根管治療 | 18:00 | - | - |
フィステル
Kさん左上の歯肉が腫れて違和感があるとのことで来院なさいました。

お口の中を拝見すると歯肉に腫れと小さな婁孔(穴)ができていました、レントゲンを撮ってみると根っこの先端に黒い影(歯尖病巣)が見られました。

根っこの先端に膿がたまって骨と歯肉を突き破って膿が出てきていると思われます、根っこを再治療して根っこの中に正確にお薬をつめること(根管充填)ができれば治りそうなので早速冠をはずして土台を取り根っこの治療(感染根管治療)をはじめました。


                  歯肉の腫れと婁孔が見られます


        真ん中の歯の根っこの先端に黒い影があります 歯根嚢胞と思われます

感染根管治療 http://www.yamadashika.jp/infection.html#a01
| 山田 豊和 | 根管治療 | 14:57 | - | - |
歯の形態異常 上顎第一小臼歯の中心結節
中学2年生の女の子です、歯の検診に来られました。

むし歯はありませんでしたが上顎(上の)第一小臼歯(前から4番目の歯)の中央部に歯の突起がありました、これは中心結節と言って、極めてまれな歯の形態異常です。

文献を調べてみたところ下顎に比べて上顎ではおよそ1/2の頻度ということでした、左の歯は結節が破折しており歯髄壊死の可能性があったので電気的に検査をして神経が生きているかどうか調べました。

幸いバイタル(生きている)であったのでコンポジットレジンでコーティングして置きました、右は磨耗はしていましたが破折はなかったので同じくコンポジットレジンで破折しないよう補強とコーティングをしておきました。

乳歯に比べて永久歯は様々な歯の形態異常が見られます、したがって永久歯が生えそろうまでは形態異常を見つけるためにも年に一度か二度は歯の検診をお勧めいたします、


                左側第一小臼歯の中心結節の破折


              コンポジットレジンによる破折面のコーティング


                右側第一小臼歯の中心結節の咬耗(磨り減り)


             コンポジットレジンによる中心結節の補強とコーティング

参考文献:歯の解剖学 藤田恒太郎 原著 金原出版株式会社 

中心結節が破折して歯髄壊死を起こして大きな歯根嚢胞を起こした症例 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1858
| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 20:33 | - | - |
フィステルその後
6月30日にフィステルのある歯の治療を始めた方ですが今日来院されました。

フィステルもほぼ治癒して今日根管充填(根っこの治療の終末処置)をしました、これで歯根嚢胞も治るでしょう。


                 今日の状態 フィステルが消失している


              前回治療を始めたときの状態 フィステルが見られる

  
 前回治療前(真ん中の歯)          治療中            今回治療後

フィステル http://yamadashika.jp/infection.html#a01

| 山田 豊和 | 根管治療 | 13:12 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ