blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
歯磨き練習終了
昨年の10月から歯磨きの達人を目指して歯磨き練習を続けている25歳の女性の方です。

11月12日に11回目の歯磨き練習にお越しになりました、プラークが残っていそうな右上4番と5番の歯間部を赤染めしたのですがステインのところにうっすら染まっただけです、それも難なく落とせる技術が身についていました。

歯肉の状態はいい状態で大きな問題はありません、一部歯肉縁上歯石も付いてはいましたが本人は全く気になっていないようだったのでそのままにしてあります。

1年後くらいにお越しになってくださいとお伝えして歯磨き練習は終了となりました、お菓子もほとんど食べない方なのでおそらく一生むし歯ゼロでいられると思います。


                     2012年11月12日 美しい


                   2011年10月4日 初診時





経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2383


| 山田 豊和 | 歯磨き練習 | 12:19 | - | - |
歯肉が良くなってきました

永久歯むし歯ゼロの方です、親知らずの抜歯が終わって昨年の10月から歯磨き練習を始めました。

今回で5回目になります、歯磨剤をやめたので知覚過敏も治っていました、また歯磨剤なしの歯磨きにもなれたそうです、練習していた左上7番も赤染めで染まらなくなっていました。

細かい事を言えばまだ僅かに歯肉の腫れが残っているので歯磨きを極めるまで続けてみませんかとお話したところ、やってみるとの事だったので歯磨きの達人をめざし歯磨き練習を続けることになりました。


  2月13日 歯肉の腫れが治ってきた 歯磨剤をやめたのでステインが付着してきた


     2011年10月4日 初診時 それほどひどくはないが歯肉が腫れている


         2月13日 1番と2番と3番の歯間乳頭が僅かに腫れている



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2249



| 山田 豊和 | 歯磨き練習 | 09:23 | - | - |
乳歯むし歯ゼロです

こうすけくんもうすぐ4歳になります、歯に着色してきたので気になるとの事で起こしになりました、拝見するとステインだったので心配ないことをお伝えしました。

お口の中を診査したところむし歯は一本もありません、何か気をつけたことはありますかとお尋ねしたところ朝と夜に仕上げ磨きをしているとのことでした。

お菓子について伺ったところ、特にほしがらないとの事で与えば食べるとのことでした、昼寝から起きたとき飲み物とビスケットなどをあげるがあるが毎日ではないとのことでした。

ヤクルトも飲むことがあるとのことでしたがこれも毎日ではないとのことです、理由は良くわかりませんが甘党にはならなかったようです。

もうすぐ4歳になるので仕上げ磨きはやめてもらって歯磨き練習を始めることになりました、そして下に1歳半の弟がいるそうですが早い段階からお菓子を食べるようになっているので甘党になりそうな雰囲気です。

まだ1歳半なのでこれからお菓子を遠ざけてやれば甘党にはならないと思います、是非弟さんのためにも3歳まではお菓子を与えない育児に切り替えていただきたいと思います。


                 むし歯ゼロ本当によかったね


子育てと砂糖に関する我々の考え方 http://www.yamadashika.jp/prevent10.html

| 山田 豊和 | 乳歯むし歯ゼロの子どもさん | 12:11 | - | - |
右上の6番の出血が減った
昨年の6月から歯磨き練習を続けている45歳の男性の方です、10月19日にお越しになりました、今回で歯磨き練習も16回目になります。

この間ほぼ月に一回のペースでお越しになっています、担当に様子を聞いたところ ものすごくよくなったとのことでした、特に右上6番の出血が急に減ったと報告がありました、ご本人も気づかれていたそうです。

早速拝見すると初診時には残せるかどうか判らない状態でしたが、残せる可能性がでてきたようです。

下顎の舌側も歯肉が引き締まって歯石が大きく出てきて良い状態になっていました、まだポケットの深いところがあるのでもう少し磨き方の技術練習を詰めて行きたいと思います。

ちなみにこの方も初診以来一度も歯石除去は行っていません。


       2010年10月19日 歯肉が引き締まって歯石がたくさん出てきている


                    2009年6月3日 初診時


                 2010年10月19日 急に出血が減った


                    2009年6月3日 初診時


           2010年10月19日 ステインが一部取れてきている


                    2009年6月3日 初診時




経過その1 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1286
経過その2 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1337
経過その3 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1627



| 山田 豊和 | 歯周病を歯磨きで治す将将 | 12:08 | - | - |
乳歯にむし歯はありません 
けんくんとしおりちゃん5歳のご兄弟です。おにいちゃんの歯のうらの着色が気になられて来院なさいました。

拝見するとむし歯ではなくステインなので心配要らないことをお伝えしました。

お口の中を診査したところむし歯がまったくありませんでした、むし歯を作らないために気をつけたことをお聞きしたところ仕上げ磨き以外は特別気をつけたことはないとのことでした。

よくよくお聞きしたところ食が細いので保育園から帰ってきてもおやつは夕食に差し障るので食べたり食べなかったりだそうです。

あめが好きで食べるときもあるそうですがひと粒だけだあげるそうです。

このようなお菓子の食べ方なのでむし歯にはならなかったのだと思います、お母さん大成功です。

乳歯むし歯ゼロはお母さんからの最高のプレゼントです。

これからは行動範囲も広くなってお友達の家に遊びに行くことも多くなってくるので子供さん自身がお菓子を自分でセーブできるようになるといいと考えています。

自分できれいに歯が磨けるように歯磨き練習を始めることにしました、がんばって続けましょう。

次の目標は永久歯むし歯ゼロの達成です。


                    けんくんむし歯はなかったよ


                  しおりちゃん永久歯も大事にしようね

むし歯を作らない子育て http://www.yamadashika.jp/prevent.html#01
| 山田 豊和 | 乳歯むし歯ゼロの子どもさん | 06:54 | - | - |
めだかの嫁入り
昨日Iさん(39歳女性)が久しぶりに検診にお越しになりました。

歯がしみるので診てほしいとのことでしたが、ステインが気になって少しですが歯磨剤を使っていたようでした。

それほどひどい知覚過敏ではありませんでしたがやめたほうがいいとお伝えいたしました、やはり歯磨剤を使わないと多かれ少なかれステインがついてきます。

自分でとる方法もありますが、きれいに取るにはエアフローで取る必要があります。

早速とることにして世間話をしていたところ、ここから以前もってかえった金魚の赤ちゃんが5・6年生きていたけれどついにお亡くなりになったとのことでした。

今年はメダカがたくさん孵ったのでお土産に持って帰ってもらうことになったしだいです。


                   元気で長生きしてください

| 山田 豊和 | メダカ | 09:19 | - | - |
もう一度歯磨き練習をすることになりました
4年前からお越しになっている25歳の女性の方です、ステイン(茶渋)を取ってほしいとのことで1年3ヶ月ぶりに来院されました。お口の中を拝見するとステインの付着と上顎切歯(前歯)の表面にプラークが付着しており、エナメル質の表面がすりガラス状になっていました。歯磨き剤をお使いですかとお聞きしたところ、通販で買った研磨剤の入っていないのを使っているとのことでした。しかしエナメル質の表面の傷のつき方からするとやはり研磨剤は入っているようでした。使わないほうがいいことをお伝えしました。この程度の傷ならおそらく1ヶ月もすれば治ってしまうでしょう。そして切歯の表面を見ていただき、磨けていないことをお伝えしてここをきれいに磨けるようにまた練習してみませんかとお伝えしたところやってみるとのことだったので、歯磨き練習を再び始めることになりました。そして歯磨きが上手になって甘いものに気をつけて是非8020を目指してくださいとお伝えしました。


              正面像 ステインの付着が見られます


上顎中切歯のプラークとステインと磨き傷 ステインが気になって一生懸命歯ブラシでごしごしこすったのだと思います、気になったのは中切歯の近心(中央部)の僅かなへこみです、お尋ねしたところステインが気になって歯間ブラシでこすったとのことでした。あまりごしごしこすったため歯間ブラシの針金でエナメル質をすり減らしたようです。針金が当たるくらいごしごしこすらないようにお伝えしました。


右下の犬歯 ここにはエナメル質の傷はありません おそらくあまりごしごしこすらなかったのだと思います


4年前にはじめてお越しになられたときのレントゲン 左下の第一大臼歯が欠損している以外大きな問題はありません。このときから4年経っているので親知らずの動向を見て抜歯するのがいいと思います。

山田歯科HP http://yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯磨き練習 | 13:33 | - | - |
ステイン
山田歯科では歯磨剤を使わないで歯を磨くようにお勧めしています、そもそも歯を磨く目的は、歯や歯肉を傷付けることなく歯に付いたプラーク(歯垢)をきれいに落とし歯と歯肉の健康を維持することです。

歯や歯肉が磨り減ったりプラークが残ったままではきれいに磨けたことにはなりません、また磨き残しがあれば歯や歯肉の健康を維持することは難しいと考えています。

歯磨剤を使って歯を磨くと磨けていなくても磨けたような気がしますし、口中泡だらけになってしまいどこを磨いているのかわかりません、また歯磨剤の中の研磨剤で歯を削ってしまうことになります。

むし歯でもないのに歯が磨り減り、歯が削れるわけですから是非避けていただきたいと考えています、また力任せにこすってしまうと歯肉が磨り減ってきます。

いずれにしても歯を磨くという作業は手を洗うときのように直接目で見ながら汚れの落ち具合を確かめるわけにはいかないので、磨け具合を確かめるには必ず手鏡が必要になります、したがって歯磨きは結構難しい作業と考えています。

そして歯磨剤を使わずに歯を磨くとどうしても歯にステインが付着してきます、歯磨きが上達すれば付きかたは少なくなりますが気になるようなら歯医者さんで専用の道具を使って取ってもらう必要があります。

しかしステインはプラークではないので歯や歯肉に害になることはありません、見た目だけの問題です。


                 昨日の私の歯についていたステイン


              エアーフローでステインを取ってもらっている所


                     ステインが取れました

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | オーバーブラッシング | 07:01 | - | - |
歯磨きの副作用

Tさん33歳女性です、左の上が時々痛むとの事でお越しになりました。

むし歯があったのでそれはそれで治療することにして、オーバーブラッシング特有の歯の楔状欠損とフェスツーンが見られました、歯磨きの様子をお尋ねすると、1・2ヶ月で歯ブラシは交換するとの事でした。

 

歯肉の退縮、楔上欠損や知覚過敏はいわば歯磨きの副作用というべきものです、良かれと思って毎日やっていることでこのような事になるのは避けていただきたいと考えています。

力を抜いて歯を磨くようになれば歯ブラシはほとんど傷まなくなります、歯磨きの達人になると一年使っても歯ブラシはほとんど傷みません、もっとも3ヶ月くらいで歯ブラシの毛の弾力がなくなってきて磨く能率が落ちてきますのでそれくらいで交換したほうがいいとは思いまが・・・。

とりあえずこれ以上歯をすり減らさないように歯磨き剤をやめたほうがいいことをお伝えして、歯磨き練習も治療と平行してやっていくことになりました。


     歯磨きはがんばってやっているとの事でした さすがにきれいに磨けています


         残念なことに歯根の露出 楔状欠損 フェスツーンが見られます


  歯根の露出 フェスツーンが見られます 歯の表面が歯磨剤で研磨されてぴかぴかです


昨日の私の口の中です ここ35年ほど歯磨剤は使っていません 歯の表面は生えたときのでこぼこのままです 歯磨剤を使わないのでステインが沈着しているがプラークではないので見た目はよくありませんが害はありません 取るのは砂消しゴムでこすればほぼ落とせます また専用の器具を使えばきれいに落とすことは出来ます


       私が約4ヶ月使った歯ブラシです 達人ではないので少し傷んでいます

歯根露出:歯肉を強くこすると歯ブラシの毛で磨り減り歯の根っこが出てくること 歯を磨くときは歯肉をこすらないように磨く必要があります

フェスツーン:歯ブラシで強く歯肉をこするとその刺激に負けまいとして歯肉がロール状に肥厚すること いわば磨きダコです

楔状欠損:歯磨剤を使って力を入れすぎて歯を磨くと歯肉が磨り減ってやがて歯根が露出してきて歯磨剤の中に配合してある研磨剤で歯根が楔状に磨り減ること これは歯根が象牙質で出来ていてエナメル質より軟らかいので早く磨り減るため


オーバーブラッシング http://yamadashika.jp/prevent08.html


 

| 山田 豊和 | オーバーブラッシング | 06:45 | - | - |
ブラッシングの威力 5 ずいぶん良くなってきました
昨日5回目の歯磨き練習にお越しになりました、今回は少し磨き残しがありましたが、歯肉は一段と良くなっていて、下顎前歯はほぼ治癒していました。

右上の犬歯ももう一息というところまでになりました、歯磨き剤をやめられたのでステインが付着してきて気になるとの事だったので次回ステインを取ることになりました。


          11月14日 下顎前歯の歯肉が引き締まって歯間が開いてきた


                      前回 9月12日


   7月18日初診時 基本的には熱心に歯磨きされているので歯肉に大きな問題は無い


                      11月14日の犬歯


                     前回 9月12日の犬歯


                     7月18日初診時の犬歯

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

                  
| 山田 豊和 | 歯周病を歯磨きで治す 后 | 07:36 | - | - |
ブラッシングの威力 歯周病を歯磨きで治す掘2
Tさん2週間ぶりの来院です、歯肉がずいぶんよくなって歯石が浮き上がってきました。

歯石を取ってほしいとの事だったので歯肉もよくなってきたし取れば磨きやすくなるので歯石をとることにしました。

もっとよくなってからとればほとんど出血せずに歯石をとることが出来ますが、この段階でとって磨きやすくして早く治すか、もう少し歯磨きを続けて歯肉を治してから取るかはケースバイケースです。


                    8月8日初診時


             9月20日今日の状態 もう少し引き締まってほしいところ


         歯石を取っているところ 歯肉が良くなってきているので出血は少ない


       ステイン(茶渋)も取ってほしいとの事だったのでエアフローをして取ったところ

歯周病 http://www.yamadashika.jp/perio.html
| 山田 豊和 | 歯周病を歯磨きで治す  | 19:22 | - | - |
歯磨剤による著しい歯の磨り減り
Kさん62歳男性 左上側切歯(向かって右の歯)のむし歯が主訴で来院されました。

レントゲンでは歯のおよそ2/3がむし歯で、軟化象牙質(むし歯)を慎重に除去していくと大きく露髄(神経が露出)しました、健全な歯質があまりないので強度的に不安がありやむなく抜髄(神経を取る)しました。

その後鏡を見ていただき歯の磨り減りに付いてお伝えしたところ、タバコを吸うのでアパガードを使ってガーット磨いているとの事でした。

このまま使い続けるとますます磨り減るのでやめるようお伝えしました、どれくらい使っているかお聞きしたところ「ずーとや」とのことでした。

歯磨圧に問題はあるもののとりあえず歯磨剤をやめれば歯の磨り減りはなくなります。


  上顎左の側切歯(正面右の歯)のむし歯を主訴として来院 著しい楔状欠損が見られる


   私の歯です この30年余歯磨剤は使っていません 歯の表面の凹凸がそのまま
   残っています


              歯磨剤による歯面の引っかき傷と磨り減り


  歯磨剤を使わないためステインが付いているものの 歯面の凹凸が磨り減らずに
  残っている

楔状欠損をよく観察すると歯髄(神経)が透けて見えてました このままでは歯髄炎の恐れが

あるのでコンポジットレジンで充填することにし すり減りが歯肉の下まで進んでいたので 

レーザーメスで歯肉を切り歯髄を保護する薬剤をつけて充填しました


                  歯髄が透けて見えている


                 レジン充填が終わったところ

歯のためにいいと思ってやっていたことが結果として歯をすり減らすことになってしまいました このようなことはぜひとも避けていただきたいと考えています


  
ノンペースト・ノンウオーター http://www.yamadashika.jp/prevent08.html#04
| 山田 豊和 | オーバーブラッシング | 11:53 | - | - |
ステイン(茶渋)
テレビCMでも最近流されていますが、歯にステイン(茶渋)がつくことが良くあります、これは食物や飲み物の色素が歯にくっついたものです。

プラークではありませんからくっついていても歯肉や歯を悪くすることはありません、とは言うものの見た目がよくないので取って欲しいとおっしゃる方が良く来られます。

しかし原因は歯磨きが不十分だからで毛先の当たってないところによくくっつきます、もし歯磨きが以前のままなら取ったとしてもその日からまたくっつき始めます。

ですから先に歯磨きの練習をして歯磨きが上達してから取ってやれば二度とくっつく事はありません。

このような理由で私どものところでは歯磨き練習を先ずお勧めいたしております、また歯磨きが不十分な方は往々にして歯周病になっている事がよくあります。

歯周病を治さないでステインを取ったり歯石を取ると出血があったり痛みもあります、運が悪ければ知覚過敏になることさえあります。

いずれにしても歯磨きが上手になって歯周病を治してから取った方が良いと考えています。


                  ステインを取る前 


                     ステインを取った後
       
山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | ブラッシング | 16:24 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ