blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
エナメル質の白濁と裂溝の着色
3歳の男の子です、3歳児検診に行ったときむし歯がありそうだから診てもらって下さいといわれたとのことでお越しになりました。

拝見したところ上顎乳切歯歯頚部に白濁、上顎第一乳臼歯の裂溝に着色が みられました、このままでは穴が開いてくるのでお菓子を減らすようにお伝えしました。

また仕上げ磨きをしているようなので今日から止めるようにお伝えしました、仕上げ磨きは歯磨きする意欲をなくしてしまいます。

これではいつまで経っても歯を磨き続けなければなりません、歯磨きをする意欲を育てるためには仕上げ磨きはよくありません。

お菓子は一日一種類一個にしてもらって、歯磨き練習を始めることになりました。


                  12月24日 エナメル質の白濁


                       左上Dの着色(鏡像)


                      右上Dの着色(鏡像)



むし歯ができてしまったら http://www.yamadashika.jp/prevent.html#03
| 山田 豊和 | むし歯の観察 | 16:52 | - | - |
転位歯

28歳の女性の方です、むし歯の治療を希望されてお越しになりました。

拝見すると、左5番が頬側転位していて遠心がむし歯になっていました、上顎とほとんど咬合していないので今後のことを考えると抜歯して歯磨きが簡単に出来るようにしておくのがいいので抜歯をお勧めいたしました。

了承していただいたので抜歯しました、抜歯後に少し隙間が開きますがうまく行けば自然に閉鎖するかもしれません、見た目にもわからないのでそれほど気にならないと思います。


             頬側転位していて遠心にむし歯が透けて見えている


            抜去歯牙の近心側 エナメル質の白濁が見られる


               抜去歯牙の遠心側 むし歯ができている

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 転位歯 | 11:56 | - | - |
飲み物によるむし歯

3歳の女の子です、3歳児検診でむし歯が見つかったとのことでお越しになりました。

拝見すると上顎乳中切歯にむし歯ができていました、上顎前歯のむし歯はは甘い飲み物の飲みすぎが原因です。

甘い飲み物についてお尋ねしたところカルピスを飲んでいるとのことでした、本人に聞いてみるとりんごジュースやみかんジュースも飲んでいるそうです。

おそらく飲んでいる量が多かったためむし歯になったのだと思います、むし歯を作らない範囲にまで減らすことが必要です、お菓子は一日一種類一個にしたほうがいいこともお伝えしました。

おやつの時間を決めて親が決めた量を与えるようにしていただくといいと思います、お菓子を食べながら遊びまわるようなことは避けていただいたほうがいいでしょう。

このような食生活に軌道修正出来れば乳歯のむし歯が進行停止します、また永久歯むし歯ゼロも実現可能です、周り人たちの協力が必要です。

またお母さんはこの3月に二人目を出産する予定だそうです、是非3歳まではお菓子を与えない育児をしていただきたいと思います、そうすれば甘党にもならないので何でも好き嫌いなくパクパク食べる味覚に育ちます。

このような育児をなさると一生むし歯ゼロが実現可能となります、がんばっていただきたいと考えています、この日から早速歯磨き練習を始めました。


                上の前歯にむし歯ができてしまいました


   右側乳犬歯にもむし歯ができていた その手前の歯も付け根が白濁してきていた


                       反対側の乳犬歯


                右下の乳臼歯 むし歯になっていた


                          左下乳臼歯

エナメル質の白濁(脱灰) http://yamadashika.jugem.jp/?cid=62

| 山田 豊和 | むし歯の観察 | 02:37 | - | - |
プラークとエナメル質の白濁
Nちゃん 9歳の女の子です。

土曜日にむし歯の検診を主訴として来院なさいました。

お口の中を拝見すると多量のプラークが付着していました、手鏡で見てもらいこのままではむし歯になるので磨き落とせる技術の習得が必要なことを説明して、歯磨き練習をはじめることにしました。

このようにプラークが付着しているとフッ素塗布もキシリトールも全く役に立ちません、まず磨ける技術の習得が必要です。

そしてプラークの原因であるお砂糖の食べすぎにも気をつけることが大切です、間食が多いとしつこいプラークになることがわかっています。

このようなプラークは落とすのが大変です、お菓子は一日一種類一個がいいと考えていますもう少し減らせるとずいぶんお口の中の様子が変わってくるでしょう。


              プラークがどっさりくっついています


  右上の側切歯 エナメル質の白濁が始まっています 治療の必要はありませんが
  このままの状態が続くとやがて茶色くなって穴が開いてむし歯になってしまいます


             左上の側切歯 同じようにエナメル質が白濁している


              右上第一大臼歯(鏡像) この歯も白濁している


            左上第一大臼歯(鏡像) 左右ともシーラントをしました

エナメル質の白濁 http://www.yamadashika.jp/prevent04.html#a03
| 山田 豊和 | エナメル質の脱灰 | 09:18 | - | - |
プラークの付着と歯肉炎
S君中学二年生です、昨日学校検診でプラークと歯肉炎を指摘されて来院なさいました。

お口の中を拝見するとプラークがたくさん付着しており歯肉炎になっていました、野球部の部員でショートを守っているとのことでした。

飲み物についてお聞きしたところ、スポーツ飲料を多量に飲んでいるとのことでした、このままではむし歯にしてしまうのでやめたほうがいいことをお伝えしました。

運動部の指導者によってはスポーツ飲料を勧める方がいらっしゃいますがスポーツ飲料にはおよそ7%の砂糖が含まれています。

コップ1杯くらい飲む分には問題ないのですが、この暑さでは飲む量は半端ではありません結果として多量のお砂糖を摂取することになります、気をつけていただいたほうがいいと考えています。


              多量のプラークの付着と歯肉炎が認められます


           いつもこれ位磨けていると歯肉炎はすぐに治ってしまいます

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
エナメル質の白濁 http://www.yamadashika.jp/prevent04.html#a03
| 山田 豊和 | ブラッシング | 09:45 | - | - |
永久歯先天性欠損
Kくん5年生です昨日検診にお越しになりました、むし歯は無かったのですが永久歯が7本足りません。

小臼歯が右上に一本だけあってその他の小臼歯が先天的に7本欠損しています。

お父さんも何本か足らないそうです、どのようにしてこれを補うかかなり考えなければならないと思います。

幸い第二大臼歯が四本そろっているのでこれで親知らずが出来てくれれば矯正をして何とかなるかも知れません、これからの課題です。

それにしても歯磨きが十分出来ていないのでこの状態で矯正治療を始めたら、むし歯になりそうでいささか心配です、とりあえず歯磨き練習を再開することにしました。


   右上(向かって左)に一本だけ小臼歯があります (3年生のときのレントゲン)


                 プラークが付着しています


プラークを落としたところ 少しエナメル質の白濁が起きています このままではむし歯になってしまいます

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
エナメル質の白濁 http://www.yamadashika.jp/prevent04.html#a03
| 山田 豊和 | 歯数の異常 | 12:26 | - | - |
エナメル質の白濁
ユキちゃん6年生、2年半ぶりの来院です。検診を希望されてお越しになりました。お口の中を拝見するとプラークが積もっていました、これでは大変です。早速歯磨き練習を再開することにして、本人に現在のプラークの状態を見てもらいました。そしてプラークをおとして、エナメル質が白濁して、一部変色し始めていることを説明しました。しかしきれいに磨いて、お菓子の食べすぎをしなければ、元どおりになることもお伝えしました。


                     堆積したプラーク


  プラークの下でエナメル質の白濁(脱灰)が起こっていた、一部変色も始まっている

元どうりになるのを再石灰化といいます、唾液はカルシュウムの飽和溶液なので条件を整えてやれば再石灰化してきます。この条件とはプラークが付着していないことと、お菓子の食べすぎがないことです。

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | ブラッシング | 13:11 | - | - |
エナメル質の白濁
Aちゃん高校一年生 顎が痛いのとむし歯の検診を希望されてお越しになりました。

軽い顎関節症だったのでかみ合わせの調整をしてから、お口の中を拝見すると磨き残しがあったので、プラークを除去してみるとエナメル質が白濁していました。

これはごくごく初期のむし歯なのでこのまま放置すると茶色くなってやがて穴が開いてしまいます、甘いものに気をつけてきれいに磨くようにお伝えして、歯磨き練習を再開することにしました。

またこの白濁はお菓子を控えて、きれいに磨いておれば自然治癒(再石灰化)して元の色に戻ることが知られています。


     左の中切歯(右から二番目)の歯の付け根にエナメル質の白濁が見られます

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | エナメル質の脱灰 | 06:50 | - | - |
エナメル質石灰化不全(ホワイトスポット)
歯の色が正常と異なって生えてくる場合があります、原因はさまざまです。

よく知られているのに斑状歯があります、高濃度のフッ素を含む飲料水を使用していると発生することが知られています。

兵庫県宝塚の例では簡易上水道を使用したのが原因といわれています、またわからないものもあります、見た目が著しく悪い場合は対応が必要でしょう。


 歯の角の部分に白いところがありますが石灰化不全です 原因はよくわかりませんが
 歯が石灰化(硬くなるとき)するとき何らかの原因でうまくいかなかったと考えられ
 ます

ホワイトスポットではありませんがエナメル質の白濁について http://www.yamadashika.jp/prevent04.html#a03
| 山田 豊和 | 歯の色の異常 | 14:02 | - | - |
ポカリスエットによると思われるエナメル質の白濁
N君中学1年生です。

前歯が欠けたとの事で2年ぶりの来院です、中学生になってバレー部に入部したそうです、夏休みになって毎日練習でポカリスエットを持っていったとのことでした。 

お母さんはスポーツ飲料は歯によくないと以前私に言われたことを覚えていたので倍に薄めて持たせていたそうです、しかし毎日1L(薄めてあるので2L)飲んでいたそうです。

お母さんいわく「部活の顧問の先生が水では脱水を防げない」といっていたので、そんなものかと思って持って行かせたとのことでした。

幸いN君は3歳から私のところで歯磨き練習をしていたので歯磨きは大変上手だしお母さんも薄めて持たせたとの事だったのでこれくらいの白濁ですみましたが・・・・、同級生は虫歯が出来たといっているそうです。

毎日2Lのポカリを飲んだとするとポカリだけで140gの砂糖を摂取したことになります、これでは虫歯が出来ないはずはありません。

ましてや歯磨きがうまくなければお口の中でむし歯の養殖をしているようなものです、ぜひこのあたりを指導者に理解していただきたいものです、虫歯になってからでは遅すぎます。


      歯の付け根のあちらこちらに白濁があります(欠けたところは治療済みです)


       歯はぴかぴかに磨けています しかし右下の小臼歯に白濁が出来ています

エナメル質の白濁
エナメル質からカルシュウムだ溶け出すと(脱灰といいます)最初はこの写真のように白くなってきます(白濁といいます)ついで茶色く着色してきます そして穴があいていわゆるむし歯になります 白濁ののうちに気づいてお砂糖を減らし きれいになるまで歯磨きをしてお口の中の環境を改善してやれば白濁は再石灰化し元どおりきれいに治ることが知られています

むし歯の出来ない砂糖の量 http://www.yamadashika.jp/prevent05.html
| 山田 豊和 | エナメル質の脱灰 | 20:06 | - | - |
スポーツ飲料に気をつけてください
3歳から通ってこられていたY君が歯科検診の用紙を持ってやってきました。

今は中学1年生の野球部員です、一家全員巨人ファンでおにいちゃんも野球をやっているそうです 、お母さんのお話では何でもスポーツ飲料を1.5Lとお茶を1.5L毎日飲むそうです。

お母さんも大丈夫かなと心配はしつつこの炎天下汗をかくからしょうがないと思っていたそうです。

ところが学校が違うお兄ちゃんはスポーツ飲料は余り飲まないそうで、学校でもよくないといっているそうです。

指導者によって考え方の違いはあって当然ですが少なくともお砂糖の取りすぎは歯にはよくありません、スポーツ飲料1.5Lでお砂糖はおよそ100g入っています。

早速スポーツ飲料をやめてもらい歯磨きの練習を始めました、早期発見早期指導です。

  
        甘いものの摂取量が多い時に見られる取れにくいプラーク
                         

                プラークをとった後のエナメル質の白濁


                  拡大したところ 歯肉炎も併発しています

私どもの歯科医院で小学生の間むし歯ゼロで来れても中学校に入って運動部に入ってスポーツ飲料を飲むようになりむし歯を作ってしまう方が時々おられます。指導者からスポーツ飲料を勧められればなかなか断ることはできません、しかし自分の健康を守るのは自分です健康を害してまでスポーツをするのはちょっと問題です。



山田歯科HP http://yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 予防歯科 | 17:29 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ