blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
抜糸にお越しになりました

4月4日に意図的再植の手法で感染根管治療をした方です、術後腫れと痛みが出たそうですが今は大丈夫とのことでした、これで1ヵ月半してから経過を見ます。

 

            4月10日(鏡像)

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3647

 

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:30 | - | - |
仮ブリッジで問題なく咬める

右下6番をどうしても残したいという事でお越しになった方です。

 

近心根は保存不可能だったので抜歯して遠心根を意図的再植の手法を用い歯質の再建をした方です6月23日に6番遠心根と5番で仮ブリッジを装着しています、問題なく使えているとのことだったのでブリッジの印象採得をしました、次回ブリッジが入ります。

 

              2018年11月10日

 

              2018年 11月10日

 

            2018年 2月3日 初診時

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3552

| 山田 豊和 | 短根歯 | 14:12 | - | - |
残根の修復

61歳の女性の方です、左上の7番が残根状態になっています、抜歯はしたくないとのことなので意図的再植の手法を使って歯質の再建をしました。

 

            2018年6月18日 術前(鏡像)

 

                   抜歯

 

 

                 頬側根根尖

 

               根管充填剤の除去

 

            スーパーボンドで根管充填

 

                 歯質の再建

 

                  再植(鏡像)

 

               6月18日 術前

 

                 術後

 

 

歯質の再建 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3488

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 16:59 | - | - |
クラックも見つかりました

残根状態の右下6番を意図的再植の手法を使い歯質の再建をした方です、抜歯した所クラックも見つかったので接着修復も同時に行いました。

 

  2月24日 軟化象牙質を削除して接着前処理が終わったところ

 

              歯質の再建

 

             再植(鏡像)

 

   

             2月3日(鏡像)

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3490

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 00:46 | - | - |
仮歯を装着しました

意図的再植のリカバリーをした方です、仮歯を被せて1カ月経過観察をします。

 

          2018年2月10日 仮歯装着

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3484

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:22 | - | - |
半年前根元から折れた

38歳の男性の方です、半年前右下6番が根元から折れたそうです、何とか残したいとのことでお越しになりました。

 

結構ひどい状態で近心根は保存不可能、遠心根なら意図的再植の手法を使って歯の再建をすれば残せそうなのでやってみることになりました、最終的にブリッジになるので歯根表面積が少ないため十分咬めないと思います。

 

         2月3日咬合面観(鏡像)

 

    2月3日 エクストルージョン開始(鏡像)

 

 

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 14:32 | - | - |
冠を被せました

意図的再植の手法を使って2017年6月2日に歯質の再建をした方です、仮歯を入れていましたが咬めることが確認できたので冠を被せました。

 

            2018年1月27日(鏡像)

 

          2017年6月2日 術前(鏡像)

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3446

 

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:47 | - | - |
歯肉も落ち着いてきました

意図的再植法を行った歯のリカバリーです。

 

   2018年1月13日 動揺もなくなって歯肉も落ち着いた

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3476

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:16 | - | - |
リカバリー

2012年に左上4番を意図的再植の手法で根尖病巣を除去した方です、接着界面が剥離して脱落しました、歯根外部吸収も疑われました。

 

保存することになって2017年12月9日に接着再植を行いました、幸い歯根外部吸収は認められませんでした。

 

         2017年12月9日 術前(鏡像)

 

               抜歯

 

              接着前処理

 

                接着

 

              トリミング

 

               再植

 

 

             術前

 

           術後

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3405

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 11:24 | - | - |
冠を被せました

1月28日に意図的再植の手法を使って折れこんだファイルの除去とパーフォレーションリペアをした方です、仮歯を装着して1カ月経過観察をしていましたが問題なく咬めることが確認できたので冠を被せました。

 

               6月24日(鏡像)

 

                 6月24日

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3408

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 17:27 | - | - |
膿を持っていた

53歳の女性の方です、半年くらい前から右上7番が痛み始めて2週間くらい前からズキズキしていたが今は大丈夫、もしかすると割れているかもしれないとのことでこの4月にお越しになりました。

 

冠を外してマイクロスコープで調べた所クラックやパーフォレーションは見つからず、もしかすると根尖部に汚物が残っているのが原因かもしれない、調べるためには意図的再植の手法を使うことになるとお話ししました。

 

結局そうすることになって6月23日に抜歯して観察したところ頬側部歯根中央部に膿の塊が付着していました。

 

何らかの感染源があると考えて歯をきれいにしたところ近心頬側根管口の遠心よりに小さなパーフォレーションを認めたためこれを封鎖して再植しました。

 

           2017年6月23日 術前(鏡像)

 

             抜歯 膿の塊が認められる

 

    近心頬側根管口のすぐ下にパーフォレーションが見つかった

 


     パーフォレーションリペアを終えてマージントリミング

 

                 再植(鏡像)

 

                    術前

 

                  術後

 

根尖の汚物 http://yamadashika.jugem.jp/?search=%B1%F8%CA%AA&x=59&y=8

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 18:56 | - | - |
意図的再植法でファイルの除去と歯質の再建

49歳の女性の方です、左上6番の頬側にフィステルがあって近心頬側根管にファイルが折れこみがあり根尖には歯根嚢胞が認められます、その上近心壁から髄床底にかけて歯質の欠損しています、根管治療を始めたところ3根管とも根尖まで穿通できませんでした。

 

保存を希望されていたので意図的再植の手法を使い感染源の除去と歯質の再建をしました。

 

       2017年2月10日 フィステルの出どころを確認

 

            4月24日 ファイルを取り出した

 

              6月6日 術前(鏡像)

 

                   抜歯

 

           口蓋根管にもファイルが残っていた

 

                 接着前処理

 

                 歯質の再建

 

                 トリミング

 

                  再植(鏡像)

 

                    術後

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:18 | - | - |
意図的再植と歯質の再建

46歳の女性の方です、左下7番が抜歯と言われたとのことでお越しになりました。

 

治すのはかなり難しいこととリスクについて説明しました、色々悩まれたようですが意図的再植の手法を使い歯質の再建をすることになりました。

 

            6月2日 術前(鏡像)かなり厳しい

 

                  抜歯

 

                軟化象牙質の除去

 

                 歯質の再建

 

              マージンのトリミング

 

                   再植(鏡像)

 

                6月2日 術後

 

              6月2日 術前

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:53 | - | - |
クリーピングが進んでリペア部分が見えなくなりました

2010年9月に意図的再植の手法を使ってパーフォレーションリペアをした方です、久しぶりにお越しになったので写真とレントゲンを撮らせていただきました、問題はありません。

 

2017年5月13日 クリーピングが進んで接着材がが見えなくなった

 

            2013年6月22日

 

 

            2010年10月15日

 

             2017年5月13日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2833

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 19:12 | - | - |
意図的再植

43歳の男性の方です、2014年に右下6番が欠けたとのことでお越しになりました、この歯は子供のころ抜髄をして5、6年前根管治療をしたが治せないと言われたとのことです。

 

咬合時違和感があったため根管治療を始めたのですが生活歯髄切断法を用いてたようなのでデンチンブリッジらしきものがあって根管口が開きませんでした。

 

根管充填はあきらめて冠を装着して終了したのですが今年の2月急性炎症を起こし来院されたので抗生剤の投薬でしのぎました。

 

治ったわけではないので意図的再植の手法を使い根管治療をすることになりました。

 

2014年4月25日 デンチンブリッジの形成と考えられた

 

 

     2017年4月18日 術前(鏡像)

 

            抜歯

 

          根管内の清掃

 

          近心根に管孔二つ

 

       スーパーボンドによる根管充填

 

          再植(鏡像)

 

  近心頬側根管口に厚いデンチンブリッジが認められた

 

       2017年4月18日術後

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

 

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:49 | - | - |
予後不良のため意図的再植

40歳の女性の方です、前医で右下6番にクラックがあるため抜歯と言われたとのことでお越しになりました、冠を外して精査しましたがクラックは認められません、根尖病巣があったため昨年の12月から根管治療を始めました。

 

しかし近心舌側根管が根尖を穿通しなかったためファイルが届いたところまで2017年月17日に根管充填をして経過観察に移行しました。

 

しかしそれから約1か月後急性炎症を起こしたため意図的再植の手法で根管充填を行いました。

 

      2017年4月14日術前(鏡像)

 

     近遠心根尖に歯根吸収が認められる

 

           根管の清掃

 

スーパーボンドとコア用レジン、ファイバーポストで根管充填

 

           再植(鏡像)

 

      2017年4月17日 術後

 

    2017年1月14日 根管充填時

 

2016年12月20日 初診時 近遠心根とも根尖病巣が認められる

 

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 19:08 | - | - |
動揺も収まりゴム咬み試験でも問題ありません

1月28日に意図的再植法の手法を使って根管内に残ったファイルの取り出しとパーフォレーションリペアを行った方です、歯根遠心側に腐骨があったため心配していました。

 

3週間ほど動揺が残っていましたがすっかり収まりゴム咬みでも十分咬めるようになっていたので、レジンで支台をつぎ足し仮歯の印象を採りました、次回被せます。

 

       2017年3月25日(鏡像)

 

     3月25日 骨の回復がうかがえる

 

          2月28日術直後

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3390

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:22 | - | - |
2年4か月と1年8か月

右上6番を2014年11月に意図的再植、右上5番を2015年7月に接着再植を行い2016年7月にジルコニアクラウンを被せた方です、3月24日にお越しになったので写真とレントゲンを撮らせていただきました。

 

  2017年3月24日 6番5番共いい状態です

 

 2017年3月24日 右上5番6番共問題ないようです

 

   2015年7月4日 右上5番接着再植術直後

 

意図的再植法 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=189

外部接着再植法 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=161

 

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:24 | - | - |
取れちゃいました

2012年左上4番を意図的再植の手法で根尖病巣を除去した方です、他医で割れていると言われたとのことでお越しになりました。

 

頬舌側に歯根破折が認められファイバーコアが取れかかっていました、レントゲンでは近心側に骨吸収があり歯根外部吸も疑われました。

 

保存することになり次回からエクストルージョンをして吸収した骨の回復を図ります。

 

   2017年3月18日 コアごと取れてしまった

 

         1017年3月18日

 

この方は昨年8月この歯が歯槽膿瘍になり切開排膿してその後歯根端切除を行い良くなりやれやれだったのですが今回はコアごと外れてしまい治療のやり直しになってしまいました。

 

 2016年7月9日 歯根外部吸収を思わせる所見あり

 

 

歯根外部吸収 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=146

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2674

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 14:25 | - | - |
糸が取れてきました

一昨日右上5番の意図的再植をしましたが今朝糸が取れてきたので抜糸をしました、少々早いですが昨日生着しているのを実感していました。

 

2017年3月15日(鏡像) うまくいってくれるといいのですが

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3401

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 11:03 | - | - |
接着3回目です

実は私の右上5番なのですが8年前歯根破折を起こして内部接着で修復してもらいましたしかし4年ほど前再び割れてしまってまた別の知り合いに接着再植をしていただきました。

 

2か月ほど前から痛みが出てきたので長男にレントゲンを撮ってもらい二人で読影したのですが破折線は見当たらず破折はなかろうということに落ち着きました。

 

しかし依然として痛みが続くので意図的再植をすることになり昨日抜歯してマイクロスコープで前回接着した所を精査しました、破折線は見つからずセメント質剥離が見つかったのでこれが痛みの原因とだろうという事で剥離したセメント質を除去し再植してもらいました。

 

セメント質剥離は予後が良くないのでどうなることか・・・、うまくいかなければもう一度トライしてみます。

 

     2017年3月13日 術前(鏡像)

 

         抜歯直後 前回の接着部

 

     セメント質剥離のように見えます

 

         セメント質を除去

 

           術後(鏡像)

 

              術後

 

     今日は痛みませんが昨日は結構痛みました。

セメント質剥離 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=152

 

 

2012年8月30日 前回接着再植する前

5番の根尖部にクラックが認められる

 

     2012年11月22日接着再植直後

 

2013年10月24日 接着再植から11か月後 骨が回復してきた

 

 

 

 

山田歯科HPhttp://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 15:56 | - | - |
セメント質剥離

53歳の男性の方です、分割して保存している左下7番近心根の根管治療が難しくパーフォレーションもあるためこのまま使って悪くなったら抜歯することになったそうです。

 

残したいとのことだったので意図的再植をすることになりました。

 

       白色のセメント質様組織が認められる

 

          セメント質様組織をはがした

 

     剥がしたセメント質様組織(病理検査へ出した)

 

             齲蝕の除去

 

   ファイバーポスト、スーパーボンドとコア用レジンで処理

 

            ファイルを除去

 

         2017年1月28日 術前

 

        ファイルとパーフォレーション

 

         2017年1月28日 術後

 

2月3日に病理検査の結果がわかり腐骨であったことが判明した

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 00:00 | - | - |
抜糸をしました

2月9日に意図的再植を行った方です、痛みもなく順調です。


                      2月17日(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3335

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 13:28 | - | - |
仮歯を被せました

親知らずがもとで7番の遠心に大きなむし歯を作ってしまった人です、意図的再植の手法を使ってむし歯を修復し仮歯を被せました。


                   これでしばらく様子をみます


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3331

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 14:07 | - | - |
フィステルが治りません
60歳の女性の方です、昨年の8月から根管治療を行っていましたが、根管が根尖まで開かずフィステルも治癒しなかったので、2月9日に意図的再植の手法を使って根管の清掃拡大と根管充填を行い歯根嚢胞も除去して再植を行いました。 


                       2月9日 術前


                           フィステル


                    根尖に歯根嚢胞がくっついている


                     歯根嚢胞の除去


                      根管の清掃拡大


                          再植


                      2016年1月8日


                        2月9日 術後



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:36 | - | - |
仮歯の印象を採りました

親知らずとの間に大きなむし歯を作ってしまった方です、意図的再植手法でむし歯を修復しました。

咬合痛がなくなったので仮歯の印象を採りました、次回仮歯を被せて1ヵ月経過観察をします。


                          1月30日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3318

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:22 | - | - |
親知らずによって出来た7番遠心のむし歯
43歳の女性の方です、親知らずが原因で7番の歯肉縁下深いところにむし歯ができて治療できないといわれたとのことでお越しになりました。

ここにできたむし歯は治療が困難なことが多いのですがこの7番も通常の方法では治療が困難なので意図的再植の手法を使って治療しました。


                         5月25日 初診時


                     10月3日 術前(鏡像)


                            抜歯


                          むし歯の除去


                         歯質の再建


                            再植


                            術後






山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:37 | - | - |
ごく初期の歯根垂直破折
54歳野女性の方です、左下5番が根管治療をしてもフィステルが治らないためヒビがあり骨も溶けているといわれたとの事でお越しになりました。

フィステルからガタパーチャポイントを入れてレントゲンを撮ったり、マイクロで調べたが明確なクラックは確認できませんでした。

意図的再植を計画して抜歯したところ舌側にクラックが見つかったため例によって接着再植を行いました。 


                         9月16 術前


                     舌側のフィステル(鏡像)


                         歯根垂直破折


                          接着前処理


                            術後


                           6月24日


                        9月16日術後


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 13:12 | - | - |
仮歯を被せました
2月24日に意図的再植の手法を使って頬側歯質の再建と根管処置を行った方です、仮歯を被せました。


                          6月30日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3286
| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 08:52 | - | - |
パーフォレーションリペア

48歳の女性の方です、6年くらい前に治した右下6番が痛むとの事でお越しになりました。

冠をはずして調べたところ樋状根の頬側部にパーフォレーションが見つかりました、残すためには封鎖する必要がありますが場所が場所だけに意図的再植の手法を使わなければ封鎖が難しいので事情を説明させていただきました。

了承が得られたので抜歯して封鎖の上再植しました。


                       6月5日 術前


                            抜歯


                       パーフォレーション部


                  パーフォレーション部の封鎖


                    はみ出した接着剤の除去


                           再植


                         6月5日 術前


                         6月5日 術後



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 13:37 | - | - |
冠を被せました

昨年の11月26日意図的再植の手法を用いて根管の処置と遠心歯質の再建を行った方です、仮歯を入れて経過観察をしていましたが問題なかったので感を被せました。


                          6月4日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3247

| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 15:41 | - | - |
パーフォレーションとファイルの折れ込み

64歳の女性の方です、レントゲンを撮ってみるとファイルの折れ込みが見つかり冠をはずした所髄床底にパーフォレーションも見つかりました。

患者さんに説明した所残したいとのことだったので意図的再植の手法を使いパーフォレーションリペアとファイルの除去を行いました。


                    5月18日 術前(鏡像)


           抜歯 ファイルもパーフォレーションを起こしていた


                 パーフォレーションと根管の封鎖


                        取り出したファイル


                         再植(鏡像)


                         3月18日


                           抜歯時


               パーフォレーションリペアと根管封鎖


                      5月18日 術後



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 13:14 | - | - |
感染根管が治らない
55歳の女性の方です、右上2番は2根管の歯なのですが、さる医療機関で歯根端切除を行ったが治らないとの事でお越しになりました。

とりあえず一連の根管治療をして経過観察をしていましたが良くならないので意図的再植を行いました、抜歯してみると唇側及び口蓋側の根面に歯石が沈着していました。

予後が悪そうなのでこのまま処置を続けるか中止するか尋ねたところ、続けてくださいとのことだったので根管封鎖を行った後再植しました。


                      5月12日 術前


                            抜歯


                         根管の封鎖


                            再植


                        5月12日 術前


                        5月12日 術後




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 15:08 | - | - |
治癒していませんでした

昨年の10月21日に根管充填をした方です、根管充填後舌側に膿瘍を作ってきたので半年経過観察をすることになり、昨日お越しになりました。

レントゲンを撮ってみたところ根尖病巣はそのままでゴム咬み試験でも違和感があるとのことでした。

治癒しなかったので次の手段は意図的再植ということになります、トライするかどうか考えていただくことになりました。


                   2014年9月24日 初診時


                  2014年10月21日 根管充填時


              2015年4月22日 根尖病巣が残っている



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3208

| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 17:54 | - | - |
頬側歯頚部の大きなむし歯
45歳の男性の方です、右下6番の頬側の深いむし歯があります、このままでは保存は困難なので意図的再植の手法を使い歯質の再建と遠心根管の根管処置を行いました。


                     2月24日 術前(鏡像)


                          修復前処置


                             修復


                          再植(鏡像)


                           術後


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 13:17 | - | - |
なかなかよくならない
32歳の女性の方です、1年半くらい根っこの治療をしているが良くならない、3ヶ月前には根っこの分割抜歯をしたが依然としてよくならないとの事でお越しになりました。

拝見すると近心頬側根にパーフォレーションが認められます、よくならない原因のひとつではないかと考えられます、パーフォレーションを封鎖するために意図的再植の手法を用いて修復することになりました。


2月20日 術前 近心頬側根管の口蓋側にパーフォレーションが認められる(鏡像)


                           抜歯


                           修復


                         再植(鏡像)


                           術前


                            術後



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 13:47 | - | - |
冠を被せます
昨年の10月10日に意図的再植の手法で折れ込んだファイルの除去とパーフォレーションリペアを行った方です。

仮歯を被せて2ヶ月ほど経過観察をしていました、ものすごく硬いものを咬むと違和感があるとのことでしたが割り箸をかんでもらったところ問題なく咬めたので冠を被せることにして形成印象を採りました、次回冠を被せます。


                          2月17日


                           2月17日


                         10月10日


                         10月10日 術前



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3256
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 12:37 | - | - |
意図的再植希望
44歳の男性の方です、根管治療をしてもらったが良くならないので意図的再植をしてほしいとの事でお越しになりました。

レントゲンでは根管充填が根尖まで出来ていないのですが根尖部分には問題はないように見えました、しかし違和感が取れないと仰っていました。

おそらく何らかの問題はあるようなので意図的再植を行いました、抜歯したところ近心頬側根の根尖部にキャナルスと思しきものが遺漏していました、これが原因のように考えられたので除去して再植しました。


                      2月12日術前(鏡像)


                          抜歯直後


                         再植前


                        再植(鏡像)


                  2014年10月15日 初診時


                   2015年2月12日術後



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 18:38 | - | - |
一ヶ月経過観察です
12月10日に意図的再植をした方です、仮歯を被せました。


                         2月9日(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3258
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 16:11 | - | - |
抜歯になるといわれた
33歳の男性の方です、かかりつけの歯医者で右下6番にヒビが入っているといつかはわからないが割れたら抜歯になるといわれたとの事でお越しになりました。

レントゲンでは遠心頬側根がパーフォレーションを起こしていて頬側歯頚部歯肉縁下に大きなむし歯ができていました。

意図的再植の手法を使えば保存可能と考えられたのでリスクについて説明して承諾を得られたので保存処置をしました。


                      2月4日 術前(鏡像)


                   抜歯時遠心頬側根が折れてしまった


                    遠心頬側根は使わず修復


                        再植(鏡像)


                    2014年11月5日 初診時


                    2015年2月4日 術後


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 13:26 | - | - |
根尖からはみだした根管充填剤

42歳の女性の方です、他医で根管治療をしてもらったが良くならないとのことでお越しになりました。

レントゲンで根尖から根管充填剤がはみ出しています、これが原因と考えられるので意図的再植の手法を使って取り出すことになりました。

遠心頬側根の根管充填剤が副鼻腔に残ってしまい取り出すことが出来ませんでした。


                      1月7日 術前(鏡像)


                          抜歯時


                           再植(鏡像)


                          1月7日 術前


                            抜歯時


                          残ってしまった


                            再植



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:43 | - | - |
仮歯の装着

9月1日に根管治療が奏効しなかった方です、意図的再植の手法で根管処置をしました。

問題がなかったのでレジンコアのビルドアップと仮歯を装着しました。


                          12月29日


                          12月16日


                       9月1日 術直後



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3163

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:27 | - | - |
冠を被せました

割れたしまった歯を意図的再植の手法を使って修復した方です、問題なく咬めることが確認できたのでメタルボンドを被せました。


                      12月20日(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3182

| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 12:01 | - | - |
問題なく生着しています

12月10日に意図的再植の手法を用いて一連の根管処置と歯質の再建を行った方です、抜糸にお越しになりました。

祈りが通じたようでしっかり生着していました、早速この部分の歯磨き練習をして1ヵ月半経過観察をします。


                      12月17日(鏡像)


                    12月10日 術後(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3249

| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 12:47 | - | - |
問題ありません
10月10日に意図的再植の手法を用いて折れ込んだファイルの除去、パーフォレーションリペアと一連の根管処置を行った方です。

ゴム咬み試験で問題なく咬めたのでレジンコアのビルドアップと仮歯の印象を採りました、次回仮歯を被せます。


                         12月16日 


                    レジンコアのビルドアップ


                        12月16日


                     10月10日 術直後


                       10月10日 術前



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3195
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 12:28 | - | - |
根管充填と欠損歯質の再建
62歳の女性の方です、右上の6番を残せるなら残してほしいとの事でお越しになりました。

拝見した所むし歯が深く残っている健全歯質がきわめて少ないため抜歯時に折れるかもしれないのでかなり難しいとお話しましたが是非とも残すほうに賭けたいとのことでした。

そういう訳だったのでこちらも覚悟を決めてお引き受けすることになり12月10に意図的再植の手法を用いて根管治療・根管充填と欠損した歯質の再建を行いました。

抜歯時に近遠心的に破折したためその接着と再植に大変苦労したため4時間以上かかってしまいました、歯根膜の生命力に期待して神にも祈る気持ちです。


                     12月10日 術前(鏡像)


                    全ての処置が終わり再植前


                         再植(鏡像)


                          12月10日 術前


                  抜歯時 近遠心的に破折してしまった


                           再植直後



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 11:55 | - | - |
問題ありません

11月26日に意図的再植の手法を使って根管治療と遠心歯質の再建を行った方です、根尖部分のセメント質が通常の色と違っていたので気にはなっていましたが腫れも痛みも出ることはなく今のところ問題はありません。


                   12月5日 抜糸時(鏡像)



                     11月26日 抜歯時



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3238

| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 11:01 | - | - |
原因がよくわかりません
69歳の女性の方です、左下6番を根管治療の上4月7日に根管充填を行いました。

違和感が残っていたので半年間経過観察をしたのですが依然として違和感がなくならなかったので意図的再植の手法を使い原因を探ることになり12月4日に抜歯してマイクロスコープで精査しました。

遠心根に根尖病巣らしき肉芽が見つかりましたが根尖孔には感染は認められませんでした、髄腔内を調べたところクラックは見つかったのですが違和感の原因とは考えにくい状態でした、結局の所確固とした原因は見つかりませんでした。

とりあえず頬側分岐部の欠損部を再建したうえで再植しました、これで違和感がなくなればいいのですが。


                    12月4日 術前(鏡像)


                      髄床底のクラック


                    接着及び折損部の再建


                         再植(鏡像)


                        12月4日 術後

4月7日
                       4月7日 根管充填時




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 13:41 | - | - |
生着しています
11月14日に意図的再植の手法を使い歯質の再建と根管治療を行った方です、問題なく生着しています。

用心して歯磨きをしなかったのでプラークが残っていました、早速この部分の歯磨き練習を始めました。


                       12月2日(鏡像)


                        10月3日(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3228
| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 16:30 | - | - |
歯質の再建と根管治療
52歳の女性の方です、左下7番に根尖病巣があって遠心部の歯質が大幅に欠損しています。

意図的再植の手法で根管治療と欠損部の再建を行いました。


                    11月26日 術前(鏡像)


                           欠損部


                 根尖部セメント質と歯質の欠損


                             根尖部


                         接着前処理



                スーパーボンドとコア用レジンによる再建


                           再植


                        10月28日


                       11月26日 術前


                      11月26日 術後




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 12:53 | - | - |
問題ありません
2011年7月4日に右下6番の意図的再植を行った方です、歯磨き練習にお越しになったので様子を伺ったところ問題なく咬めているとのことでした。


                     2014年11月17日




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2149
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 14:37 | - | - |
レジンによる欠損した歯質の再建
54歳の女性の方です、左上6番の根管治療を希望なさったので冠を除去したところ近心歯質に大きな欠損があり保存するためにはこの部分の再建が必要です。

11月14日に意図的再植の手法を用いて根管治療と歯質の再建を行いました。


                  10月3日 冠除去時(鏡像)


                     11月14日 抜歯時


                      11月14日 再植時


                         7月9日 初診時


                     11月14日 術後




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 00:45 | - | - |
仮歯を被せました

感染根管を意図的再植の手法を使って治療した方です、仮歯を被せました。

これで1ヶ月経過観察をします。


                        11月6日(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3210

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 15:21 | - | - |
冠を被せました
根管治療がうまく行かなかったため昨年の5月24日に意図的再植の手法を使い根管治療を行った方です、仮歯で経過観察していましたが問題なかったので冠を被せました。


                       11月1日 (鏡像)


                       2014年11月1日


                 2013年5月24日 意図的再植直後






経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2868
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:21 | - | - |
冠を被せました
根管治療が奏効せず意図的再植の手法で感染根管を治療した方です、仮歯で経過観察を行っていましたが問題なかったので冠を被せました。

根分岐部の歯磨きはむずかしいのでこの部分の歯磨きの練習も始めることになりました。


                        10月31日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3088
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 11:13 | - | - |
いい状態です
2012年7月に左下6番の意図的再植を行った方です、いい状態を維持されていました。


                           10月31日


                          10月31日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2536
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 11:01 | - | - |
経過は順調です
9月8日に意図的再植の手法を使って違和感の原因を探って処置をした方です、経過は順調です。


                  10月22日 いい状態です(鏡像)


               10月22日 レジンコアのビルドアップ(鏡像)


                         10月22日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3175
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:06 | - | - |
歯が痛い
42歳に女性の方です、歯の痛みを主訴としてお越しになりました、拝見した所パーフォレーションとファイルの折れ込みが見つかりました。

意図的再植の手法を使いファイルの除去とパーフォレーションリペアを試みましたが抜歯時に歯が近遠心的に割れてしまったのでそれぞれ始末をして再植しました。


                     10月11日 術前(鏡像)


                          割れてしまった


                         接着前処理


                        再植(鏡像)


                      2月19日 初診時


                      10月11日 術前


                     10月11日 術後



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 14:33 | - | - |
抜きたくない
37歳の女性の方です、右下6番が痛くなったので歯医者で診てもらったら根っこが見つからないので抜くといわれたが治せるものなら治してほしいとのことでお越しになりました。

拝見した所遠心根の近心部分にパーフォレーションを起こしていてレントゲンではファイルの折れ込みも見つかりました。

パーフォレーションリペアをするためには意図的再植法を用いて抜歯して封鎖するしかありません、了承を得られたので10月10日にパーフォレーションリペアとファイルの除去、遠心頬側根の歯根嚢胞の摘出を行いました。


                      6月20日 初診時


                      10月10日 術前(鏡像)


                            抜歯直後


                  接着前処理 パーフォレーション部


                    スーパーボンド硬化待ち


                         再植(鏡像)


                       10月10日 術前


                      10月10日 術後




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 17:02 | - | - |
仮歯を被せました
破折を起こした部分を抜いてしまったため大きな欠損が出来たので意図的再植の手法を使って再建した方です、仮歯を被せてゴム咬み試験を行ったところ違和感が残っていたので仮歯で2ヵ月位経過観察をすることになりました。


                       9月27日(鏡像)


                     6月4日 初診時(鏡像)


                           9月27日


                      7月15日 術直後




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3174
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 11:12 | - | - |
オーバー根充
昨年の3月に歯髄炎を起こし抜髄根管充填を行いましたが経過がはかばかしくないため経過観察をしていました。

一向によくならないので意図的再植手法を用いて状況を調べたところオーバー根充をしてたあった口蓋根根尖に炎症巣がありこれが違和感の原因だろうと推定できました。

根管充填剤を全て除去してスーパーボンドとファイバーポストとコア用レジンに置き換えて再植しました、おそらくこれでよくなるものと思います。


                   2013年3月21日 根管充填時


                      2014年9月8日 術前


          口蓋根頬側根共オーバー根充 炎症を起こしていたのは口蓋根


                         9月8日 抜歯直後


            口蓋根根尖部 なにやら異物がありそうな雰囲気


        口蓋根根尖部 炎症組織をはがした所 オーバー根充が見て取れる


                根管充填剤をスーパーボンド等に置換


                          再植(鏡像)


                       9月8日 術後




抜髄根管充填 http://www.yamadashika.jp/infection02.html
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:25 | - | - |
レジンコアのビルドアップ
破折を起こして口蓋部に大きな欠損が出来てしまった方です、意図的再植の手法を使って欠損部の再建を行いました。

術後約1.5ヶ月経過し問題がなかったのでレジンコアのビルドアップを行いました、次回仮歯を被せて1ヶ月経過観察を行います。 


                  9月6日 いい状態です(鏡像)


                  レジンコアのビルドアップ(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3135
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 08:53 | - | - |
意図的再植でのリカバリー
 2011年3月に破折した左上7番を内部接着修復の手法を使い接着した方です、経過がはかばかしくなく3回MTAセメントを使ってリカバリーをして仮歯を被せていました。

このたびまた腫れてきたのでかくなるうえは意図的再植の手法を使わざるを得ません。


                        9月6日(鏡像)


                         9月6日




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2198
| 山田 豊和 | 力による破折歯の接着再植 | 12:56 | - | - |
とりあえず根管充填をしました
フィステルがすっきり治らないため根管充填が延び延びになっている方です、9月2日にお越しになりましたが相変わらずだったので状況を説明して根管充填を行いました。

レントゲンでは期待通り側枝にシーラーが入って行ったような写真が撮れました、経過観察をしてフィステルの行く末を追っていきます、もし治らなければ意図的再植をすることになります。


               9月2日 相変わらずフィステルが残っている


         根管充填 シーラーが側枝に入っていったような像がみられる


                           拡大



                       6月9日 初診時




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3136
| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 12:47 | - | - |
根管治療希望

24歳の女性の方です、右上5番6番の根管治療を希望されてお越しになりました。

レントゲンでは5番は根管充填が終わっていて6番は根管治療の途中でした、6番は近心頬側根管から排膿があり、5番は打診痛が残っていました。

5番の再治療から始めて打診痛が止まってきたので先に根管充填を終え、ついで6番の排膿も止まったので根管充填を終えました。

しかし5番の違和感が消えなかったため根管充填剤を除去して再度根管治療をやり直したのですがよくならないので意図的再植の手法を使い根管外へ遺漏したものを摘出することにしました。


                       5月26日初診時


                      9月1日 術前(鏡像)


                 根尖孔から漏れ出したキャナルス?


         抜歯窩を掻爬して出てきた汚物 違和感の原因と考えられる


                       術後(鏡像)


                     9月1日 術前


                          術後




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 15:53 | - | - |
経過をみるしかありません
外部接着再植した右下4番のポケットが深くなったため、 意図的再植の手法を使って原因を探った所歯根外部吸収が見つかりました。

再植して経過をみていますがどうなるかは全く判りません、もう少し経過観察をしてどうするか決めることになります。


               8月11日 生着しているが動揺が残っている



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3137
| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 18:24 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました

昨年の11月20日に意図的再植の手法を使ってパーフォレーションリペアと根管治療を行った方です、ジルコニアクラウンを被せました。


                         8月5日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3039

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:29 | - | - |
生着しています
意図的再植法の手法を使って欠けた口蓋部の再建を行った方です、抜糸にお越しになりました、問題なく生着しています。


                        7月24日(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3121
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:20 | - | - |
欠けた口蓋側歯質の再建
歯が割れて口蓋側片を抜歯してしまった方です。

破折部位が歯肉縁下6mmくらいの位置だったので意図的再植の手法を使い歯質の再建を行いました。


                      7月15日 術前(鏡像)


                      抜歯直後 歯根長が短い


                       口蓋側歯質の再建


                          再植(鏡像)


                             術後



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3103
| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 12:54 | - | - |
仮歯で1ヶ月経過観察です

パーフォレーションリペアを意図的再植の手法を使って行った方です、仮歯を被せました、これで1ヶ月間経過観察をして問題がなければ本歯を被せます。


                           7月10日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3109

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 11:07 | - | - |
レジンコアのビルドアップ
4月26日に意図的再植の手法を使ってパーフォレーションリペアを行った方です。

術後1ヶ月半経過したのでゴム咬み試験を行った所問題なく咬めることが確認できたのでレジンコアのビルドアップを行いました、次回仮歯を被せます。


                   6月28日 ビルドアップ前


               レジンコアのビルドアップと支台歯形成


                          6月28日


                   4月26日 術直後レントゲン



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3065
 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 14:22 | - | - |
治療方針変更

歯が割れて抜歯することになるといわれた方です、エクストルージョンをして修復することにしていたのですが破折していた位置が歯肉縁下6mmくらいの位置だったので、歯根長が短いため色々検討した結果2mm位がエクストルージョンの限界と考えられるので結局意図的再植の手法を使って修復することになりました。



                 6月17日 フィステルが治癒した


                        6月4日 初診時



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3090

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 18:03 | - | - |
自覚症状がなくなりました

昨年の8月に意図的再植の手法を使って根管治療をした方です、咬合時違和感が残っていたので経過観察をしていました。

ゴム咬み試験で違和感がなくなっていたのを確認できたのでレジンコアのビルドアップを行いました、次回仮歯を被せることになります。


                          6月2日


                     レジンコアのビルドアップ


                           6月2日


                           2月15日


                   2013年8月23日 術直後


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3015

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 18:41 | - | - |
折れたファイルの除去
51歳の女性の方です、根管治療をしてもらっているが、異常があるとのことでお越しになりました、レントゲンを撮って調べた所左下4番はパーフォレーションを起こしていて7番にはファイルが折れ込んでいました。

左下4番は意図的再植の手法でパーフォレーションリペアをして仮歯を被せてあります、一方左下7番の根管治療をするにはファイルの除去が必要だったのですが、幸いマイクロスコープを使い除去することが出来ました、次回から根管治療を始めます。


              5月8日 近心根管にファイルが折れ込んでいる


         5月16日 ファイルを除去した 次のハードルは根管形成です


左下4番のパーフォレーションリペア http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3039
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 17:51 | - | - |
腫れも引いて快調だそうです
4月26日にパーフォレーションを起こしていた左下6番を意図的再植の手法を使ってリペアした方です、抜糸にお越しになりました。


                         5月2日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3063
 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 13:51 | - | - |
パーフォレーション
31歳の女性の方です、昨年の11月末小さなむし歯を治療してもらったそうです、その後痛みが続いたため抜髄となりました。

それから根管治療を6回位してもらったにもかかわらず痛みが取れなかったためCTを撮った所割れているので抜歯してインプラントをするよう勧められたそうです、インプラントは嫌だったので何とかしてほしいとのことで来院されました。

マイクロスコープで精査した所割れている所はなく一連の抜髄根管治療の不手際が原因と考えられました。

特に近心根管の根管形成が根の湾曲に沿っていなかったためパーフォレーションを疑い意図的再植の手法を使って治療することになりました。


                         4月26日術前


                抜歯直後 クラックは見つかりませんでした


                 近心2根のパーフォレーション


                   根分岐部のパーフォレーション


                分岐部パーフォレーションの拡大


                  近心根のパーフォレーション部


                      パーフォレーションリペア


                           再植


                           術直後


                           抜歯時


                      3月14日 初診時


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 13:21 | - | - |
仮歯を被せました
昨年の11月20日に意図的再植の手法を使って根管治療とパーフォレーションリペアを行った方です、仮歯を被せました。


                           3月5日


                          3月5日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2946
 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 12:29 | - | - |
仮歯を被せました
1月14日に意図的再植を行った方です、仮歯が出来上がったので装着しました、ゴム咬み試験でも問題なく咬めるようです、このまま1ヶ月間くらい経過観察をします。


                          3月1日


                 2013年12月21日(鏡像)




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3022
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:30 | - | - |
レジンコアのビルドアップ

1月14日に意図的再植法の手法を使って歯の保存を試みた方です、いい状態になったのでレジンコアのビルドアップを行いました、次回仮歯を被せます。


                           2月22日


                        2月1日(鏡像)





経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3004

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 16:33 | - | - |
もう少し様子をみます
根尖病巣が治らなかったため意図的再植の手法で治療した方です、咬合時の違和感が少し残っていたためもうしばらく経過観察することになりました。


                          2月15日


                   2014年2月15日 仮骨化が伺える


                    2013年8月23日 術直後



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2880
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:35 | - | - |
しっかり生着していました
1月 14日に意図的再植の手法を使ってパーフォレーションリペアと支台の補強を行った方です、歯根長が短かったので動揺を心配していたのですが、動揺もなくしっかり生着していました。

あと1か月位経過観察をして仮歯を被せます。


                        2月1日(鏡像)


                     2013年12月21日(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2983
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 15:07 | - | - |
問題はありません

1年半あまり前に左下6番の近心根を意図的再植した方です、左下4番の根管治療のためレントゲンを撮りましたが左下6番は問題なく治っています。


                      2014年1月10日


                2012年5月29日 意図的再植直後


                      2014年1月10日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2496

| 山田 豊和 | ヘミセクション | 12:06 | - | - |
問題ないようです

11月20日に意図的再植の手法を使ってパーフォレーションリペアを行った方です、11月29日に抜糸にお越しになりました。

術後少し腫れが出ましたがそれもほぼ収まって問題ないようです、1ヶ月半くらい様子をみていただいてコアのビルドアップののち仮歯を被せることになります。


                         11月29日


                  パーフォレーション部の封鎖


                       11月20日 再植




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2938

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 14:49 | - | - |
冠を被せました
2月14日に意図的再植法の手法を使ってパーフォレーションリペアを行った方です、仮歯を被せて様子をみていましたが問題なく咬めることが確認できたので冠を被せました。


                        11月20日




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2753
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 16:03 | - | - |
パーフォレーション
50歳の女性の方です、根管充填をしてもらったが重たい感じがするとのことでお越しになりました。

レントゲンを撮ってみたところパーフォレーションが疑われたため髄腔内を精査したところパーフォレーションが見つかりました。

封鎖するには意図的再植の手法を使ってリペアする必要があります、患者さんの同意が得られたので11月20日に行いました。


                      10月2日 初診時


                 11月20日 遠心壁のパーフォレーション


                   頬側壁のパーフォレーション


                      パーフォレーションリペア


                      11月20日 術後


                      パーフォレーションリペア後


                     11月20日 術後




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 12:42 | - | - |
冠を被せました
6月に意図的再植を行った方です、仮歯で問題がなかったので冠を被せました。


                         10月16日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2885
 
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 13:03 | - | - |
仮歯を被せました

6月5日に意図的再植を行った方です、問題がなかったのでコアのビルドアップを行って仮歯を被せました、これで1ヶ月ほど様子をみていただいて咬めることが確認できたら本歯を被せます。


                       8月30日(鏡像)


                       6月13日(鏡像)


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2823

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 15:01 | - | - |
根尖病巣
昨年の11月に根管充填を行った方です、心配だったので経過観察をしていました、今年の6月にレントゲンを撮ったところ遠心根に大きな影が出来ていました。

根管治療がうまく行かなかったと判断して意図的再植の手法を使って治すことになりました。

抜歯して根尖を調べたところ根尖に汚物が詰まっていました、丁寧に除去してスーパーボンドで封鎖をして再植しました。


                      8月23日 術前(鏡像)


                   遠心根尖に汚物が詰まっていた


                    除去してスーパーボンドで封鎖


                       術後(鏡像)


                    2012年11月22日 根管充填時


                      2013年6月27日


                   2013年8月23日 術直後






山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 14:07 | - | - |
仮歯を被せました

根管治療が奏効しなかった右上6番を意図的再植の手法を使って治療した方です、仮歯を被せました。

これで1ヶ月くらい使っていただいて問題がなければ本歯を被せることになります。


                       8月3日(鏡像)


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2852

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:32 | - | - |
いい状態です
2012年7月に近心根を意図的再植した方です、定期検診にお越しになりました、うっかりしていて冠を被せたところがUPし忘れていました。

それはともかく様子を伺った所問題なく咬めるそうです、歯磨きのチェックをして1年後お越しいただくことになりました。


                         8月3日


                       2013年8月3日


                      2012年7月4日




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2563

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:26 | - | - |
レジンコアのビルドアップと仮歯の印象

5月24日に意図的再植を行った方です、問題なかったのでレジンコアのビルドアップを行いました、次回仮歯を被せます。


             7月20日 レジンコアビルドアップ前(鏡像)


           レジンコアのビルドアップと仮歯の支台歯形成(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2814

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 17:04 | - | - |
レジンコアのビルドアップを行いました
トラブルを起こしてしまった歯を意図的再植の手法を用いてリカバリーをした方です、問題なかったのでレジンコアをビルドアップしました、これで1ヶ月ほど経過観察をします。


                       6月25日(鏡像)


                        5月7日(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2791
| 山田 豊和 | 根管治療 | 09:55 | - | - |
骨性癒着を起こしたようです
2010年9月29日にパーフォレーションを起こしていた右上4番を意図的再植の手法を使ってリペアした方です、6月22日にお越しになったのでレントゲンを撮らせていただいた所骨性癒着を起こしているようでした。

歯根吸収を起こすと保存できなくなります、慎重に経過観察をしたいと思います。


                      2013年6月22日


                     2013年6月22日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2373

 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:27 | - | - |
問題ありません
6月5日に感染根管を意図的再植法で治療した方です、6月13日に抜糸にお越しになりました、糸が取れかかって気持ち悪かったので自分で切ったとのことでした。

違和感もぜんぜんなく快調とのことです、心配ないと思います。


                        6月13日(鏡像)


                         6月5日(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2815

 
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 10:32 | - | - |
根管治療をしてほしい

38歳の女性の方です、3月の中頃左下の奥歯が痛んで他医でみてもらったところ膿がたまっているといわれたとのことでお越しになりました。

早速根管治療を始めたのですが根尖まで穿通が出来なかったので意図的再植の手法を使って治すことになりました。


                       4月10日 初診時


                      6月5日 術前(鏡像)


                         樋状根だった


                          抜歯直後


                           根管充填後


                           再植後


                        6月5日 術後








山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 14:43 | - | - |
すっきりしたとのことです
5月24日に意図的再植をした方です、6月1日に抜糸にお越しになりました。

違和感もなくなりすっきりしたとのことでした。


                         6月1日(鏡像)




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2807

 
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 13:32 | - | - |
意図的再植を行いました
47歳の男性の方です、一昨年の7月に根管充填を行ったのですが違和感が続いていたため経過観察を行っていました、今年の4月にお越しいただいて様子を伺った所依然として違和感が続いているとのことでした。

レントゲンでも近心頬側根の根尖に影が見られ感染根管が治癒していませんでした、状況をお話して意図的再植の手法を使って治療することになって5月24日に意図的再植を行いました。


                  2011年7月16日 根管充填時


           2013年4月10日 近心頬側根に病巣が残っている


         5月24日 抜歯直後 近心頬側根の根尖に汚物が残っていた


                          根管充填


                         再植(鏡像)


                           抜歯直後


                        根管充填剤除去


                           根管充填


                       5月24日 術後





山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 13:52 | - | - |
問題なさそうです
意図的再植の手法を使って近心頬側根管に折れ込んだファイルの除去とパーフォレーションリペアを行った方です、5月14日に抜糸にお越しになりました。

物が当たったとき痛みがあるものの違和感はなくなったそうです、このまま1ヵ月半くらい様子をみます。


                       5月14日(鏡像)


                       5月7日(鏡像)


経過  http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2791
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 17:25 | - | - |
レジンコアのビルドアップを行いました
右上の4番を昨年の2月に内部接着修復を行いましたが違和感が再びでてきたので昨年の5月に意図的再植の手法でリカバリーを行いました、また右上の5番を根管充填のあとファイバーコアをビルドアップしてから違和感が気になるようになったのでこれも昨年の11月に意図的再植の手法を用いて 治療した方です。

両歯とも違和感もなくなりゴム咬み試験で問題なく咬めるようになったのでレジンコアをビルドアップしました、次回仮歯の印象を採る予定です。


                 5月14日 コアビルドアップ前(鏡像)


                      コアビルドアップ(鏡像)


                           5月14日


                2012年2月17日 内部接着修復術後



右上4番の経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2397
右上5番の経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2679
| 山田 豊和 | 歯根破折歯の内部接着修復 | 12:41 | - | - |
折れ込ませてしまったファイルの除去
昨年の10月根管治療中に近心頬側根管にファイルを折れ込ませてしまった方です、取ろうと努力しましたが取ることが出来ず悪いことにパーフォレーションまで起こしてしまいました。

とりあえずパーフォレーション部も含めて根管充填をして経過観察をしていました、しかし違和感が取れなかったので意図的再植の手法を使い折れたファイルの除去とパーフォレーションリペアを行いました。


       4月9日 ファイルが折れ込んでいてパーフォレーションを起こしている


                 5月7日 折れたファイルが見える


                       取り出したファイル


                       再植直後(鏡像)


                       ファイル除去前


                   ファイルと根管充填剤の除去


                  根管充填とパーフォレーションリペア


                           術後


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2626
 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 12:31 | - | - |
歯根端切除失敗
27歳の女性の方です、約4年前某口腔外科にて歯根端切除を行ったものの昨年7月にフィステルが再発したため再根管治療とフジアイオノマーセメントによる逆根管充填を行ったとのことです。

今年の1月頃より根尖部違和感が再発し最近腫脹も出てきたため抜歯となる可能性が高いといわれたとのことで来院なさいました。

おそらく逆根管充填が不十分なため再発したものと考えられます、したがってアイオノマーセメントを除去して再根管充填をすれば治る可能性があります。

出来れば意図的再植の手法を使って抜歯した上で行えば問題なくアイオノマーセメントが除去できるのですが患者さんの同意が得られなかったため唇側より切開して根管内からアプローチして除去することになりました。

しかし根管内からエンドファイルが根尖まで十分届かなかったためやむなく一部残したままにせざるを得ませんでした、この状態でMTA根管充填をして様子を見ることになります。


                        4月30日 術前


                         歯根嚢胞を摘出


                             縫合


                      4月15日 初診時


                   4月15日 根管充填剤除去


4月30日歯根嚢胞の摘出と同時にアイオノマーセメントの除去を試みたが取りきれなかった





山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 16:43 | - | - |
仮歯を被せました
2月14日に意図的再植の手法を使ってパーフォレーションリペアを行った、67歳の女性の方です、術後の経過も順調だったので前回レジンコアのビルドアップを行って仮歯の印象をとりました。

それが出来上がってきて4月19日に仮歯を被せました、この状態で2ヵ月位経過観察をしようと考えています。


                          4月19日


                        2月14日 術前



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2753

 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 08:51 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました
意図的再植の手法でパーフォレーションリペアを行った方です、仮歯で経過観察をしていましたが概ね良好とのことでジルコニアクラウンを被せました。


                         4月13日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2764

 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 11:48 | - | - |
仮歯を被せました
意図的再植法を行った方です、レジンコアのビルドアップを行って仮歯を被せました、これでしばらく経過観察をします。


                          4月1日(鏡像)



経過 

 
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:21 | - | - |
ジルコニアクラウンの形成印象を行いました
歯根に色々問題を抱えていて根管治療では治せなかったので意図的再植法で治療した方です。

約1ヶ月仮歯を被せていましたが問題なく咬めることが確認できたのでジルコニアクラウンの形成印象を行いました、次回被せることになります。 


                          3月22日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2743
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 15:31 | - | - |
違和感もなくなりました
根管治療がうまく行かなかったため意図的再植法を使って歯の保存を試みた方です。

術後約2ヶ月経過して違和感がなくなってきたのでレジンコアのビルドアップを行いました、次回仮歯の印象をとる予定です。 


                  3月15日 コアビルドアップ前(鏡像)


                     コアビルドアップ後(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2724

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 15:22 | - | - |
うまく行ったようです
2月14日に意図的再植の手法を使ってパーフォレーションリペアを行った方です、2月20日に抜糸にお越しになりました。

頬側の骨が吸収していたので動揺が残っていましたが生着したようです。


                           2月20日 


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2747

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:12 | - | - |
パーフォレーションリペア

67歳の女性の方です、右下の歯が悪いとのことでお越しになりました、拝見したところ膿瘍が出来ていたのでレントゲンを撮ったところパーフォレーションが疑われました。

状況をお話して冠とコアをはずしたところ遠心壁にパーフォレーションを起こしていました、抜歯は避けたいとのことだったので意図的再植の手法を使いパーフォレーションリペアと根管治療を行いました。


                        1月17日 初診時


                         2月14日 術前


                            抜歯直後


                       パーフォレーション部


                     パーフォレーション部の封鎖


                           再植


                        2月14日 術後



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 11:35 | - | - |
仮歯を被せました
意図的再植を行った方です、ゴム咬み試験で問題なかったので仮歯を被せました、これでしばらく経過観察をします。


                          2月5日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2731

 
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:24 | - | - |
本歯を被せました
近心根のパーフォレーションと感染根管を意図的再植法を用いて治療した方です、仮歯を被せて様子をみていましたが問題なかったので本歯を被せました。


                            2月5日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2496

 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:20 | - | - |
冠を被せました
昨年の10月に意図的再植をした方です、仮歯で経過観察を行っていましたが問題なく咬めることが確認できたので冠を被せました。


                          2月4日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2673

 
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:22 | - | - |
根間中隔の骨欠損があります
パーフォレーションリペアの修復を意図的再植の手法を使って修復した方です、抜歯時に歯根が折れたのとパーフォレーションで骨の欠損が生じていたのがあいまって根間中隔の骨の欠損が見られます。

根を分割してそれぞれの歯根に被せることになります。


                        1月25日


        1月25日 根間中隔の骨欠損はあるが骨の回復が見受けられる




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2669

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 10:23 | - | - |
問題はありません

2010年7月に意図的再植法でパーフォレーションリペアと折れ込んだファイルの始末をした方です、1月18日にむし歯の検診にお越しになったのでレントゲンを撮らせていただきました。


                     1月18日 問題はありません


              1月18日 レントゲン上でも問題はありません


                       2010年3月3日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1802

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:58 | - | - |
抜歯に苦労しました
37歳の女性の方です、左下6番に根尖病巣があったため根管治療を行いましたが近心舌側根管が根尖まで穿通できなかったため根管充填のあと約半年間経過観察を行いました。

経過観察のあとレントゲンを撮ったところ依然として根尖病巣が残ったままで違和感も続いていたので根管治療が成功しなかったと判断して意図的再植を行いました。

根尖にセメント質肥厚があったため抜歯と再植には苦労させられました。


                 2012年2月13日 根管治療前


                  2012年5月8日 根管充填時


             2012年10月23日 近心の根尖病巣が残っている


                   2013年1月17日 術前(鏡像)


                抜歯直後 歯根膜が一部はがれた


                       再植直後(鏡像)


                      2013年1月17日 術前


               根管内の清掃後 セメント質肥厚が見られる


                   ファイバーポストで根管充填


                           再植後





山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:00 | - | - |
コアのビルドアップを行いました
11月24日に意図的再植を行った方です、違和感もなくなったので12月22日にコアのビルドアップと仮歯の印象を行いました、次回装着して経過観察をします。


                12月22日 コアビルドアップ(鏡像)


                        12月22日

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2674

 
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 17:22 | - | - |
メタルボンドクラウンを被せました
根管治療がうまく行かなかったので8月に意図的再植を行った方です、しばらく仮歯で経過観察をしていましたが問題なく咬めることが確認できたのでメタルボンドを被せました、出来たら1年後くらいに様子を拝見したいと考えています。


                         12月12日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2614
ジルコニアクラウン http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1273
| 山田 豊和 | 審美修復 | 10:59 | - | - |
意図的再植によるパーフォレーションリペア
43歳の女性の方です、神経を取った歯がうずくとのことでお越しになりました。

レントゲンでは遠心根に病巣が認められ、近心根にはファイルが折れ込んでいてパーフォレーションが疑われました。

ファイルの除去と遠心根の根管治療はできたのですが近心2根管の根管形成とパーフォレーションの封鎖ができなかったため意図的再植で治すことになって12月7日に抜歯をしました。

近心根管は根尖まで穿通出来なかったため根尖孔はパーフォレーション部と共に封鎖し再植しました。


                     12月7日 術前(鏡像)


        抜歯直後 パーフォレーション部に炎症性組織がみられる


                   近心根のパーフォレーション部


                 パーフォレーション部の封鎖


                        再植(鏡像)


          9月28日 初診時 近心根にファイルの折れ込みがある


                 10月12日 ファイルは取れのたが・・・


                        12月7日 術後


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 12:52 | - | - |
すっきりしたそうです
根管充填後ファイバーコアをビルドアップした後で違和感を感じるようになったため11月19日に意図的再植をした方です。

11月26日に抜糸にお越しになりました、具合をお聞きしたところ違和感もなくなってすっきりしたとのことでした、原因はオーバー根充だったようです。


                  11月26日 きれいに治っています


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2670

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 11:37 | - | - |
原因が見当たりません
54歳の男性の方です、左上4番に根尖病巣と違和感があったため昨年の8月に一連の根管治療と根管充填を行ったのですが根尖まで穿通できなかったため10ヶ月あまり経過観察を行っていました。

この6月にレントゲンを撮ってみたところ依然として根尖病巣が残っていて違和感もあったため意図的再植をして根尖病巣の掻爬と根管の封鎖をすることになりました。

11月24日に抜歯をしたのですが根尖にはそれらしき感染原は見つからず、もしかすると単なる骨の欠損だったのかもしれません、しかし違和感の原因は謎です。


                  2011年5月21日 術前


               2011年8月10日 根管充填時


            2012年6月23日 根尖に影が残っている


  2012年11月24日非感染性のクラックが入っていた(ピントが甘くはっきり写らず)


                      接着前処理


                  クラックの接着および根管の封鎖


                         再植直後


                    11月24日 術後



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 07:02 | - | - |
仮歯でしばらく様子をみます
10月10日に意図的再植を行った方です、 仮歯が出来上がってきました。

仮歯を被せてしばらく様子をみることになります。


                        11月21日(鏡像)


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2665

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 16:01 | - | - |
オーバー根充が原因か

49歳の女性の方です、昨年の11月に右上5番の根管充填をして問題がなかったのでファイバーコアをビルドアップして仮歯を被せていました。

その後右上4番の歯根破折を内部接着修復の手法で修復を行いました、しかしうまく行かなかったため抜歯してクラックのリカバリーを行いました。

すっかりよくなって4番の違和感がなくなったので5番の違和感が気になって来たそうです、しばらく様子をみていましたが違和感が続くので同じく意図的再植の手法を使って根の状態を確かめるべく11月19日に抜歯を行いました。

マイクロスコープで精査したところオーバー根充以外に問題は見つからなかったため根管充填剤を除去してスーパーボンドで封鎖し再植しました、これで違和感がなくなればオーバー根充が原因だったことになります。


                   11月19日 術前(鏡像)


                抜歯直後 根充剤がはみ出している


                         再植直後(鏡像)


               11月19日 術前 5番根尖部に影が見られる


                         11月19日 術後





経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2397

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:02 | - | - |
抜歯時に歯が折れて・・・
大きなパーフォレーションが2箇所ある左下6番です、11月17日に意図的再植の手法を使ってリペアを行いました。

抜歯時に歯根分岐部で折れたため接着したのですが微妙に位置がずれてしまって再植時に抜歯窩収まりきらず抜歯窩の拡大を余儀なくされました。


                  11月17日 術前(鏡像)

                       抜歯直後


                     根管内の清掃


   スーパーボンドとファイバーポストとコア用レジンによる根管の封鎖と破折部の接着


                   再植直後(鏡像)


                 抜歯直後 抜歯時に折れてしまった


                   11月17日 術後


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2624
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:41 | - | - |
コアのビルドアップを行いました
10月10日に意図的再植を行った方です、11月13日にコアのビルドアップと仮歯の印象を行いました、咬んだとき多少違和感が残っているようですが仮歯を装着してしばらく様子をみることになります。


               11月13日 コアビルドアップ前(鏡像)


                     仮歯の支台歯形成(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2641
 
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 11:29 | - | - |
支台歯形成を行いました

根管治療を行ったものの根尖病巣が治癒しなかったので意図的再植を行った方です。

違和感が残っていたので様子をみていましたが延び延びになっていました、先日お越しになって違和感がなくなっていたので被せることになり支台歯形成を行いました。


             2012年11月10日 根尖病巣がなくなっている


                 2011年8月30日 意図的再植直後


                    2011年7月2日 術前





経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2209

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 17:36 | - | - |
問題ありません

根管治療がうまく行かなかったため10月10日に意図的再植を行った方です、10月19日に抜糸にお越しになりました。

動揺もほとんどなく生着が確認できました、11月の始めにコアのビルドアップを予定しています。


                         10月19日(鏡像)


                       10月10日(鏡像)

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2628

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 08:57 | - | - |
意図的再植

58歳の女性の方です、右上7番が抜歯するか連結冠にするしかないといわれたとのことでお越しになりました。

拝見すると残根状態で歯根長も短くかなり厳しい状態でしたが抜歯は避けたいとのことだったので根管治療を始めました。

しかし根尖まで穿通することが出来なかったため10月10日に意図的再植を行いました。


                    10月10日 術前(鏡像)


                          抜歯直後


                          歯根清掃後


               スーパーボンドとファイバーポストによる根管処理


                        再植直後(鏡像)


                       8月27日 初診時


                   10月10日 意図的再植後




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:49 | - | - |
パーフォレーション
50歳の女性の方です、左下6番に歯根嚢胞があるとのことでお越しになりました、左下4番には歯根嚢胞らしきものがありますが6番には根分岐部に影があってパーフォレーションが原因と考えられます。

状況を説明して10月6日にコアを除去したところ遠心根と近心頬側根にパーフォレーションが見つかりました、保存するためにはパーフォレーションを封鎖する必要があります。

パーフォレーションが大きく根管治療も必要なため意図的再植の手法を使って治療することになりました。


                       9月21日 初診時


  10月6日 遠心根(上)と近心頬側根(下)にパーフォレーションが見つかった(鏡像)




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 15:40 | - | - |
仮歯を被せました
3月29日に根管充填をしたが予後不良だったため8月22日に意図的再植を行った方です、順調に経過してきたためコアのビルドアップを行い9月25日に仮歯を被せました、1ヶ月ほどこのまま様子をみて問題がなければ本歯を被せることになります。


                         9月25日


                 9月4日 コアビルドアップ(鏡像)

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2594
その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2695
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:17 | - | - |
仮歯を被せました

5月29日に分割して近心根の意図的再植した方です、その後遠心根にクラックが見つかったので内部接着修復も行い、問題がないことが確認できたので仮歯を被せました。


                            9月7日

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2539


| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 14:14 | - | - |
コアのビルドアップ
8月22日に意図的再植を行った方です、9月4日に抜糸にお越しになりました、術後2週間ほどたっていたので糸はすっかり取れていました。

生着しておりしっかりしていたのでレジンコアをビルドアップして仮歯の型を採りました。


                 9月4日 術後2週間(鏡像)


                  レジンコアビルドアップ(鏡像)

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2579
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:12 | - | - |
意図的再植
43歳の男性の方です、根管治療がうまくいかなかったので、8月22日に意図的再植を行いました。


                        8月22日 術前


                 感染根管処置 スーパーボンド硬化待ち


                              術後


                        8月22日 術前



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 14:42 | - | - |
違和感なく何でも咬めるそうです

左下6番の近心根を意図的再植した方です、前回コアのビルドアップを行い仮歯の印象を採りました、具合をお聞きしたところ何でも違和感なく咬めるようになったと仰っていました。

仮歯が出来たので被せました、これで1ヶ月くらい様子を見ていただいて問題がなければ最終補綴物を被せることになります。


                       8月14日 仮歯装着


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2563

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 18:13 | - | - |
コアのビルドアップを行いました

7月7日に近心根を分割して意図的再植を行った方です、生着が確認できたのでコアのビルドアップを行いました。


                      8月4日 術前(鏡像)


                 7月4日 コアビルドアップ(鏡像)


                     遠心根管の根管充填剤除去


                       コアビルドアップ後

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2547

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:29 | - | - |
生着したようです
7月7日に意図的再植を行った方です、7月21日にお越しになりました、動揺もほとんどなくうまく生着したようです、8月始めにレジンコアをビルドアップします。 


                       7月21日(鏡像)


                     7月7日術後(鏡像)



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2536
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 11:05 | - | - |
レジンコアのビルドアップ

5月29日に近心根を分割抜歯して意図的再植を行った方です、生着が確認できたのでレジンコアのビルドアップをしました。


              7月10日 近心根のレジンコアビルドアップ(鏡像)


               5月29日 意図的再植術直後(鏡像)


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2496

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:31 | - | - |
近心根の意図的再植を行いました
感染根管で根管治療をした31歳の女性の方です、近心舌側根管が根尖まで穿通せず違和感も消失しなかったので半年経過観察を行いました。

しかし依然として違和感が残ったままでレントゲンでも根尖病巣が消失しなかったので治癒しなかったと判断して問題の近心根の意図的再植を行いました。

分割抜歯して根尖部を掻爬したところ炎症性組織が確認できました、近心根管を清掃してスーパーボンドとファイバーポストで封鎖して再植を行いました、うまく行っていることを祈っています。


               2011年10月5日 根管治療前


              2011年10月21日 根管充填時


                2012年4月7日 半年経過後


                  7月7日 術前(鏡像)


                7月7日 分割抜歯した近心根


                  スーパーボンドの硬化待ち


                   7月7日 術後(鏡像)


                    7月7日 術後



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 10:53 | - | - |
左下6番がうずく
42歳の女性の方です、左下6番がうずくとのことでお越しになりレントゲンを撮ってみると近心根にファイルが折れ込んでいました、感染根管なのでとりあえずファイルを除去して根管治療を始めました。 

ファイルは取れたのですが近心2根管とも根尖までファイルを穿通することが出来ませんでした、これでは感染を排除できないので抜歯してしまうか抜歯して根管内を清掃した上で再植するかになります。

抜歯してしまうより残したほうがいいので意図的再植をすることになってエクストルージョンをしてから5月29日に近心根を抜歯して清掃した上再植しました。

例のファイルが折れ込んでいたところはパーフォレーションを起こしていましたが幸い頬舌側根管ともきれいに清掃することが出来ました。


                     1月28日 初診時


           3月13日 根管形成時 遠心根管は根尖まで穿通出来た


                           頬側根管




                      パーフォレーション


                         舌側根管


                          根管充填


                      5月29日 再植直後


                           術直後






経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2416





| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 13:36 | - | - |
冠を被せました

近心根の根尖病巣とパーフォレーションを歯根分割をして近心根の意図的再植の手法を使って保存した方です。

仮歯を被せて経過観察をしていましたがゴム咬み試験で問題なく咬めることが確認できたので冠を被せました、1年後には予後観察をしたいと考えています。


                         3月30日(鏡像)


                2012年1月16日 遠心根根管充填時


                    2011年8月9日 初診時




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2347

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:28 | - | - |
何でも咬めるそうです

昨年の10月意図的再植を行った方です、仮歯を入れて経過観察を行ってきましたが何でも咬めるとの事だったので冠を被せました。


                         3月12日


                          3月12日


                      2011年6月17日 初診時


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2252

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 11:21 | - | - |
冠を被せました

5月10日に意図的再植を行った方です、問題なく咬めるようになったので冠を被せました。


                           2月29日


                         2月29日


                     2011年5月10日 術前

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2098

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 10:10 | - | - |
ブリッジを装着しました

昨年の8月24日に髄床底のパーフォレーションと近心根の歯根破折を意図的再植法で修復保存した方です。

2月27日にブリッジを装着しました、むし歯の再発がないように願っています。


                           2月27日


                      2月4日形成印象前



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2371

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:46 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました

右上4番の3根歯のパーフォレーションを意図的再植で修復した方です、補綴がのびのびになっていましたが2月4日にジルコニアクラウンを被せました。

パーフォレーションが原因で骨の大幅な欠損があるため歯肉の退縮がありますがこればっかりは仕方がありません、しかし術直後から比べると歯肉のクリーピングがみられます。


                       2012年2月4日


                      2010年9月18日


                      2012年2月4日


                      2010年6月27日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2301

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 10:02 | - | - |
ブリッジの形成印象を行いました

昨年の8月24日に髄床底のパーフォレーションと近心根の歯根破折を意図的再植で修復した方です。

問題なくかめるようになったのでブリッジの形成印象を行いました、次回装着の予定です。


                      2012年2月4日


                    2011年8月24日(鏡像)


                        2012年2月4日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2280



| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:14 | - | - |
遠心根の根管充填を行いました

近心根を分割して意図的再植をした方です、再植した近心根が落ち着いていたので遠心根管の根管充填と親知らずの抜歯をしました。

次回ファイバーコアをビルドアップする予定です。


                   1月16日 根管充填前(鏡像)


                   1月16日 遠心根管の根管充填


                 1月16日 同側の親知らずを抜歯した

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2324

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:25 | - | - |
生着したようです

12月7日に近心根管のパーフォレーションリペアと根尖病巣の掻爬のため近心根の意図的再植をした方です、12月16日に抜糸にお越しになりました。

糸は取れてしまっていましたが生着したようです、1ヶ月位してから遠心根管の根管充填と近心根管のファイバーポストをビルドアップします。


                     12月16日(鏡像)


               12月7日 再植直後(鏡像)


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2317

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 14:43 | - | - |
近心根の意図的再植
根と根の間にパーフォレーションがあって抜歯しなければならないといわれたが抜きたくないとの事でお越しになりました。

拝見すると近心頬側根管口のすぐ下にパーフォレーションが認められました、通法どおり根管治療を始めたのですが近心根管が二つとも根尖まで穿通しませんでした、また近心根管には大きな歯根嚢胞も認められたので意図的再植を計画しました。

エクストルージョンをして近心根だけ分割抜歯して根尖病巣の摘出と根尖の感染部分の始末とパーフォレーションリペアを行いました。


                        8月9日 初診時


                 8月23日 近心頬側根管と遠心根管


                       8月23日 近心舌側根管


                         12月7日 術前


                       12月7日 術後


                    12月7日 術後(鏡像)


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/






 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:26 | - | - |
形成印象をしました

昨年の9月にパーフォレーションを起こしていた右上4番を意図的再植法で治した方です、歯肉の状態も良くなってきたので形成印象をしました、次回被せることになります。


                       2011年11月26日


                      2010年10月15日


                    2010年9月18日 術前

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2266

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:28 | - | - |
自覚症状はないものの少し気になります

昨年の9月にパーフォレーションリペアと根管処置を意図的再植術で行った方です、延び延びになっていましたが10月22日に起こしになりました。

歯肉も少し回復していて自覚症状はなかったのですがレントゲン上で少し気になる影らしきものが見つかりました、次回とりあえず仮歯の印象を取って仮歯で経過観察をすることになりました。


                        2011年10月22日


                         2010年10月15日


                      2011年10月22日


                        2010年10月15日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1862

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 12:48 | - | - |
生着したようです

10月7日に意図的再植をした方です、術後少し血が止まりにくくて心配されたようですが問題ありませんでした、もう少し経過観察をしてレジンコアをビルドアップします。


                       10月21日(鏡像)


                      10月7日 術直後


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2252

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 15:16 | - | - |
ファイルの折れ込みと根尖病巣

34歳の女性の方です、右下6番に膿がたまっていて抜かなくてはいけないといわれたとの事でお越しになりました。

レントゲンを撮ってみると近心根に大きな陰影が認められファイルの折れ込みも見られました、通法どおり根管治療を試みましたが近心頬側根管のファイルは取ることができませんでした、また近心舌側根管の根管形成も出来ませんでした。

意図的再植で根尖病変の除去と近心根管の始末をすれば残せるかもしれないので術式を説明させていただいたところ同意が得られたので10月7日に意図的再植を行いました。

根管内がひどく汚染されていたので清掃にはかなり苦労させられましたが折れ込んでいたファイルも無事除去できて再植しました、あとは歯根膜の生命力頼みです。


                     10月7日 術前(鏡像)


                           抜歯直後


                       摘出した炎症性組織


                 ファイバーポストによる根管充填


                        再植直後(鏡像)


                   6月17日 初診時レントゲン


               抜歯時レントゲン ファイルが折れ込んでいる


                       除去したリーマー?


                   10月7日 再植直後レントゲン


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:40 | - | - |
意図的再植法での歯根嚢胞の摘出

46歳に女性の方です、左上の7番が割れているといわれて治せないかとの事で昨年の12月にお越しになりました。

診査したところ歯根破折はしていなかったものの根尖病巣があったので通法どおり根管治療を行いました、しかし頬側根管が2根管ともかなり上部で閉鎖しており根尖まで根管形成が出来ませんでした。

とりあえず根管清掃が出来たところまで根管充填を行いだめもとで半年経過観察をすることになり、7月2日にレントゲンで確認したところ根尖病変は治癒していませんでした。

最初のお話通り意図的再植で抜歯して歯根嚢胞の摘出と原因根管の処置をすることになり、8月30日に意図的再植を施行しました。


                    1月29日 根管充填時


              7月2日 レントゲン 根尖病変が残っていた


            8月30日 抜歯直後 摘出した歯根嚢胞と左上7番


                  頬側2根尖孔が開大している


            頬側2根管を穿通拡大してファイバーコアで根管充填


                  はみ出したファイバーポストを切断


                          再植直後


                  抜歯時 頬側根管は封鎖している


                    8月30日 術後レントゲン


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:13 | - | - |
口蓋根が折れていた

29歳の女性の方です、歯根破折の疑いがあると言われたとの事でお越しになりました、拝見すると口蓋壁にパーフォレーションが認められたので意図的再植法によりなおすことになり術式を説明させていただきました。

了承が得られたので8月27日に意図的再植を行ったのですが術前にマイクロスコープで診査したところ口蓋根も破折していたので、これも接着した上で再植しました。


             8月27日術前 口蓋根の破折面が見える(鏡像)


                  抜歯直後 口蓋根が折れていた


                         接着硬化待ち


                    8月27日 再植直後(鏡像)


                       4月26日 初診時


                      8月27日 術直後


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:50 | - | - |
クラックも見つかりました

55歳の男性の方です、ブリッジの支台歯として使っていた左下の7番がコアごとはずれてむし歯になってしまい髄床底に穴が開いていました。

このままでは再び支台歯として使うことは出来ません、一旦抜歯して穴を塞ぎ再植すれば使うことが出来ます、状況を説明して同意を得られたので意図的再植法で治すことになりました。

8月24日に意図的再植を行ったのですが、マイクロスコープで根管内を精査すると近心根の頬舌側にクラックが見つかりました、結局これも接着して再植を行いました。

4ヶ月位すれば使えるようになると思います。


                      5月24日 レントゲン


               8月24日術前 髄床底の穿孔部(鏡像)


                          抜歯直後


                      クラックも見つかった


                         接着前処理


                          接着


                         再植(鏡像)





山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:19 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました

1月22日にパーフォレーションリペアのため意図的再植を行った男性の方です、7月29日にジルコニアクラウンを被せました。


                          7月29日


                       1月22日 抜歯直後



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2131

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 12:33 | - | - |
対合歯に当たっていたそうです

7月11日に意図的再植を行った方です、7月19日に抜糸にお越しになりました。

下の歯と当たって痛いとの事だったので削合して当たらないようにしました、生着したようなのでしばらく経過観察になります。


                    7月19日 抜糸時(鏡像)


                         7月19日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2156

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:27 | - | - |
再植に苦労しました

右下の6番の根管治療をしたのですが、根尖まで穿通することが出来なかったため違和感が残ったままでよくなりませんでした。

最後の手段として外科的に治すことになって意図的再植を行いましたが再植するときセメント質肥厚があったためもとの位置に植えなおすことが出来ませんでした。

少し浮いた状態にはなりましたがおそらく生着すると思います。


                      7月11日 抜歯前(鏡像)


                 抜歯直後 セメント質肥厚がうかがえる


                      根尖病変(歯根嚢胞)を除去


                     歯根嚢胞を取った根尖


              ファイバーポストとスーパーボンドによる根管充填


                          再植後


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:24 | - | - |
仮歯で経過観察をします
5月10日に意図的再植をした方です、違和感もなくなってきたのでコアをビルドアップして仮歯を被せました、これで少し様子をみることになります。


            7月8日 歯肉の状態も落ち着いていて問題はない


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2084
 
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:05 | - | - |
感染根管を意図的再植法で治療しました

45歳の男性の方です、右下6番に根尖病変があり分岐部にもなにやら怪しい影があります、根管内にはファイルも折れ込んでいました。

とりあえず通法どおり根管治療を始めましたがファイルも取れず根尖まで穿通できませんでした、意図的再植なら治せる可能性があるので手順を説明させていただいたところ同意が得られたので7月6日に意図的再植を行いました。


                       4月19日 レントゲン


                      7月6日 術前(鏡像)


                           抜歯直後


                       パーフォレーション


                         取り出せたファイル


                          術直後(鏡像)


                      7月6日 術後レントゲン



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 11:15 | - | - |
リカバリー手術を行いました

昨年の10月22日に内部接着修復を行った方です、その後も違和感が残っていてリカバリーを内部から行ったのですが最終的にフィステルが出来てしまいました。

仕方がないので事情を説明して意図的再植でフィステルの原因を取り除くことになりました。

7月5日に抜歯して歯根を仔細に観察したところそれらしき原因が3ヵ所ばかり見つかったのでそれぞれ対処して再植しました、おそらくこれでよくなると思います。


                       7月5日 術前


                          抜歯直後


              感染の原因らしきところを接着剤で始末(近心側)


                            遠心側


                      7月5日 再植直後


                        7月5日 術前レントゲン


                         7月5日 術後レントゲン





経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1918

| 山田 豊和 | 力による破折歯の接着再植 | 14:45 | - | - |
意図的再植がうまく行きました
根管治療がうまく行かなかったので今年の2月19日に意図的再植を行った男性の方です、仕事で海外出張もあってやっと冠を被せるところまでたどり着きました。

末永く使っていただきたいと思います。


                        6月18日(鏡像)


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2049
 
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:52 | - | - |
冠を被せました
1月11日に意図的再植をした方です、仮歯を被せて様子を見ていましたが問題なく咬めることが確認できたので 冠を被せました。


                           5月24日 



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1973
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 10:00 | - | - |
いい状態です

5月10に意図的再植をした方です、5月24日に抜糸にお越しになりました、問題なく生着したようです。


                 5月24日 きれいに治ってきています


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2084

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:17 | - | - |
図らずも接着修復もすることになりました

63歳の男性の方です、根管治療をしたところ頬側根管が根尖まであかなかった方です根管充填後も経過が思わしくなくフィステルが出来てきたため5月10日に意図的再植を行いました。

抜歯したところ頬側根管は石灰化して閉鎖していたためフィステルの原因ではなかったようです、口蓋根はといえば根尖孔がロート状に開いていていました、これが原因だったのかもしれません。

抜歯してわかったことですが歯も割れていたので接着もして再植しました、歯根膜の生命力が頼りです。


             抜歯直後 向かって右口蓋側根尖が開いていた


        抜歯直後レントゲン 破折も起こしていた 頬側根管は閉鎖していた


                        接着剤硬化中


                           再植直後


           5月10日 術前レントゲン 根管充填剤は除去してある


                         再植直後


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 13:43 | - | - |
治っているように見えるのですが

パーフォレーションを意図的再植法でリペアした方です、4月16日にコアのビルドアップをするべくお越しになったのですが打診に少し違和感があったのと動揺がほとんどなくて骨性癒着が疑われたので半年くらい予後観察をすることになりました。

私の症例ではまだ骨性癒着は経験してはいないのですが、文献ではそのようなことが掲載されていた記憶があります、此処は慎重に治療を進めたいと考えています。


                         4月16日


           4月16日レントゲン 歯根膜腔が狭いような気もします



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1997

| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 12:56 | - | - |
しっかりしていました

根尖病変が治らなかったため2月19日に意図的再植を行った方です。

3月5日に拝見した時は動揺が残っていて少し心配いたしましたが、4月2日にお越しになりましたが動揺も止まっていい状態に回復していました。

大きな問題はなかったのでレジンコアをビルドアップしました、次回仮歯の印象を採る予定です。


                 4月2日 レジンコアビルドアップ


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2016



| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:37 | - | - |
思ったよりグラグラしていました

根尖病巣が大きくなったため意図的再植をした方です、3月5日にお越しいただきました。

歯肉の状態はきれいになっていましたが動揺が思った以上に残っていました、もしかすると根尖病変で骨の欠損が大きかったからかもしれません。

取り立ててできることはないのであまり咬まないようにしていただいて経過観察をすることになりました。


                 3月5日 歯肉はきれいな状態です


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1998

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 10:35 | - | - |
ファイバーコア

1月18日に意図的再植を行った方です、一時違和感を訴えていらっしゃいましたがそれもなくなって順調な経過をたどっているようです。

咬合時の違和感がなくなったのでファイバーコアをビルドアップして仮歯を入れる予定です、いずれブリッジの支台歯にすることになります。


                  3月1日 歯肉の発赤もなくなった


                    2月2日 術後約2週間


                                          ファイバーコアビルドアップ


                     1月18日 術前レントゲン


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1980

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:21 | - | - |
大変でした
昨年の7月22日に根管充填をしたのですが根尖病変があったにもかかわらず根尖まで根管形成が出来なかったので根管充填後約半年経過観察をしていました。

1月22日に拝見したところフィステルが出来ていて、レントゲンを撮ってみると根尖病変が大きくなっていました。

根尖病変が悪化していたため意図的再植をすることになり2月19日に行いました、クラックも出来ていたためクラックの接着修復もあわせて行いました。


       2010年7月22日 根管充填時 根充不十分で根尖病変もみられる


      2011年1月22日 フィステルが出来ていて根尖病変が大きくなっていた


               2月19日術前 フィステルが出来ている(鏡像)


                           抜歯直後


                        摘出した根尖病変


                  クラックの処理と根管形成が完了


                スーパーボンドによる接着と根管充填


                         再植直後


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/




| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 17:39 | - | - |
違和感があるそうです

1月18日に意図的再植を行った女性の方です2月2日にお越しになりました、様子をお伺いすると違和感が残っているとのことでした。

歯肉の状態に問題ないのでおそらく治っていくものと思います。


    2月2日 一部歯肉の発赤はあるものの順調な治癒過程と考えます(鏡像)


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1967

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:29 | - | - |
歯根外部吸収

44歳の男性の方です、左上1番にひびが入っていて抜歯しなければならないといわれたとのことで来院なさいました。

レントゲンを撮ってみると根の外部吸収があり幸いにも歯頚部付近のためエクストルージョンをすれば残せそうでした、またこの歯は10年位前にある大学病院の口腔外科で歯根端切除をしたと仰っていました。

根尖部にレントゲン的な問題はなかったのですが少し気がかりだったので、意図的再植法で歯根端を確かめる方法もあることを説明させていただきましたが、患者さんの意向でエクストルージョンをすることになりました。


            1月26日初診時  外部吸収を起こしていた左上1番


                         レントゲン像


          冠を除去して歯肉をレーザーでカットして牽引装置を装着


                      1月26日  レントゲン像


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 09:09 | - | - |
意図的再植後2週間
1月11日に意図的再植を行った女性の方です、1月24日に抜糸にお越しになりました。

腫れ痛みともなく順調なようです。


                    1月24日 生着したようです


                       1月24日 レントゲン


                       2010年7月30日
 


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1955
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 15:59 | - | - |
パーフォレーション
38歳の男性の方です、右上2番の根管治療を始めたのですがパーフォレーションを起こしていました、根管内から封鎖することが出来ないので抜歯してリペアすることになりました。 

1月22日に意図的再植を行ってパーフォレーションを封鎖しました、うまく行ってくれることを祈っています。


               2010年8月28日 根尖病変が伺われる


           2010年11月28日 パーフォレーションを起こしていた


        2011年1月22日 抜歯直後 パーフォレーションを起こしている


                           汚物除去


                  根管充填とパーフォレーションリペア


                     1月22日 再植直後


                      1月24日 レントゲン


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 13:01 | - | - |
図らずも歯根端切除

31歳の女性の方です、左上5番に違和感があったため根管治療をしましたが根尖まで穿通できませんでした、仕方がないので根管形成が出来たところまで根管充填をしたのですが、違和感が残ったままですっきりしませんでした。

約半年間予後観察をしましたが弱い打診痛が続いていたので患者さんと相談の上意図的再植をすることになり1月18日に抜歯しました。

根尖を観察したところ小さな炎症性組織らしき物ががみられたのですがそれに見合う根尖の感染様組織は見当たりませんでした。

根管形成が出来なかった根尖部に何らかの感染歯質があれば再発するかもしれないので歯根端を根管充填できているところまで切削して断端をスーパーボンドで閉鎖して再植しました。


                       1月18日 術前(鏡像)


          抜歯直後の根尖 炎症性組織らしきものが付着していた


                 根管充填剤のところまで切除した


                      スーパーボンドで封鎖


                       再植直後(鏡像)


         1月18日 術前レントゲン 根尖病巣らしき陰影が認められる


                       根尖切削量の確認


                        術直後レントゲン


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/




| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 16:32 | - | - |
歯根嚢胞様根尖病変

44歳の女性の方です、左上5番を昨年の2月から根管治療を行っていましたが頬側根管がどうしても根尖まで開かなかったため開いたところまで根管充填をして半年ほど予後観察を行っていました。

しかし違和感もなくならず根尖の陰影も消失しなかったので感染根管は治癒していないとの判断で患者さんと相談の上意図的再植をすることになりました。

1月11日に抜歯して根尖に付着していた歯根嚢胞様組織を除去して根尖孔をスーパーボンドで閉鎖して再植を行いました、術後レントゲンは撮影するのを忘れたので次回抜糸の時撮影します。


                   2010年3月3日 根管充填時


      2010年7月30日 根管充填後約5ヶ月 根尖病変に治癒傾向なし


                        1月11日 抜歯前


            抜歯直後 歯根嚢胞と考えられる根尖病変が見られる


                        根尖病変を除去


           根尖病変を除去した根尖部 セメント質肥厚が見られる


                   根尖孔をスーパーボンドで閉鎖


                            再植直後


歯根嚢胞 http://www.yamadashika.jp/infection.html#shikonnouhou



| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 16:57 | - | - |
冠を被せました
5月10日にパーフォレーションを意図的再植にて封鎖した方です。

抜歯してみると歯根垂直破折も見つかり接着修復と両方を行いました、スーパーボンドは流動性が著しく高く、硬化にも時間がかかるため気泡が混入してしまいました。

やむなく生着が確認できてから改めて気泡を埋める処置を行いました、幸いうまく行って仮歯を被せてフォローしていましたが何でも咬めるようになったので11月16日に冠を被せました。

今後根分岐部の歯磨きを練習して良い状態を維持できるようになっていただきたいと考えています。


                         11月16日


                           舌側(鏡像)


                         5月10日術前


経過その1 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1665
経過その2 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1677
経過その3 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1746



| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 09:30 | - | - |
意図的再植歯 冠を被せました
ファイルの折れ込みとパーフォレーションのため意図的再植をした方です、問題なく咬めるようになったので冠を被せました。


                       11月5日(鏡像)

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1802
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 16:26 | - | - |
歯が折れてしまいました
70歳の女性の方です、ビニール袋を咬んであけようとしたら歯がぐらぐらしてきたとのことで10月26日にお越しになりました。

レントゲンを撮ってみると歯が歯肉の下でポッキリ折れていました、残存歯も少なく折れた部分が骨の上だったので残すことにして破折部分を取り除いたところ唇側は深いところで折れていました、このような場合エクストルージョンか意図的再植が必要になってきそうです。

とりあえず抜髄して根管治療を始めました、長年この仕事をしていますがこのような折れ方はあまり記憶がありません、また患者さんもちょっと横着しすぎたと仰っていました。


            上顎右2番と3番、左側はこの犬歯しか残こっていない


                           破折部分


                         破折線が伺える


                          根長の測定


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | 歯牙の破折 | 11:15 | - | - |
根が露出してしまいました
上顎4番の3根歯でパーフォレーションを起こしていたのを9月29日に意図的再植法でパーフォレーションリペアと根管充填をした方です。

10月15日に抜糸にお越しになりました、生着したようですがフィステルがあったところの歯肉が欠落して歯根が露出していました。

骨の欠損があったので仕方がないのですが頬側根の分岐部が露出しているので補綴も難しくなります。

とりあえずもう少し歯肉の成熟を待ってから歯肉縁上で補綴することになると思います。


                          10月15日


                       9月18日 術前



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1838

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 07:00 | - | - |
右上第一小臼歯3根管
37歳の女性の方です、右上4番に大きなフィステルがあったので根管治療を始めました。

冠をはずして通法どおり根管治療をはじめましたがパーフォレーションがあって出血で頬側根管口が判別できませんでした、レントゲンを仔細に読影してみると 3根管のように見えます。

このままでは根管治療ができないので意図的再植を行うことになり9月29日に実施しました。

抜歯してみるとやはり頬側根が2根あって頬側分岐部に大きなパーフォレーションを起こしていました、おそらく2根管と勘違いしてドリリングしたものと考えられます。

頬側近心根を新たに根管形成して残り2根管とともに封鎖して再植しました、歯根膜の再生能力に期待しています。


               6月16日 根管治療前レントゲン


                     8月7日レントゲン


                       9月18日(鏡像)


            9月18日 パーフォレーションを起こしている(鏡像)


                       9月29日 抜去時


              根管形成を終えて根管充填後の硬化待ち


                    根管充填後レントゲン


                      再植後(鏡像)

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 08:30 | - | - |
意図的再植法術後1ヶ月
パーフォレーションとファイルの折れ込みのため意図的再植法をした63歳の女性の方です。

一ヵ月後の予後確認のためお越しになりました、ゴム咬み試験で問題なく咬めるようになっていたのでファイバーコアの築盛を行いました。

これで問題なく咬めることが確認できたら形成印象をする予定です。


                        8月24日レントゲン


               パーフォレーションとファイルの折れ込み


                   8月24日 術後約1ヶ月(鏡像)


                        同じく頬側(鏡像)


                ファイバーコア築盛 舌側面観(鏡像)


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1778





| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:18 | - | - |
意図的再植法のリカバリー

5月10日にパーフォレーション部の閉鎖のため意図的再植法を行った方です。

抜歯後マイクロスコープで精査したところ近心舌側に歯根垂直破折もあったので接着修復を行って再植したのですがデッドスペースが出来てしまいました。

7月9日にデッドスペースの閉鎖をしてファイバーコアをビルドアップしました、ゴム咬み試験で違和感がなかったので仮歯を被せて経過観察をすることになりました。


                7月9日 ファイバーコアビルドアップ


                    6月23日 術後約40日後


         5月10日 意図的再植直後 デッドスペースが出来てしまった


                      7月9日 リカバリー後

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1665
経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1677


| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 05:53 | - | - |
意図的再植術後2週間

大きなパーフォレーションと歯根破折の意図的再植術をなさった方です、術後2週間経過しました、5月24日に抜糸にお越しになりました。

傷口も問題なく上々の経過です、あと2週間経過観察をして問題がなければ気泡を取る予定です。


                      5月22日 術後2週間


                      5月10日 術前(鏡像)


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1665

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 13:23 | - | - |
パーフォレーション
パーフォレーションがあって抜歯しなければならないといわれたとのことで来院なさった34歳の女性の方です。

拝見するとパーフォレーションがあってこのままリペアできるほど小さくはありませんでした、一旦抜歯して塞いだ上で再植すれば助かるかもしれないとお話したところその方法で残したいとのことだったので意図的再植をすることになりました。

5月10日に意図的再植法を行いました、抜歯したところクラックも見つかったのでそれの修復もして再植しました。

術後レントゲンではデッドスペースが出来ていたため生着したらデッドスペースの封鎖が必要になりそうです。


                     遠心根に穿孔が見られる


                        抜歯した6番


                  近心舌側にクラックが認められる


           炎症性組織を除去してパーフォレーションが明示できた


       術後レントゲン クラックの修復をしたところに気泡が入ってしまった

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


 
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:30 | - | - |
歯根が極端に短い症例

37歳の女性の方です、昨年上の左1番が腫れたとのことで来院されました。

レントゲンを撮ってみると感染根管から歯槽膿瘍を起こしていました、また歯根長も極端に短く保存するにはかなり厳しい状態でした、そして歯周病にもなっていてそれぞれ解決していく必要がありました。

状況を説明したところ残したいとのことだったので切開排膿をして歯周病を治すため急性炎症が治ってから歯磨き練習を始めることにしました。

歯磨きが上達して歯肉が落ち着いてきたので1月13日から冠をはずして根管治療を始めました。

歯根が極端に短いため通常の根管充填ではコアの長さが十分取れないため根管充填支台歯築造1回法をする予定です、そして根管充填の出来具合によっては意図的再植法も考えなければなりません。

根管内がきれいになったので1月19日からエクストルージョンをはじめたところです。


      2009年9月2日初診時 極端に短い歯根長と根尖口の開大が伺われる


        2009年10月27日 歯磨き練習開始時 歯肉が腫脹している


     2010年1月6日 4回目の歯磨き練習時 歯肉がずいぶんよくなって来た


         1月13日 根管治療開始時 歯肉もすっかりよくなっている


       冠をはずしたところ 歯肉縁下3mmくらいまで歯の欠損が見られる


                1月19日 エクストルージョン開始


                           仮歯装着

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02



| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 13:01 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ