blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
冠を被せました

事故で両側中切歯を折ってしまった方です、根管治療とエクストルージョンが終って歯肉が落ち着いたのでジルコニアクラウンを被せました。

 

             2019年8月3日

 

       2019年8月3日 ジルコニアクラウン装着

 

   

         2017年9月29日 初診時

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3571

 

 

| 山田 豊和 | 短根歯 | 17:07 | - | - |
抜きたくない

40歳の男性の方です、右上1番の冠がが脱離してお越しになりました。

 

抜きたくないとのことでしたが歯根の屈曲やパーフォレーションも認められたので一度はお断りしましたができるだけのことはやってみるのでそのあたりは理解していただくという事でお引き受けしました。

 

 

         2019年3月30日 初診時

 

 

     2019年5月18日 エクストルージョン開始

 

            2019年5月18日

 

            2019年5月18日

 

            2019年5月8日

 

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3681

 

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:40 | - | - |
抜歯せずに差し歯を作りなおしたい

29歳の男性の方です、もともと交通事故で(折れた?)右側前歯をオールセラミックで治してあったそうです、ところが食事の時差し歯が折れて応急処置で接着剤で止めてもらったが歯根破折しているため抜歯する必要があるといわれたとのことでした。

 

コアを除去したところ破折が確認できましたが通常物を咬んだくらいで歯根破折するとは考えにくいので交通事故の時ひびが入っていたのではないかと推測しました。

 

何はともあれ治すという事で通常通り抜歯の上接着して再植するのでエクストルージョンを始めました。

 

              2019年5月11日 

 

   

             3月12日 初診時

 

   

        5月11日エクストルージョン開始時

 

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3662

| 山田 豊和 | 力による破折歯の接着再植 | 14:16 | - | - |
接着再植を行いました。

接着再植をすべくエクストルージョンをしていた方です、予定通り出てきたので抜歯して接着の上再植しました。

 

     2019年4月19日 エクストルージョン後(鏡像)

 

              唇面観

 

               抜歯

 

             接着前処理

 

                接着

 

             再植(鏡像)

 

 

           2019年4月19日 術後

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3648

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 09:54 | - | - |
いい状態です

67歳の女性の方です、感染根管で歯頚部にむし歯が認められたため冠を外しコアもはずして根管治療、エクストルージョンをして治した方です、短根歯だったため1年ぶりにレントゲンを撮らせていただきました、問題はありません。

 

            2019年4月8日

 

 

         2018年2月15日 治療前

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3569

| 山田 豊和 | 短根歯 | 13:11 | - | - |
抜きたくない

54歳の女性の方です、2019年3月9日の夜中に歯が割れたとのことです、接着修復を希望されてお越しになりました。

 

拝見したところ力による破折と考えられます、抜歯を容易にするためエクストルージョンを始めました。

 

        2019年4月3日 破折の様子(鏡像)

 

          エクストルージョン開始(鏡像)

 

           

           2019年4月3日 冠除去前

 

      

                4月3日

 

力による破折 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3441

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 16:13 | - | - |
問題ありません

定期検診にお越しになりました、特別問題はありません、エクストルージョンをして歯根が短い右下も問題なく使えているようです。

 

            2019年2月5日

 

  

      2013年12月28日 ジルコニアクラウン装着時

 

              2019年2月5日

 

   

             2013年10月18日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3429

| 山田 豊和 | 短根歯 | 10:09 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました

感染根管が原因の歯根嚢胞から歯槽膿瘍になった方です、メタルコアを除去して根管治療をやり直しました。

 

歯根のマージンが歯肉縁下になっていたためエクストルージョンをしてジルコニアクラウンを被せました、有効な歯根長が6mm位ですがこれくらいあれば問題なく使えます。

 

             2018年12月29日

 

    

     2018年12月29日 歯根嚢胞の治癒傾向が認められる

 

    

               2018年7月21日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3610

| 山田 豊和 | 歯根嚢胞  | 10:26 | - | - |
残すには難しい

48歳の女性の方です、できるだけ抜歯は避けたいとのことでお越しになりました、左上3番が深いむし歯で歯根長がむし歯の部分を含んで実測で16mmしかありません、残せれば補綴の設計には有利なので根管治療をして保存することになりました。

 

2018年2月20日 むし歯が骨レベルより1mm強深いところまで到達している

 

         3月5日 根管充填

 

   

       3月5日 エクストルージョン開始

 

       5月1日 エクストルージヨン終了

 

     8月1日 ファイバーコアビルドアップ

 

 

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

 

| 山田 豊和 | 短根歯 | 16:17 | - | - |
エクストルージョンが終りました

根管治療から始まってやっと2本ともエクストルージョンが終りました、次はファイバーコアを築造していよいよ仮歯の装着です。

 

そのあと歯磨き練習をして歯肉がよくなればジルコニアクラウンを作ります。

 

         2018年12月8日 固定終了

 

         2018年12月8日 破断面(鏡像)

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3571

| 山田 豊和 | 短根歯 | 17:38 | - | - |
固定が終りました

   

        2018年11月30日 固定終了 骨ができている

 

   

        2018年10月30日 エクストルージョン終了時

 

11月30日 次回ファイバーコアを築造してジルコニアの印象を採ります

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3593

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3634

| 山田 豊和 | 短根歯 | 17:34 | - | - |
久しぶりの難症例

67歳の男性の方で右上6番をエクストルージョンしていた方です、エクストルージョンしているときに歯根破折が見つかりました、抜歯はしたくないとのことだったので接着修復しました。

 

折れたのが口蓋根だったので接着するのが大変でした。

 

          2018年11月27術前(鏡像)

 

                  抜歯

 

                接着前処理

 

                  接着

 

                トリミング

 

                  近心根尖側

 

                 遠心根尖側

 

                 再植(鏡像)

 

同じような症例機http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3540

同じような症例供http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2281

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 11:10 | - | - |
むし歯が深い

71歳の男性の方です、右上1番2番が連結してあったのでご本人は気づいていなかったのですがむし歯が進行して歯根が短くなっています。

根管治療のあとエクストルージョンをして保存することになりました。

 

          2018年9月27日 治療前

 

          2018年10月5日 根管充填

 

     2018年10月9日 エクストルージョン開始

 

     2108年10月23日 エクストルージョン終了

 

現在は右側1番の根管治療中です。

 

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3627

 

| 山田 豊和 | 短根歯 | 13:44 | - | - |
コアを抜いて根管治療

32歳の女性の方です、上顎前歯の左右2番にメタルタトゥーがるとのことでお越しになりました、これはレーザーで簡単に取れるので心配ありませんが、上顎左右2番に根尖病巣があったので左上2番から根管治療をする事になりました。

 

         2018年2月16日 初診時

 

         2018年6月9日 左上2番根管充填

 

  

      2018年9月8日 左上2番エクストルージョン終了

 

     2018年10月27日 外したメタルボンドクラウン

 

         2018年11月2日 右上2番コア除去

 

         2018年11月2日 外したメタルコア

 

      2018年11月2日 右上2番メタルコア除去

 

 

 

感染根管治療 http://www.yamadashika.jp/infection.html

| 山田 豊和 | コアを除去しての根管治療 | 11:16 | - | - |
エクストルージョン終了

10月17日からエクストルージョンをしている方です、予定していた量が出てきたので終了しました、この後骨ができるまで1カ月固定します。

 

 

       10月30日 エクストルージョン終了

 

  

      2018年10月30日 エクストルージョン終了

 

 

  

       10月17日 エクストルージョンスタート

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3585

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3610

 

| 山田 豊和 | 短根歯 | 14:50 | - | - |
歯があまり残っていません

53歳に女性の方です現在下顎右下7番の近心根をエクストルージョンしている方です、この間に右上5番を治すことになってレジンコアをはずしたところかなりひどいむし歯で歯肉縁上には歯がありません。

 

骨は十分あるのでインプラントをすれば簡単に補綴できますが、抜歯せずに根管治療をしてエクストルージョンをすれば残せるので本人の希望もあり根管治療を始めました。

自分の歯に勝るものはありません。

 

          2018年9月8日 治療前

 

        10月26日 コア除去した所(鏡像)

 

           10月26日 根管長測定

 

 

右下7番近心根 エクストルージョン中 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3583

| 山田 豊和 | 根管治療 | 15:55 | - | - |
エクストルージョンを始めました

急性炎症が発現しなかったのを確認して歯根面が歯肉ぎりぎりだったのでエクストルージョンを始めました。

 

       10月17日 エクストルージョン開始

  

    

               10月17日

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3581

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3593

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 10:29 | - | - |
癒着かもしれない

53歳の女性の方です、右下7番の遠心根が分割抜歯してあって近心根と8番でブリッジにしてあったそうです。

 

今年の1月に外したところ抜歯してインプラントか入れ歯を勧められたそうですが抜きたくないとのことでお越しになりました、近心根の遠心部分がむし歯になっていたためエクストルージョンをしてから治療する事を計画しました。

 

9月28日からエクストルージョンを開始しましたが10月12日の時点では引きあがったのは確認できませんでした、動揺があるので癒着の可能性は低いのですがもう2週間牽引してみることになりました。

 

      2018年9月28日 エクストルージョン開始

 

          2018年9月28日 初診時

 

        2018年9月28日 牽引装置装着

 

      10月12日 動いていない 歯根膜腔が見えない

 

 

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

 

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:25 | - | - |
MTAがはみ出した

2018年7月21日に左上2番の急性歯槽膿瘍でお越しになった方です、根管治療が終わったのでMTAで根管充填をしました、この後エクストルージョンをして歯肉縁上に健康な歯質を確保したうえでファイバーコアを築造して冠を被せる予定です。

 

2018年10月3日 MTAセメントが根尖から少し出てしまった 生体親和性がいいので問題にはならない

 

          2018年7月21日

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3566

その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3585

| 山田 豊和 | MTAセメントによる根管充填 | 09:29 | - | - |
矯正用インプラントを使った歯牙の牽引

67歳の男性の方です、右上6番にむし歯ができていました、冠を外してみるとむし歯が歯肉縁下まで及んでいたので矯正用インプラントを使ってエクストルージョンを始めました。

 

      2018年9月26日 近心の冠の下にむし歯が見つかった

 

               2018年10月1日

 

              2018年10月1日

 

 

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 16:18 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました

歯頚線をそろえるためにエクストルージョンをした方です、きれいにそろったのでジルコニアクラウンを被せました。

 

             2018年8月27日

 

        2018年3月20日 牽引スタート時

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3550

| 山田 豊和 | 短根歯 | 09:57 | - | - |
エクストルージョン終了

事故で歯を折ってしまった方です、歯肉縁下で破折していたのでエクストルージョンをしていました。

 

         2018年7月13日 エクストルージョン後

 

          2018年5月18日 エクストルージョン前

 

  

     2018年7月13日 エクストルージョンクストルージョン後

 

     2018年5月8日 根管充填時(エクストルージョン前)

 

 

 経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3534

| 山田 豊和 | 短根歯 | 11:57 | - | - |
左上1番も牽引を始めました

   2018年6月30日 左側1番エクストルージョンスタート

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3521

この後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3571

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:55 | - | - |
エクストルージョン終了

舌側の歯肉を切除して2カ月間骨の添加を待ちます。

 

         2018年5月23日 エクストルージョン終了

 

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3530

| 山田 豊和 | - | 18:55 | - | - |
エクストルージョンを始めます

根管治療が終わったのでエクストルージョンを始めます。

 

          2018年5月18日 牽引装置装着前

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3526

| 山田 豊和 | 外傷 | 18:49 | - | - |
根管充填を終えました

次回からエクストルージョンを始めます。

 

            2018年5月8日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3517

| 山田 豊和 | 外傷 | 13:25 | - | - |
歯肉の回復

44歳の男性の方です、コアごと冠が外れて再根管治療することになりMTA根管充填まで終了しました、マージンが歯肉縁下で歯頚線も反対側と揃っていません、エクストルージョンをして回復させます。

 

              2018年5月1日

 

              2018年5月1日

 

  

               2017年11月22日

 

  

               2018年5月1日

 

 

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 短根歯 | 15:14 | - | - |
反対側の根管治療

右側1番のエクストルージョンが終ったので左側1番の根管治療を始めました。

 

4月28日(鏡像) 右側と同じように歯肉縁下深いところで破折している

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3486

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 13:23 | - | - |
歯頚線が下りてきた

    2018年4月24日 左上1番の歯肉の位置も気になります

 

          2018年3月20日 牽引スタート時

 

            2018年4月24日

 

     2018年3月20日 エクストルージョン開始時

 

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3506

| 山田 豊和 | 短根歯 | 11:59 | - | - |
問題ありません

歯根外部吸収を起こした右上2番をエクストルージョンして保存し2012年12月にジルコニアクラウンを被せた方です、問題はありません。

 

            2018年4月6日

 

  

             2018年4月6日

 

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3092

| 山田 豊和 | 短根歯 | 14:23 | - | - |
深いところで割れていた

牽引を続けていて3月23日にレントゲンを撮ったところ根尖9mm位のところまで破折線が認められたのでエクストルージョンでは保存は困難だと判断して抜歯しました。

 

     

       3月23日 クラックが深くまで認められる

 

        根尖近くまで破折していた

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3502

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 09:28 | - | - |
歯頚線をそろえる

上顎右測1番の歯頚線がそろっていません、補綴するに当たってそろえることになり、根管治療が終わったので牽引を始めました、歯根長が短いので牽引する量を慎重に決めなくてはなりません、とりあえず2.5mm引っ張り上げることにしました。

 

       2018年3月20日 エクストルージョン開始時

 

       2018年3月20日 エクストルージョン開始

 

 

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 短根歯 | 10:37 | - | - |
かなり深いところで割れているようです

破折部位を特定するためにエクストルージョンをしている方です。

 

牽引を始めて4日になります、どうもかなり深いところで割れているようです。

 

        2月27日 ヒビが開いてきた

 

 

              2月23日

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3498

 

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 19:37 | - | - |
力による歯根破折

69歳の女性の方です、右上3番が歯根破折を起こして抜かずに治療してもらったがこれでいいかとのことでお越しになりました。

 

冠を外したところ破折は確認できたのですがどこまで破折しているかはっきりしなかったためエクストルージョンをして場所を特定してから残すという事で治療を始めました。

 

     

   2018年2月15日初診時 近心に気になる陰影があります

 

          2018年2月23日(鏡像)

 


            2018年2月23日

 

 

力による破折 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3441

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 13:54 | - | - |
エクストルージョン

根管充填が終ったのでエクストルージョンを始めました。

 

        2017年11月27日 根管充填

 

      2017年12月6日 エクストルージョン開始

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?day=20171121

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 00:16 | - | - |
半年前根元から折れた

38歳の男性の方です、半年前右下6番が根元から折れたそうです、何とか残したいとのことでお越しになりました。

 

結構ひどい状態で近心根は保存不可能、遠心根なら意図的再植の手法を使って歯の再建をすれば残せそうなのでやってみることになりました、最終的にブリッジになるので歯根表面積が少ないため十分咬めないと思います。

 

         2月3日咬合面観(鏡像)

 

    2月3日 エクストルージョン開始(鏡像)

 

 

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 14:32 | - | - |
歯肉炎

20歳の女性の方です、左下7番のむし歯がひどくなってしまったのでどんな治療法があるか知りたいとのことでお越しになりました、エクストルージョンが必要ですが根管治療をすれば保存できます。

 

歯肉炎があるので治るめどがついてから治療をすることになり早速歯磨き練習を始めました。

 

            2018年1月31日

 

              初診時

 

 

歯周病 http://www.yamadashika.jp/perio.html

| 山田 豊和 | ブラッシングの威力 将 | 12:31 | - | - |
エクストルージョンを始めました

転倒して上顎左右1番を折った方です、左上1番のMTA根管充填が終ったのでエクストルージョンを始めました。

 

         歯肉縁下約6mmで破折している。

 

             牽引装置装着

 

               唇側面観

 

  

         2018年1月20日 牽引開始

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3478

| 山田 豊和 | 歯冠破折 | 13:29 | - | - |
いずれインプラントか入れ歯

41歳の男性の方です、今年の2月転倒して上顎中切歯2本を折ってしまったそうです、治療はしてもらったもののいずれ抜歯になってインプラントか入れ歯になると言われたそうです。

 

拝見した所エクストルージョンをすれば保存は可能なので根管治療から始めることになりました。

 

   

          2017年9月29日 初診時

 

            2017年12月27日

 

   2017年12月27日(鏡像) 歯肉縁下6mm位で折れていた

 

   

          2017年12月27日 MTA根充

 

 

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 19:19 | - | - |
抜きたくない

33歳の男性の方です、他医で抜歯になると言われたが抜きたくないとのことでお越しになりました。

 

レントゲンではむし歯が深くこのままでは残せそうもありません、5番は有効な歯根長が約8mm、6番は近心約7mm遠心約8mmです、エクストルージョンをすればぎりぎり残せそうなのでお引き受けすることにしました。

 

           2017年11月21日初診時(鏡像)   

 

  

              2017年11月21日

 

 

根管治療 http://www.yamadashika.jp/infection.html

    

| 山田 豊和 | 短根歯 | 17:00 | - | - |
エクストルージョンを開始しました

57歳の男性の方です、歯牙の実質欠損が歯肉縁下まで進んでいるので矯正用インプラントを使ったエクストルージョンを始めました。

 

           5月10日

 

 

 

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 18:09 | - | - |
いい状態を維持できてます

エクストルージョンをして2013年12月にジルコニアクラウンを装着した方です、いい状態を維持できています。

 

           2017年4月28日

 

        2013年12月28日 装着時

 

          2017年4月28日

 

          2013年10月18日

 

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2973

 

 

 

 

 

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 13:45 | - | - |
取れちゃいました

2012年左上4番を意図的再植の手法で根尖病巣を除去した方です、他医で割れていると言われたとのことでお越しになりました。

 

頬舌側に歯根破折が認められファイバーコアが取れかかっていました、レントゲンでは近心側に骨吸収があり歯根外部吸も疑われました。

 

保存することになり次回からエクストルージョンをして吸収した骨の回復を図ります。

 

   2017年3月18日 コアごと取れてしまった

 

         1017年3月18日

 

この方は昨年8月この歯が歯槽膿瘍になり切開排膿してその後歯根端切除を行い良くなりやれやれだったのですが今回はコアごと外れてしまい治療のやり直しになってしまいました。

 

 2016年7月9日 歯根外部吸収を思わせる所見あり

 

 

歯根外部吸収 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=146

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2674

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 14:25 | - | - |
やっと被せることができました

2016年3月に交通事故で前歯を折ってしまった方です、エクストルージョンや歯肉炎の治療、色合わせと時間はかかりましたがきれいな歯を被せることができました。

 

        2017年2月24日

 

      2016年3月12日初診時

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3389

| 山田 豊和 | 短根歯 | 10:07 | - | - |
歯根の水平破折

36歳の男性の方です、20年ほど前に歯根を折ってそのままにしていたところ膿が出ているとのことでお越しになりました。

 

レントゲンでは歯の真ん中あたりで破折しているのが確認できました、残った歯根長が短いので余裕はありませんがエクストルージョンをして保存することになりました。

 

 

      2016年7月2日 初診時

 メタルコアの先端付近に横方向の破折線が認められる

 

         2016年11月5日

 

      2017年1月21日 牽引終了時

 

     2017年2月18日 固定終了時

 

      2017年2月18日 固定終了時

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 短根歯 | 12:47 | - | - |
ジルコニアクラウンを仮着しました

昨年3月交通事故で歯を折った方です、エクストルージョンをしてファイバーコアののちジルコニアクラウンを仮着しました、これで問題なければ装着となります。

 

          2017年1月20日

 

          2016年3月12日 初診時

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3377

| 山田 豊和 | 外傷 | 15:19 | - | - |
歯肉が不ぞろいです

エクストルージョンを終えて仮歯を装着して歯肉が成熟するのを待っている方です、歯肉が不ぞろいなので切除しました。

 

 2016年10月8日 歯肉の成熟にはもう少し時間がかかりそうです

 

       2016年3月12日 受傷時

 

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3377

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 14:17 | - | - |
エクストルージョンを始めました

42歳の才の女性の方です、左上1番の根管充填が終わりエクストルージョンを始めました。

 

       2016年10月5日 牽引装置装着前

 

              咬合面観

 

             牽引装置装着

 

              仮歯装着

 

 

 

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 13:15 | - | - |
エクストルージョン

交通事故で左上を折った17歳の女性方です、抜髄も終わってエクストルージョンをしてMTA根充が終わりました、現在は仮歯を入れて歯肉の経過を見ているところです。

 

          2016年3月12日受傷日

 

      3月19日 抜髄根管形成を終えた

 

       7月1日 エクストルージョンを開始

 

 8月20日 エクストルージョンを終了して骨の添加も認められた

 

         8月20日 MTA根管充填

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3349

 

| 山田 豊和 | 外傷 | 16:00 | - | - |
牽引を始めました

45歳の男性の方です、左上2番のむし歯が深いため残すにはエクストルージョンが必要です、残すことを希望されたので牽引装置を装着しました。


                      1月16日


                     1月16日 牽引開始


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
 

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:41 | - | - |
問題ありません

2010年に歯が折れてエクストルージョンをして根管治療の後ジルコニアクラウンを被せた方です、歯根が短くなっていますがなんら問題なく使えています。


                       2015年3月14日


                       2015年3月14日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1855

| 山田 豊和 | 歯牙の破折 | 09:30 | - | - |
歯肉の回復

40歳の女性の方です、右上の1番が歯根破折を起こしていたため8月21日に接着再植を行いました。

破折部の感染がひどかったため歯肉が大幅に退縮してしまいました、、歯肉の回復を図るためエクストルージョンを行います。


                      8月30日 抜糸時


                        10月25日


                        11月22日


                        11月22日


                      7月23日 初診時


                   10月25日 術後約2ヶ月


                          11月22日


                11月22日 エクストルージョン開始



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 13:01 | - | - |
問題なく使えています
さる医療機関で歯根端切除を行って補綴してあった左上1番が歯頚部歯肉縁下で歯根外部吸収を起こしたため抜歯するしかないといわれた方です。

歯根が短くなるが残せる可能性はありそうということでお引き上しました、エクストルージョンを終えて骨のリモデリングを待ってジルコニアクラウンを装着しました。

固いものを噛み切ることは出来ませんがインプラントを避けられてよかった仰ってます。


                    11月15日 検診の折


                        11月15日




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2841
| 山田 豊和 | 短根歯 | 09:56 | - | - |
メタルコアの除去とファイバーコアビルドアップ

44歳の男性の方です、私が左下4番を2010年の2月に抜髄管充填をしてエクストルージョンののちその4月にメタルコアを装着して仮歯を被せていました。

このたびそれをはずしてファイバーコアに入れ替えることになったためメタルコアを除去することになりました。

仮歯も磨り減ってメタルコアが頭を出しているような惨めな状態でした、根管充填は申し分ありませんが何しろコアが長いので少々時間はかかりましたが無事除去することが出来ました、次回ファイバーコアをビルドアップします。


                      8月26日 除去前


                           除去中


                         除去したメタルコア


                    2010年2月17日 根管充填時




ファイバーコア http://yamadashika.jugem.jp/?cid=139

| 山田 豊和 | ファイバーコア(支台築造) | 15:18 | - | - |
治療方針変更

歯が割れて抜歯することになるといわれた方です、エクストルージョンをして修復することにしていたのですが破折していた位置が歯肉縁下6mmくらいの位置だったので、歯根長が短いため色々検討した結果2mm位がエクストルージョンの限界と考えられるので結局意図的再植の手法を使って修復することになりました。



                 6月17日 フィステルが治癒した


                        6月4日 初診時



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3090

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 18:03 | - | - |
問題なく使えているようです
歯根外部吸収を起こした右上2番のエクストルージョンをして保存し2012年12月にジルコニアクラウンを被せた方です。

別件でお越しになったのでレントゲンを撮らせていただきましたが問題はありません、ゴム咬み試験でもよく咬めていることも確認できました。

歯根長が短いので歯周病になったら余裕はありませんがそれさえ気をつけていただければ十分使えます、いい機会なので今回も歯磨き練習のおさらいを始めました。


                           6月4日


                            6月4日


                    2012年7月 根管充填時




経過  http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2710
| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 13:15 | - | - |
歯が割れた
45歳の女性の方です、左上5番の歯が食事中割れてしまって歯医者さんへ行ったところ片一方を抜かれてしまいもう一方も抜歯して入れ歯かインプラントにするしかないといわれたとのことでお越しになりました。

拝見したところ歯冠が近遠心的に破折していて歯髄壊死を起こし頬側歯肉にフィステルが出来ていました。

レントゲンでは根尖病巣があり歯根長も長くはありません、条件としてはかなり厳しい状態ですがエクストルージョンをすれば何とか保存できそうなのでお引き受けすることになりました。

また歯肉切除をして破折の様子を調べた所歯肉縁下約6mmで破折していて近心側にクラックを認めましたが接着が必要かどうかまでは判断できませんでした。

とりあえず根管治療を始めてそのあとエクストルージョンをすることになります。


                     6月4日 初診時(鏡像)


                           フィステル


  歯肉切除をして深さを測ったところ歯肉縁下約6mmの位置で破折していた(鏡像)


                        6月4日 初診時


                      6月4日 根長測定時



歯根破折 http://www.yamadashika.jp/infection.html#a02
| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:32 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました
エクストルージョンをしていた方です、根管治療のやり直しを終えてとコアのビルドアップと形成印象を行い、冠が出来上がったので装着しました。

歯根長に余裕がないので歯周病には注意が必要です。


                        12月28日


               10月18日 エクストルージョン終了時





経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2920
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 10:49 | - | - |
固定が終了しました
クラックとパーフォレーションがあったため エクストルージョンをして始末した方です、牽引が終わったため固定をしていました。

レントゲンで骨が再生したのが確認できたので固定をはずしました、次回から根管治療をやり直してファイバーコアをビルドアップします。


                         10月18日


                         6月22日
                          
                           8月2日


                          10月18日






経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2866
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 13:44 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました

右上の1番をエクストルージョンした方です、歯肉が成熟してきたのでジルコニアクラウンを被せました。


                          9月14日


                           6月26日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2835

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 14:24 | - | - |
コアは無事はずせたのですが
フィステルと膿瘍があって根管治療をするためにコアをはずしたのですが口蓋側の歯質がなくエクストルージョンが必要になります。

根管治療がうまくできてフィステルが治ればエクストルージョン行いたいと思います、また残存歯質が少ないのでファイバーコアも必要になってくると思います。


                        8月30日(鏡像)


                       8月17日 初診時






経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2873


 
| 山田 豊和 | フィステル | 09:17 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました

歯肉縁下深いところまでむし歯が進行していたので根管治療の後エクストルージョンを行った方です。

コアのビルドアップをしてジルコニアクラウンを被せました、少々歯根長が短いですが問題はないでしょう。


                          8月21日


                          8月21日


              2012年10月31日 エクストルージョン開始時


              2012年11月26日 エクストルージョン終了時



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2652

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 13:44 | - | - |
エクストルージョンが終わりました
エクストルージョンが終わったのでしばらく固定しておきます。


                           8月2日


                         6月22日


                            8月2日


                            6月22日






経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2832
 
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:36 | - | - |
問題ありません
歯根の外部吸収のためエクストルージョンをして保存した方です、検診にお越しになりました。

様子を伺った所咬むのにはなんら問題はないとのことでした、歯肉が少し発赤していたので歯磨き練習をしました。

歯根がかなり短いので歯周病になったら余裕がありません、健康管理には気をつけていただいたほうがいいと思います。


               2013年7月6日 歯肉が少し発赤しています


                        2012年5月12日


                      2013年7月6日





経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2478
| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 11:52 | - | - |
プロビジョナルクラウンを装着しました
エクストルージョンが終了しファイバーコアをビルドアップしてプロビジョナルクラウンを装着しました、これでしばらく歯肉の成熟を待ちます。


                           6月26日


                          6月26日





経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2820

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 16:28 | - | - |
エクストルージョンを始めました
パーフォレーションとクラックが見つかった方です、歯を引きずり上げてクラックとパーフォレーションの始末をします。


                          6月22日


                           6月22日





経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2825

 
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 17:22 | - | - |
骨縁下まで進行したむし歯
37歳の男性の方です、約2年前に左下5番の根管充填を行ったのですがメタルコアの印象採得のあと来院が中断してメタルコアが未装着になっていました。

このたび来院なさったのでレントゲンを撮ってみると骨縁下までむし歯が進行しています、残すことになったのでエクストルージョンを始めました、おそらく10mm以上引っ張る必要があると思います。


                   6月21日 牽引装置装着前


                   6月21日 牽引装置装着


                            6月21日


                         牽引装置装着



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:30 | - | - |
パーフォレーション
37歳の女性の方です、右下の5番にパーフォレーションが疑われます、コアをはずしたところ歯根破折とパーフォレーションが見つかりました。

根壁が薄く破折がパーフォレーション部までだったのでエクストルージョンをすることになりました。


          6月13日 近心にパーフォレーションを起こしている(鏡像)


                         6月13日


                          4月25日



山田歯科HP  http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 11:32 | - | - |
エクストルージョンが終了しました
治した歯が折れてしまって抜歯するしかないといわれてお越しになった方です。

ディープ オーバーバイトのため下顎切歯を削除してやっとのことでエクストルージョンが終了して固定が終わったため牽引装置を除去しました、次回ファイバーコアをビルドアップします。


                          6月10日


                      3月11日 初診時




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2771
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 18:51 | - | - |
出来れば抜きたくない
66歳の女性の方です、右上の5番が動く、できれば抜きたくないとのことでお越しになりました。

拝見すると歯根破折を起こしていて動揺していました、レントゲンでは歯根が完全に二つに割れていたが抜歯して接着の上再植すれば残せる可能性があることを説明させていただきました。

保存を希望されたので5月14日に接着再植を行いました、骨の吸収があり深い位置に再植することになったためエクストルージョンが必要になるかもしれません。


                        5月14日 術前


                          抜歯直後


                         接着前処理


                     スーパーボンド硬化待ち


                          再植(鏡像)


                       5月14日 術前


                        5月14日 術後




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/



| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 12:17 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました
左上5番の歯根外部吸収でエクストルージョンをして根管治療を行い保存した方です、そのあとファイバーコアのビルドアップをしてジルコニアクラウンを被せました。


                       4月26日(鏡像)


                         4月26日


                      2012年10月9日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2718
| 山田 豊和 | 短根歯 | 15:13 | - | - |
ファイバーコアのビルドアップを行いました
残根状態の左上5番をエクストルージョンして保存を試みている方です、固定が終わったのでファイバーコアのビルドアップを行いました。


                 4月10日 コアビルドアップ前(鏡像)


4月10日 コアビルドアップ後 歯根長が短いので何でもバリバリ咬めるとはいえませんがそれなりに咬めると思います


                      4月10日 ビルドアップ前


                  2012年11月9日 根管治療前


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2706
 
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 15:54 | - | - |
エクストルージョンを始めました
根管充填が終わったのでエクストルージョンを始めました、ディープオーバーバイトなのでかなり難しそうです。


                           4月3日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2768

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:23 | - | - |
根管充填が終わりました

エクストルージョンを計画している方です、根管充填が終わったので次回からエクストルージョンを始めます、ただバイトが深いため下顎の切歯を削らなくてはなりません。


                             4月1日


                        3月11日初診時


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2760

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 09:20 | - | - |
根管充填を終えました
歯根の外部吸収を起こしていた左上5番をエクストルージョンして根管治療を行っていた方です、3月12日に根管充填を行いました、この後コアのビルドアップをして冠を被せます。


                       3月12日 根管充填


                      3月6日 根管治療前


                2012年10月9日 エクストルージョン前



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2756
 
| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 09:22 | - | - |
歯が折れた
43歳の女性の方です、5ヶ月前に治した歯が折れてしまって抜歯するしかないといわれたとのことでお越しになりました。

レントゲンを撮ってみると歯根長は残せる長さだったのでエクストルージョンをすれば残せそうだとお話をして根管治療を始めました。

ただディープオーバーバイトがあるので下顎の切歯を削らなければなりません。


                 3月11日 初診時 歯肉縁下で折れていた 


                      3月11日 初診時


                         歯根長測定時


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 11:05 | - | - |
歯肉が回復しました
歯根の外部吸収をした左上5番をエクストルージョンをしていた方です、固定が終了して根管治療を始めました。


                         3月6日 (鏡像)


                      3月6日 根間治療前


                        3月6日 根長測定


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2718

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 12:35 | - | - |
むし歯ができていました

一昨年4月にMTAセメントでパーフォレーションリペアを行った方ですがこの間妊娠出産があって来院することができませんでした。

少し前に冠が取れてしまったとのことでお越しになったのですがMTAセメントが一部取れてしまってむし歯も出来ていました、このままの状態での保存は難しいのでエクストルージョンをしてむし歯の除去をすることになりました。


                        1月9日 (鏡像)


             2013年1月9日 MTAセメントが一部取れていた


        2011年4月16日 MTAセメントでパーフォレーションリペア時


              2013年1月9日 エクストルージョン開始




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2061

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 09:30 | - | - |
エクストルージョンが終了しました
歯頚部骨縁下で歯根外部吸収を起こしたていた左上5番をエクストルージョンしていた方です、想定していた位置まで牽引できたので歯肉の切除と固定を行いました。



                       2012年10月9日


            2013年1月8日 このまま2ヶ月くらい固定しておきます




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2709
| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 13:01 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました
歯根の外部吸収があったためエクストルージョンをして根管治療のあと仮歯を被せて経過観察をしていました、歯肉がほぼよくなったのでジルコニアクラウンを被せました。


                       2012年12月27日


           2012年3月13日 治療前 外部吸収が原因のフィステル


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2638
 
| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 09:01 | - | - |
4mmでてきました
残根状態の左上5番をエクストージョンしていた方です、8日間で4mm出てきました、レントゲンで位置を確認してこの位置で固定しました。

このまま2ヶ月くらい固定しておいて骨の再生を待つことになります。


                         12月25日(鏡像)


            12月17日 エクストルージョン開始時(鏡像)


                         12月25日


                  12月17日 エクストルージョン開始時


 経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2697
 
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 13:03 | - | - |
エクストルージョンを始めました
30歳の男性の方です、左上5番が残根状態に なっていたが抜歯は避けたいとのことだったので根管治療後エクストルージョンをして残すことになりました。


                    11月9日 根管治療前


               12月17日 エクストトルージョン前(鏡像)


              12月17日 エクストルージョン開始(鏡像)


                  12月17日 エクストルージョン開始時





山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:03 | - | - |
エクストルージョンその後
歯根の外部吸収があってエクストルージョンをして保存を試みている方です、12月5日にお越しになりました。

引きしろまででてきていたので歯肉の切除とフックの付け替えを行いあらためて引きしろを4mm取りました、うまく行けば次回吸収面が歯肉縁上に出てくると思います。


               10月17日 エクストルージョン開始時


                         12月5日


             12月5日 歯肉切除 外部吸収面が出てきた(鏡像)


             12月5日 フック付のけ替えをしてもう4mm牽引



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2646
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 11:05 | - | - |
エクストルージョンが終わってコアのビルドアップを行いました

むし歯が深かったため根管充填後エクストルージョンを行った方です、エクストルージョンが終わったのでコアのビルドアップを行いました。


                   11月2日 軟化象牙質除去


                   11月2日 軟化象牙質除去


                     8月21日 ファイル除去前


                   11月2日 コアビルドアップ




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2627

| 山田 豊和 | ファイバーコア(支台築造) | 12:40 | - | - |
深くまで進行したむし歯
24歳の男性の方です他医で治してもらったが歯がうずくとのことでお越しになりました、根管治療をやり直してMTAで根管充填を行いました。

むし歯が深いところまで進行していたのでエクストルージョンを始めました。


             10月31日 深いところまで進行したむし歯(鏡像)


                  10月31日 エクストルージョン開始


                   10月16日 MTA根管充填時


               10月31日 エクストルージョン開始


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


 
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:10 | - | - |
歯根外部吸収が見つかりました

30歳の女性の方です、左上5番に歯根外部吸収が見つかりました、保存を希望されたのでエクストルージョンを始めました。


                          10月9日


           10月17日 外部吸収によるとみられる穿孔(鏡像)


                  10月17日 エクストルージョン開始




その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2690

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 09:16 | - | - |
歯肉がよくなってきました
歯根に外部吸収があったためエクストルージョンをして根管治療のあとコアをビルドアップして仮歯を被せてあります。

歯肉が発赤していたため経過観察となっていました、10月19日にお越しになったとき拝見した所発赤はかなりよくなっていました。


                 10月19日 8月1日に仮歯を被せた


                  7月23日 コアビルドアップ時

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2550

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 10:54 | - | - |
エクストルージョンをしました
折れ込んだファイルを除去して根管充填をした方です、 むし歯が歯肉縁下まで及んでいたのでエクストルージョンを行いました。


                           9月25日 


                          10月9日

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2590
その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2653
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 10:40 | - | - |
コアのビルドアップを行いました
歯根端切除をしたため歯根が短くなってしまった歯をMTAセメントで根管充填を行ってエクストルージョンをした方です、仮骨化が終わったのでコアのビルドアップと仮歯の印象を行いました、次回仮歯を装着します。


             10月3日 根管充填剤をできるだけ削り取って


                          9月6日


          10月2日 ファイバーコアのビルドアップと仮歯の支台歯形成


                          9月6日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2598
| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 12:38 | - | - |
ファイバーコアのビルドアップを行いました
エクストルージョンが終わってファイバーコアをビルドアップして仮歯の型を取りました、次回仮歯を被せます。


                  9月6日 次回仮歯を被せます


                         9月6日

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2580
その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2610
| 山田 豊和 | ファイバーコア(支台築造) | 10:51 | - | - |
苦労しました
41歳の女性の方です、今年の2月ごろ歯根端切除をして仮歯のままになっているとのことでお越しになりました、レントゲンを撮ってみると歯根端切除はしてあるものの根管処置はしてありません。

しかも大幅に歯根端を切除したようで歯根長が極端に短くなっています、保存できるかどうか微妙なところですがとりあえずコアを除去して根管治療を始めました。

違和感がなくなったので根管充填することになるのですが如何せん根尖孔?が大きく通法どおりの根管充填はできないのでMTAセメントを使って根管充填を行いました。

そのあとファイバーコアをビルドアップすることになるのですが
窩縁が歯肉縁下になっていたのでエクストルージョンも行いました。


                    4月23日 初診時


                 6月6日 MTA根管充填時


              6月18日 エクストルージョン開始時


             9月6日 エクストルージョン終了後約2ヵ月半


                        9月6日





山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 09:20 | - | - |
非感染性のクラック
前歯のさし歯がすぐに取れるので治してほしいとのことでお越しになった62歳の女性の方です。

感染根管治療をしてエクストルージョンをしたのですが終わってみると歯根破折が見つかりました、幸い感染を起こしていなかったので痛みはありません。

9月4日に内部接着修復を行いました。


             9月4日 術前 唇側にクラックが出来ている(鏡像)


                       接着前処理(鏡像)


          ファイバーポストとスパーボンド、コア用レジンで接着修復


                      4月19日 初診時


                        9月4日 術後


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
 
| 山田 豊和 | 歯根破折歯の内部接着修復 | 18:35 | - | - |
非感染性のクラック
36歳の女性の方です、右上5番がグラグラする気がするとのことでお越しになりました。

打診痛がありレントゲンでは根尖病巣が認められました、感染根管と診断して根管治療を行いました、むし歯が歯肉縁下まで進行していたのでエクストルージョンをしてファイバーコアをビルドアップするため根管内を精査したところクラックが見つかりました。

このままでは歯根破折を起こす可能性があるので内部接着修復をすることになりましたが打診痛はなくポケットも正常なので非感染性のクラックと考えられました。

クラックを切削していくとなくなってしまったので歯根表面までは進行していませんでした。


                      4月17日 初診時


                      4月27日 根管充填時


                       8月27日 術前


            8月27日 口蓋側にクラックが認められる(鏡像)


            8月27日 切削していくとはっきりしてきた(鏡像)


             8月27日 切削を進めたらなくなってしまった


                   ファイバーコアのビルドアップ


                         支台歯の調整



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
 
| 山田 豊和 | 歯根破折歯の内部接着修復 | 12:39 | - | - |
エクストルージョンが終わりました
歯肉縁下の深いむし歯のためエクストルージョンをしていた方です、約7mm引きずりあげたので2ヶ月間固定していました。

固定が終わったため装置を除去して軟化象牙質を取り除きました、次回ファイバーコアをビルドアップします。


                          8月22日 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2506
その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2599

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 09:25 | - | - |
ファイバーコアのビルドアップ
外部吸収した右上2番をエクストルージョンしてから根管治療が終了しました、歯根垂直破折の予防を考えてファイバーコアをビルドアップしました。


                    7月11日 根管充填時


             7月23日 根尖部を残して根管充填剤を除去


                       7月23日 術前


                  7月23日 ファイバーコアの築盛

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2534


| 山田 豊和 | ファイバーコア(支台築造) | 12:13 | - | - |
牽引が終わりました

歯根の外部吸収があってエクストルージョンをして保存を試みている方です、牽引が終了して根管治療の続きを始めました。


                  7月6日 エクストルージョン終了時


                3月30日 エクストルージョン開始時

                                            
                 7月6日 エクストルージョン終了時


                     3月6日 初診時


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2434
その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2550

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 11:56 | - | - |
パーフォレーションリペア

22歳の男性の方です、左下6番を1年位前に他医で治療していたが放置してあったため治療の続きをしてほしいとのことでお越しになりました。

拝見すると髄床底にパーフォレーションがあってリペアが必要です、とりあえず根管治療をしてからパーフォレーションリペアをすることになりました。

4月2日に根管充填を終えてパ−フォレーションリペアをすることになったのですがパーフォレーションが大きく近心壁の欠損も大きかったため結局エクストルージョンをしてからリペアをすることになりました。

エクストルージョンが終えて7月2日にパーフォレーションリペアを行いました。


                       3月7日 初診時


                      4月2日 根管充填時


                 5月28日 エクストルージョン終了時


                     7月2日 術前(鏡像)


                7月2日 ポリープの除去(鏡像)


                 パーフォレーションリペアと近心壁の修復


                       7月2日 術後


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/






| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 12:57 | - | - |
ファイバーコア
外傷性咬合と外部吸収があって冠をはずして1年余り安静にして骨の回復を確認した後根管治療をしてエクストルージョンを行いました。

エクストルージョンの保定が終わりファイバーコアをビルドアップしました、次回仮歯を被せます。


              6月20日(鏡像) ファイバーコアビルドアップ


                       根管充填剤の除去


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2474
その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2541

| 山田 豊和 | 短根歯 | 11:07 | - | - |
エクストルージョンが終わりました

4月27日からエクストルージョンを始めた方です、計画したところまで出てきたので固定をしました、牽引量が大きいため2ヶ月くらい固定しておく予定です。


                                    6月5日 エクストルージョン終了


                4月27日 エクストルージョン開始


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2464

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:17 | - | - |
左下6番がうずく
42歳の女性の方です、左下6番がうずくとのことでお越しになりレントゲンを撮ってみると近心根にファイルが折れ込んでいました、感染根管なのでとりあえずファイルを除去して根管治療を始めました。 

ファイルは取れたのですが近心2根管とも根尖までファイルを穿通することが出来ませんでした、これでは感染を排除できないので抜歯してしまうか抜歯して根管内を清掃した上で再植するかになります。

抜歯してしまうより残したほうがいいので意図的再植をすることになってエクストルージョンをしてから5月29日に近心根を抜歯して清掃した上再植しました。

例のファイルが折れ込んでいたところはパーフォレーションを起こしていましたが幸い頬舌側根管ともきれいに清掃することが出来ました。


                     1月28日 初診時


           3月13日 根管形成時 遠心根管は根尖まで穿通出来た


                           頬側根管




                      パーフォレーション


                         舌側根管


                          根管充填


                      5月29日 再植直後


                           術直後






経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2416





| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 13:36 | - | - |
問題なさそうです
歯根の外部吸収を起こしていた左上1番をエクストルージョンして昨年の11月に冠を被せた方です、半年振りにお越しになりました。

歯根が短いため強く咬むことは出来ないようですが日常生活には支障はないとのことでした、大事に使えば問題はないと思います。


               2012年5月12日 歯肉もいい状態です


              2011年11月26日 ジルコニアクラウン装着時


                    5月12日 大きな問題はなさそう


                      2011年11月26日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2300


| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 12:39 | - | - |
折れてはいますがしっかりしています

37歳の男性の方です、1月23日に魚の骨を間違って咬んでしまいがりっと音がしていたいと思ったこのことでお越しになりました。

拝見したところ痛みを伴う僅かな動揺があって軽い脱臼ということで固定をしました、しかし1ヶ月経過しても少なくなったとはいえ痛みが続いていました。

経過観察を続けたところ4月24日のレントゲンでは明らかな破折線が確認できました、脱臼ではなく歯牙の破折を起こしていました。

状況を説明して破折した歯冠部を取り除きエクストルージョンをして歯を保存することにして5月9日に来院していただきました。

固定をはずしたところ歯の動揺や歯髄炎の症状もなく歯肉にも炎症の兆候も見られなかったのでこのまましばらく経過観察をすることになりました。


 1月23日初診時 僅かなクラックらしきラインは見られたが破折線とは断定できなかった


                    4月24日 破折線が確認できた


                5月9日 歯冠部を除去すべく固定をはずした


                 5月9日 固定をはずしたが動揺はなし





山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯牙の破折 | 10:59 | - | - |
エクストルージョンをしました

4番の口蓋側に外部吸収が見つかったためエクストルージョンを行いました、骨が安定すればコアをビルドアップして冠を被せることになります。


                        5月9日(鏡像)


                          3月8日(鏡像)




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2408
その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2514

| 山田 豊和 | ブラッシングの威力 | 13:40 | - | - |
エクストルージョン

歯根嚢胞野摘出手術をした方です、傷も良くなってきたのでエクストルージョンを始めました。


                     4月27日 深いむし歯


                           牽引装置


                            仮歯


                   4月27日エクストルージョン開始



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2440

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 09:31 | - | - |
オーバーブラッシングで磨り減った歯肉の回復も狙ったエクストルージョン

41歳の男性の方です、右上4番の根管治療が終わって歯肉縁下に広がったむし歯の治療のためエクストルージョンをすることになったのですがオーバーブラッシングによる頬側歯肉の退縮を回復させることも狙って歯牙の牽引を始めました。


                  4月18日 エクストルージョン開始





オーバーブラッシングによる歯肉の退縮 http://www.yamadashika.jp/prevent08.html#a012



| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:39 | - | - |
エクストルージョン終了

根管が狭窄していて根尖まで穿通するのに苦労した方です、むし歯が歯肉縁下まで進行していたためエクストルージョンをしました。

いい位置まで牽引できたので固定してあります、骨が出来るまで1ヶ月くらい待って牽引装置を除去してコアを作ることになります。


                          4月18日


                        1月24日(鏡像)


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2390

| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 12:18 | - | - |
エクストルージョンを始めました

歯頚部直下に歯根外部吸収を起こしている方です、根管治療を始めたのですが軟組織が歯根内に侵入していて根管充填ができないので先にエクストルージョンをすることにしました。


                3月30日 エクストルージョン開始


                         3月30日

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2417

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 11:23 | - | - |
牽引終了

親知らずの影響で7番遠心の深いところにむし歯を作ってしまった方です、このままではむし歯の治療ができないのでエクストルージョンを行っていました。

予定したところまで牽引することが出来たので固定をして、付いて上がってきた歯肉を切除しました、骨が再生するまで1ヶ月くらい様子を見て冠を被せることになります。


                 3月23日 隠れていた歯石が出てきた


                          3月23日


                   1月17日 エクストルージョン開始時


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2349

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 09:18 | - | - |
仮歯を被せました

昨年の2月に歯根垂直破折を内部接着で治療した方です、経過が良くなかったのでエクストルージョンをして1月28日にリカバリー手術を行いました。

うまく行ったようなので仮歯を被せてしばらく様子をみることになります。


                      2012年2月22日


              2011年2月4日 内部接着修復術直後


                       3月13日 仮歯装着



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2392

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の内部接着修復 | 13:19 | - | - |
フィステルと歯根外部吸収
歯肉に出来物が出来ているとの事でお越しになった38歳の女性の方です。

レントゲンを撮ってみると歯頚部直下に歯根吸収が認められました、根管治療をしてエクストルージョンをすれば残せそうなのでその方向で治療を始めました。


                          3月13日


                 3月6日 初診時 根尖病巣も認められる




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
 
| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 12:06 | - | - |
歯が折れた

歯が取れたとの事でお越しになった38歳の男性の方です。

レントゲンを撮ってみるとむし歯が大きくなって歯が折れていました、エクストルージョンが必要にはなりますが根管治療をすれば保存は可能です.

早速折れた歯冠を両隣在歯にスーパーボンドで接着し3月1日から根管治療を始めました。


           2月21日初診時 骨レベルまでむし歯が進行している


           2月21日初診時 むし歯のところで歯が折れている


                      両隣在歯に接着した


                  3月2日 根尖部の形態が気になる



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 09:25 | - | - |
差し歯が取れる
29歳の男性の方です、むし歯がたくさんあって右上の差し歯が取れるとの事でお越しになりました。

根管治療をしてから 保存の方法を検討しましたが歯根の一部が破折していたので結局破折線までエクストルージョンをすることになりました。


                        2月1日初診時


           2月27日 エクストルージョン前(鏡像) 破折線が見える


                       2月1日 初診時


                      2月17日 根管充填時


                 2月27日 エクストルージョン開始時



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 09:23 | - | - |
リカバリー手術

昨年の2月4日に内部接着修復をした方です、経過がはかばかしくないためリカバリー手術を計画したのですが、歯根長が長いためエクストルージョンをして歯根長を短くしリカバリー手術を行いました。



                         1月28日 術前


                       1月28日 術後


                         1月28日術後


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1983




| 山田 豊和 | 歯根破折歯の内部接着修復 | 12:40 | - | - |
パーフォレーション

32歳の女性の方です、抜歯を避けるためためエクストルージョンをしていたが、結局保存は出来ないので抜歯してインプラントになるといわれたそうです、出来ればインプラントは避けたいとのことでお越しになりました。

レントゲンを撮ってみると遠心部分にパーフォレーションを起こしており強い違和感もあって根管治療もいまいちだったので早速根管治療を始めました。

2回目にお越しになったときには違和感もなくなっていたのでMTAで根管充填を行いました、次回はパーフォレーションリペアを行う予定です。


                      1月6日 初診時


                    1月6日 歯根長測定時


        1月20日 遠心に大きなパーフォレーションが見られる(鏡像)


                    1月20日 MTA根管充填後





山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 10:58 | - | - |
下顎7番のエクストルージョン
水平埋伏歯が原因で7番の遠心に深いむし歯を作ってしまった43歳の男性の方です、抜髄根管充填を行いましたが歯肉縁下にむし歯が進行していたためエクストルージョンをすることになりました。

遠心に歯がないのでアンカーとして矯正用インプラントを使用しています。


              水平埋伏智歯が原因の7番遠心の深いむし歯


                  1月17日 7番のエクストルージョン


                           1月17日



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/





| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 09:24 | - | - |
近心根の意図的再植
根と根の間にパーフォレーションがあって抜歯しなければならないといわれたが抜きたくないとの事でお越しになりました。

拝見すると近心頬側根管口のすぐ下にパーフォレーションが認められました、通法どおり根管治療を始めたのですが近心根管が二つとも根尖まで穿通しませんでした、また近心根管には大きな歯根嚢胞も認められたので意図的再植を計画しました。

エクストルージョンをして近心根だけ分割抜歯して根尖病巣の摘出と根尖の感染部分の始末とパーフォレーションリペアを行いました。


                        8月9日 初診時


                 8月23日 近心頬側根管と遠心根管


                       8月23日 近心舌側根管


                         12月7日 術前


                       12月7日 術後


                    12月7日 術後(鏡像)


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/






 
| 山田 豊和 | パーフォレーションリペア | 09:26 | - | - |
短い歯根長ですが骨の状態に問題ありません

根の外部吸収でエクストルージョンをして保存を試みている方です、11月12日に起こしになって拝見したところ強く咬まなければ問題ないとのことでした。

レントゲンでは仮骨化も終了していい状態になったいることが伺えました、いかんせん歯根表面面積が少ないので咬合力を十分に負担できないようですが強くかまなければ十分使えそうです。

仕上げの形成をして本歯の印象を採りました、次回装着することになります。


                          11月12日


                           6月25日


                           2月12日


                           11月12日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2154



| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 12:21 | - | - |
仮歯を被せました

上顎左上1番の外部吸収で歯を牽引してMTAで根管充填した方です、骨が回復してきたので7月9日に仮歯を被せました、このまま様子をみて問題がなければ本歯に入れ替えることになります。


                      7月9日 仮歯が入った


                3月26日 エクストルージョン終了時


                           6月25日


                  2月12日 エクストルージョン直後



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2035

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 10:02 | - | - |
移植をしました

37歳の女性の方です、むし歯の治療と歯周病の治療をご希望になって来院なさいました、歯周病は歯磨きで治すことになって早速歯磨き練習を始めました。

また左下の7番に大きなむし歯があって歯肉縁下まで進行していたので根管治療のあとエクストルージョンをする必要がありました。

しかしエクストルージョンは避けたいとの事だったのでやむなく抜歯して親知らずを抜歯窩移植することにして4月25日に7番の抜歯と親知らずの移植を行いました、うまく生着してくれることを祈っています。


           4月25日 近心のむし歯が歯肉縁下に及んでいる(鏡像)


                    4月25日 術前レントゲン


                         術後(鏡像)


                        術後レントゲン


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | 歯牙移植 | 09:21 | - | - |
スリーピースは難しい

52歳の男性の方です、昨年8月氷をかんでぐきっとして2・3日で被せ物が取れて、歯科医院を受診したところ大丈夫だからかぶせておきましょうとのことでそのまま再着をしたそうです。

その後1ヵ月後くらいに腫れてきて割れている可能性があるが様子を見ましょうとの事でそのままになったそうです。

しかし昨年の12月取れてしまって診てもらったところ歯根破折を起こしていると指摘されたそうです、その際インプラントか入れ歯かブリッジになるといわれたとのことでした。

診察したところ垂直破折ではなく歯肉縁下の深いところまで破折していたのでエクストルージョンより外部接着をして歯根長を確保したほうがいいのでそのような方法の治療方針をお話しました。

承諾していただいたので4月2日に外部接着再植を行いました、三つに割れていたので組み立てるのにかなり苦労をしましたがおそらく生着するものと思います。


                   1月19日 初診時(鏡像)


                        4月2日 抜歯時


                     抜去歯の接着前処理


                         接着剤硬化待ち


                          接着後


                        4月2日 再植


                     4月2日 術後レントゲン


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の接着再植法 | 09:27 | - | - |
根管治療を始めました

右上1番の歯頚部寄りに根の外部吸収を起こしていてエクストルージョンをして保存を試みている方です、エクストルージョン終了後固定をしておよそ1ヶ月経過したので固定をはずして根管治療を始めました。

歯根端切除をしてあったため根尖孔が開大しているのでMTAを使って根管充填することになりました、経過がよければ次回根管充填をすることになります。


       3月26日 固定をはずしたところ 根外部吸収独特の吸収面をしている


                 3月26日レントゲン 仮骨化が伺える


                     2月12日 牽引終了時


                 1月26日 エクストルージョン開始時

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1993
その後 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2063

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 17:59 | - | - |
牽引が終わりました
歯根の外部吸収を起こしていてエクストルージョンをして歯の保存を試みている方です、十分引きずり出せたので2月12日に固定しました。

ある程度仮骨化してきたら根管治療をすることになります。


かなり牽引できました 歯根端切除をしてあったので歯根が短いのが不利な条件になります


                  1月26日 エクストルージョン開始時


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1975

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 11:53 | - | - |
歯根外部吸収

44歳の男性の方です、左上1番にひびが入っていて抜歯しなければならないといわれたとのことで来院なさいました。

レントゲンを撮ってみると根の外部吸収があり幸いにも歯頚部付近のためエクストルージョンをすれば残せそうでした、またこの歯は10年位前にある大学病院の口腔外科で歯根端切除をしたと仰っていました。

根尖部にレントゲン的な問題はなかったのですが少し気がかりだったので、意図的再植法で歯根端を確かめる方法もあることを説明させていただきましたが、患者さんの意向でエクストルージョンをすることになりました。


            1月26日初診時  外部吸収を起こしていた左上1番


                         レントゲン像


          冠を除去して歯肉をレーザーでカットして牽引装置を装着


                      1月26日  レントゲン像


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 09:09 | - | - |
ヘミセクションとエクストルージョン
63歳の男性の方です、以前から当医院に通ってこられている方ですが左下6番の歯頚部にむし歯ができてしまいました。

歯肉縁下まで進んでいたのでこのままでは治すことができません、ヘミセクションをして近遠心に歯を分割した上でそれぞれエクストルージョンをしてファイバーコアで築造の上冠を被せました。

歯頚部にむし歯を作らないよう歯磨きと間食には気をつけていただきたいと思っています。


                 2010年9月16日 冠をはずした時



   2010年10月25日 ヘミセクションの上遠心根のエクストルージョンを行っている


               2011年1月12日 冠を被せる前(鏡像)


                   2011年1月12日 冠を被せた



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


 
| 山田 豊和 | ヘミセクション | 16:28 | - | - |
エクストルージョン

むし歯が歯肉縁下まで進んでいた場合むし歯をきれいに取りきるには歯を引きずり出してからのほうがきれいに取ることができます。

このように歯を引きずり出すのをエクストルージョンといいます。


               むし歯が歯肉の中まで進んでいる(鏡像)


        歯にフックをセメントでくっつけてエラスティックで引っ張ります


              前歯なので仮歯を付けておくことになります

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:56 | - | - |
オーバーブラッシングと歯肉の退縮
根管治療が終了して歯肉を引き上げるべくエクストルージョンを行いましたがオーバーブラッシングで再び歯肉が退縮してしまいました。

もう一度歯磨き練習をして力の入れ加減の練習をしました、少しでもクリーピングで歯肉が戻ってくれることを期待しています。

それにしても2根管の支台歯形成のフィニッシングラインの決定には苦労しました。


                     ジルコニアクラウンの予定です


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1768

 
| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 09:58 | - | - |
歯が折れてしまいました
70歳の女性の方です、ビニール袋を咬んであけようとしたら歯がぐらぐらしてきたとのことで10月26日にお越しになりました。

レントゲンを撮ってみると歯が歯肉の下でポッキリ折れていました、残存歯も少なく折れた部分が骨の上だったので残すことにして破折部分を取り除いたところ唇側は深いところで折れていました、このような場合エクストルージョンか意図的再植が必要になってきそうです。

とりあえず抜髄して根管治療を始めました、長年この仕事をしていますがこのような折れ方はあまり記憶がありません、また患者さんもちょっと横着しすぎたと仰っていました。


            上顎右2番と3番、左側はこの犬歯しか残こっていない


                           破折部分


                         破折線が伺える


                          根長の測定


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | 歯牙の破折 | 11:15 | - | - |
ジルコニアクラウンを被せました

昨年11月に歯が折れたとのことでお越しになった男性の方です。

根管治療のあとエクストルージョンをして歯槽骨の回復を待って冠を被せました。


 2010年10月9日 フラップをあけて剥離したセメント質を除去したので歯肉が窪んでいる


                  2009年11月14日 初診時



                       2010年10月9日


                  2009年11月14日 初診時レントゲン


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1812

| 山田 豊和 | 歯牙の破折 | 12:56 | - | - |
剥離したセメント質の除去

歯が破折したので保存すべく、再根管治療をして エクストルージョンのあと歯槽骨が再生するのを待っていた方です。

レントゲン所見でセメント質が肥厚していた所のセメント質剥離を疑って8月24日にフラップをあけて根面をマイクロスコープで診査しました。

精査の結果セメント質肥厚部にセメント質剥離があったので注意深く除去しました。


  術前レントゲン セメント質肥厚の部分にセメント質剥離をうかがわせる所見が見られる


       8月24日 フラップを開けたところ セメント質肥厚が見られる


                    8月24日 術後レントゲン


     2009年11月14日 初診時 セメント質剥離をうかがわせる所見が見られる



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1784
 

| 山田 豊和 | セメント質剥離 | 09:29 | - | - |
エクストルージョンによる歯槽骨の再生

昨年の11月歯が取れたとのことでお越しになった方です、根管治療をしてエクストルージョンのあと歯槽骨の再生を狙ってそのままにして推移を見ていた方です。

8月7日にお越しになってレントゲンを撮ったところ狙い通り歯槽骨が再生していました、レントゲンを仔細にみたところセメント質剥離を思わせる像があったので次回歯肉を剥離して確かめることになりました。

                     
  2010年8月7日 歯槽骨が再生している セメント質剥離を疑わせる所見が見られる


              2009年12月25日 エクストルージョン終了 


                    2009年11月14日 初診時



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1493

| 山田 豊和 | 歯牙の破折 | 07:05 | - | - |
歯肉の位置を回復させるためのエクストルージョン

左下4番の歯肉縁下に大きなむし歯があって抜髄した方です。

このままでは歯肉の位置がよくありません、エクストルージョンをして歯肉をいい位置まで回復させることになりました。


                  根管充填を終えたところ


                 7月26日 エクストルージョン開始

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 11:19 | - | - |
根管充填支台歯築造一回法

45歳の女性の方です、歯根端切除が必要だといわれたとのことでお越しになりました。

レントゲンを撮ってみると大きな根尖病巣が確認できました、歯根端切除が必要かどうかについてはなんともいえませんでしたが経験的には歯根端切除せずに治せそうな感じがしました。

通法どおりコアを除去して根管治療を始めましたが取りたてて難しいこともなく根管治療ができたのでエクストルージョンをして根管充填支台歯築造一回法で根管治療を終えました。

この方法は歯根長が短いときや歯根垂直破折を予防したいときには有効な方法だと考えています。


                 6月2日初診時 根尖病巣がみられる


       7月14日  根管治療を終えてエクストルージョンが終った所


            7月14日 根管充填支台歯築造一回法終了時


                      支台歯形成終了時

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | ファイバーコア(支台築造) | 13:28 | - | - |
歯肉が回復したのですが

オーバーブラッシングで歯肉が退縮したためエクストルージョンをして歯肉を回復させたのですが、歯根吸収を起こしていることがわかりました。

以前のレントゲンをよく見るとそれらしき影が骨縁上に見られます、歯根吸収の様相から推測すると落ち着いているように見えるので経過を慎重にフォローしていきます。


                       6月28日 牽引終了




          6月28日 近心に歯根吸収と考えれれる欠損が見られる


                   牽引開始してから4週間経過時


                       牽引終了時レントゲン


                       4月12日 根管充填時

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 05:45 | - | - |
オーバーブラッシングによる歯肉退縮の回復

33歳の女性の方です、オーバーブラッシングで歯肉の退縮を起こした方です、根管治療が終了してブリッジを入れることになりましたがこのまま被せると歯冠長が長くなってしまい審美的に問題があります。

歯をエクストルージョンして歯肉を伸張させてからブリッジを入れることになりました。


6月14日 牽引開始から4週間 約1.5mm出てきたところ あと3mm位牽引する予定です


            6月14日 レントゲン 少し牽引されているのが判る


                      4月12日 根管充填時


                     3月26日 根管治療前

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/





| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 06:37 | - | - |
歯肉が回復しました

歯槽膿瘍で根管治療のあとエクストルージョンをした方です。

歯肉に炎症が残っていたので仮歯を被せて歯磨きで様子を見ていました、3月17日にお越しになられて拝見したところ歯肉はきれいに治っていました。

次回ジルコニアクラウンの形成印象をすることになりました。


                          3月17日


                          2月24日



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1585

| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 11:30 | - | - |
根管充填支台歯築造1回法

歯根長が著しく短い方です、エクストルージョンが終わって3週間置いて根管充填支台歯築造1回法を行いました。

うまく行けば歯肉の治りを待って本歯を入れることになります。


                 1月26日 エクストルージョン終了


                    エクストルージョンの装置除去


                2月17日 根管充填支台歯築造1回法


                    根管充填支台築造後レントゲン



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1548

| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 13:12 | - | - |
フィステル

36歳の女性の方です、半年くらい前にフィステルに気づいたとのことです。

歯が割れているかもしれないと診断されたとのことで来院なさいました、レントゲンを撮ってみるとコアが根管の方向から逸脱していました。

歯周病にもなっていたのでとりあえず歯周病の治療のため歯磨き練習からはじめていくことになりました。

3ヶ月ほど歯磨き練習をしたところ歯肉が落ち着いてきたので歯の治療を始めました。

冠をはずしてコアを除去して根管治療を始めたのですが、フィステルの出所を確認するためアクセサリーポイントを挿入してレントゲンを撮ってみたがフィステルの原因箇所がよくわかりませんでした。

通法どおり根管形成をしたところ翌週にはフィステルが縮小して排膿もなかったので根管充填をして次回フィステルが完治していればエクストルージョンをする予定です。


               2009年10月28日 初診時レントゲン


                 2010年2月3日 根管治療開始時


        2010年2月3日 フィステルからアクセサリーポイントを挿入した


アクセサリーポイントを挿入して撮影 予想していなかったところに入っている フィステルの原因歯が特定できなかった


     2010年2月3日 根管長測定 根尖近くにステップがあったため苦労した


2010年2月10日 自覚症状がなくななりフィステルが治癒傾向を示していたため根管充填をした


根管充填後のレントゲン 根尖部屈曲しているところにステップがあったため根管形成と根管充填にに苦労した 根尖部と離れたところに影が見られるのが気になる

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 09:46 | - | - |
エクストルージョン終了

根管が著しく屈曲していて根管形成に苦労した方です、根管充填はうまく出来ましたが残根状態だったのでこのままでは支台歯として使うことは出来ません。

エクストルージョンをしてフェルールを確保する必要があります、昨年の10月からエクストルージョンを始めて約1ヶ月で5mmほど引きずり出しました。

そのあと歯根破折の防止を考えてファイバーコアを根管内にスーパーボンドで接着してコア用レジンを築盛して支台歯形成をしました。

このあと仮歯を被せてしばらく使っていただくことになりました。


               2009年10月13日 エクストルージョン開始


              2009年11月4日 エクストルージョン終了


                エクストルージョンが終わって固定中


                  固定をはずしてポストの形成


     歯根破折防止のためファイバーコアとスーパーボンドでコアのビルドアップ


                       支台歯形成終了


                        2月2日仮歯装着

歯牙牽引(エクストルージョン) http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 11:44 | - | - |
歯根が極端に短い症例

37歳の女性の方です、昨年上の左1番が腫れたとのことで来院されました。

レントゲンを撮ってみると感染根管から歯槽膿瘍を起こしていました、また歯根長も極端に短く保存するにはかなり厳しい状態でした、そして歯周病にもなっていてそれぞれ解決していく必要がありました。

状況を説明したところ残したいとのことだったので切開排膿をして歯周病を治すため急性炎症が治ってから歯磨き練習を始めることにしました。

歯磨きが上達して歯肉が落ち着いてきたので1月13日から冠をはずして根管治療を始めました。

歯根が極端に短いため通常の根管充填ではコアの長さが十分取れないため根管充填支台歯築造1回法をする予定です、そして根管充填の出来具合によっては意図的再植法も考えなければなりません。

根管内がきれいになったので1月19日からエクストルージョンをはじめたところです。


      2009年9月2日初診時 極端に短い歯根長と根尖口の開大が伺われる


        2009年10月27日 歯磨き練習開始時 歯肉が腫脹している


     2010年1月6日 4回目の歯磨き練習時 歯肉がずいぶんよくなって来た


         1月13日 根管治療開始時 歯肉もすっかりよくなっている


       冠をはずしたところ 歯肉縁下3mmくらいまで歯の欠損が見られる


                1月19日 エクストルージョン開始


                           仮歯装着

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02



| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 13:01 | - | - |
歯が折れてしまいました
34歳の女性の方です 、昨年左上の1番の根管治療をしていましたが治療途中になっていました。

1月18日の朝にパンを咬んだら歯が折れたとのことでお越しになりました、拝見すると歯冠歯折を起こしていて歯肉でかろうじて歯がくっついている状態でした。

このような場合折れた歯を取ってしまってエクストルージョンをしてコアを装着して冠を被せる場合と、折れた所を直接接着して治す方法があります。

説明したところ折れた所の接着修復を希望なさったので接着修復で治すことになりました、根管充填がまだだったのででとりあえず仮に歯をくっつけて次回から根管治療をしていくことになりました。


                  歯が折れて歯肉でくっついている


                          舌側(鏡像)


                      破折線が見られる


                         破折線が見られる


           スーパーボンドで仮接着 根管治療後接着修復の予定

| 山田 豊和 | 力による破折歯の接着再植 | 13:52 | - | - |
定期検診

一昨年6月(2008年)に自転車で転倒して上顎前歯を折ってしまった方です、エクストルージョンをしてジルコニアクラウンを被せました。

昨年の暮れに定期検診にお越しになり拝見した所、補綴したところの歯肉が少し発赤していたので歯磨きの練習をしました。

それから約4週間経過しましたがすっかりよくなっていました、このように時間が経つと磨いているつもりでも磨き残しになって歯肉炎を起こすことがあります。

時々チェックしてもらうのもいいと思います。


             2010年1月16日 歯肉もいい状態になっている


              2008年12月24日 ジルコニアクラウン装着時


              2010年1月16日 骨の状態に問題はない


                     2008年6月6日 初診時

経過  http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1104

| 山田 豊和 | 短根歯 | 10:45 | - | - |
歯根面の象牙質の剥離

歯根破折を起こしていてマージンが歯肉縁下にあったのでエクストルージョンをして接着修復をするる予定にしていました。

エクストルージョンも終って昨日接着修復をするべく来院していただいて拝見すると歯肉に腫脹が見られました、精査してみると歯根面の象牙質が4〜5mmほどの深さに薄く剥離したように破折して脱落していました。

このことが原因で歯肉に炎症を起こしていたものと考えられます、患者さんに状況を説明したところやはり残したいとのご希望だったので予定通り接着修復をしました。

この後仮歯を被せて歯間ブラシの縦入れをして治して行く予定にしています。


  クラックの清掃拡大を終えたところ 唇側の根面にわずかに象牙質の欠損が見られる


                接着修復の後支台歯形成を終えた所

歯根破折 http://www.yamadashika.jp/infection.html#a02

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の内部接着修復 | 12:44 | - | - |
歯が出てきました

エクストルージョンを始めてちょうど1ヶ月経過しました、もう少しで予定していた量がでてきます。

でてきたら固定して骨の再生のため4ヶ月くらい固定しておく予定です。


                           12月25日

11月25日
               11月25日 エクストルージョン開始


                       12月25日


                       11月25日

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 歯牙の破折 | 12:45 | - | - |
根管治療が終わってエクストルージョンをはじめました

歯が折れてしまって歯根だけが残った方です、保存を希望されたので根管治療をやり直しエクストルージョンを開始しました。

歯根周囲の骨吸収があるのでその回復も狙ってエクストルージョンの後4ヶ月くらい固定をして骨の回復を図る予定です。


        根管充填が終わったところ 歯肉の中に歯根が埋もれています


                    エクストルージョン開始


                 エクストルージョン開始時レントゲン像


                            初診時


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1480

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02
 

| 山田 豊和 | 歯牙の破折 | 10:39 | - | - |
歯が折れてしまいました

53歳の男性の方です、歯が抜けたとのことでお越しになりました。

抜けた歯を拝見すると歯頚部のところでポッキリ折れていました、残したいとのご希望だったので残っている歯根をマイクロスコープで診査しましたが明らかなクラックは見つかりませんでした。

歯根長を測定したところ実測で14mmありました、これくらいの長さがあれば十分残せると思います、根管治療の後エクストルージョンをして欠損が見られる歯根周囲の骨の再生を待って歯冠修復をする予定です。


患者さんによるとこの歯は20年位前に外傷で折れてしまったそうです、4・5年しか持たないといわれたそうですが長く持ってくれたとのことでした、今度はきれいに治療して一生持ってほしいと思います。


                    歯肉の中で折れています


                   20年前に治したクラウン


                          術前レントゲン


                         術中レントゲン

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯牙の破折 | 16:38 | - | - |
右上7番のエクストルージョン

根管が著しく屈曲していて根管形成に苦労した方です、根管充填もきれいに出来たのでコアの築造をすることになります。

しかしむし歯が歯肉縁下まで進んでいるためこのままではコアの築造が出来ません、歯を骨の中から引きずり出してコアを築造することにしました。

6番が欠損していて一番後ろの歯なので矯正用のインプラントを埋入して後方の支えにしてあります。



根管治療難症例 http://yamadashika.jugem.jp/?search=%BB%D7%A4%A4%A4%C3%A4%AD%A4%EA%B6%CA%A4%AC%A4%C3%A4%C6%A4%A4%A4%DE%A4%B7%A4%BF&x=59&y=8


| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 10:50 | - | - |
歯根破折の接着修復

歯が痛むとの事で来院なさった女性の方です。

歯根破折が痛みの原因だったので接着修復をして治すことになったのですが、根管充填がきれいにできていなかったのでとりあえず再根管治療をして根管充填をしました。

歯根壁の深い欠損もあったのでエクストルージョンをして接着修復できる位置まで引きずり出しその上で接着修復をして18日経過しました。

今まであったいやな違和感もすっかりなくなったとのことでした。

破折線が見られる
             エクストルージョン後 破折線が見られる(鏡象)

破折線の清掃拡大
                     破折部の清掃拡大(鏡象)

接着修復後
                    接着修復18日後 頬側面像

咬合面象
                       咬合面象(鏡象)

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | 歯根破折歯の内部接着修復 | 06:31 | - | - |
アップライトが終了しました
 昨年7月から始めた埋伏左上第二小臼歯のエクストルージョンがほぼ終了しました、最後まで残っていた根尖もうまい具合に遠心に振ることができました。

あとは残った空隙を閉鎖して終了です。


         6月6日 ほぼ終了しました あとは空隙を閉鎖して終わりです


                     6月6日 レントゲン像


         2008年8月9日 乳歯を抜歯して開窓しボタンを接着したところ


        2008年6月3日 埋伏した右上の第二小臼歯 乳歯がまだ残っている



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1248

| 山田 豊和 | 部分矯正(MTM) | 05:58 | - | - |
歯根破折の接着修復
女性の方です、歯が痛むとの事で来院なさいました。

冠をかぶせてあったので歯根破折を疑いプローブで診査したところ歯肉が正常にもかかわらずポケットの深いところがあったため冠をはずして確定診断をすることになりました。

冠をはずしてコアを除去したところ破折線が見られたため歯根垂直破折が原因の疼痛だと考えられました。

レントゲンで根尖病変があったため根管治療をして一部根面に深い欠損があるのでエクストルージョンをしたあと接着修復をすることになりました。


                初診時のレントゲン 根尖病変の影が見られます


                        根管充填時


             根管充填後 深い欠損部の歯肉から出血している(鏡像)


                  エクストルージョン開始時

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯根破折歯の内部接着修復 | 13:11 | - | - |
フィステルの推移
71歳の女性の方です、メタルボンドのセラミックが脱落して作り直すことになりました。

拝見するとフィステルができていたので根管治療をすることになり通法どおり根管長の測定をして根管形成を行いました、1週間後拝見するとまだフィステルが少し残っていたので貼薬をして経過観察にしました。

さらに1週間後拝見するとフィステルはすっかり消失していたので根管充填をしました、尚むし歯が深いところまで進行しているのでエクストルージョンをしてからファイバーコアを立ててブリッジを作り直す予定です。


                        治療開始時


                       治療開始1週間後


              治療開始2週間後 すっかりフィステルは消失している


                          治療前


                         根管充填後

フィステル http://www.yamadashika.jp/infection.html#a01
| 山田 豊和 | フィステル | 12:29 | - | - |
歯根破折歯の接着修復
44歳に女性の方です。

左上2番に根尖病巣があったため冠をはずして根管治療を始めました。

冠をはずして見ると根に破折線がありこのままでは割れてしまうので事情をお伝えして根管充填をしてからエクストルージョンをしたあと後接着修復をしました。

このように破折に気づかない場合は破折してからあまり時間がたっていないと考えられます、このような症例は予後がいいので接着修復は大変価値のある術式だと考えています。


                      術前のレントゲン


                        根管充填後


                        接着修復前


                      破折部の切削清掃後

                    
                   接着修復のあと支台歯形成


                    ジルコニアクラウンの装着

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯根破折歯の内部接着修復 | 12:27 | - | - |
昨日こんなことがありました
1年余りお越しになっていなかった方です。

平成19年11月に左上の第一小臼歯のエクストルージョンを始めました、その後お越しにならなかったのでそのまま放置することになってしまいました。

このたび他の歯が取れたとの事で来院なさったのですがレントゲンを撮ってみると歯がエクストルージョンされていて、その部分の歯槽骨が富士山のように写っていました。

骨が少ない方に意図的にそのようなことはしますがこれほど長期間にわたることは今までなかったので貴重な症例となりました。

少なくとも1年3ヶ月エクストルージョンしたままにしておいたらその部分の歯根膜により歯槽骨が十分形成されることがわかりました。

CTがあれば立体的な様子が良くわかるのですが、残念ながらまだないのでレントゲンから推測するしかありません。


         エクストルージョンを始めたH19年11月21日のレントゲン


         昨日H21年3月10日のレントゲン 歯槽骨が盛り上がっている

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 13:31 | - | - |
ファイバーポストと接着剤を使った支台築造
歯肉縁下までむし歯が進行していたため2.5mmほどエクストルージョンをして一ヶ月固定した後、軟化象牙質(むし歯)を除去してスーパーボンド(接着剤)でファイバーポストを根管内に接着してその上にコア用コンポジットレジンでビルドアップして支台築造をしました。

このようにむし歯が深く進行している場合はむし歯を完全に除去していくと歯肉縁下まで削る必要がでてくる時があります。

このような場合エクストルージョンをして根を引きずり出してむし歯を歯肉縁上に持ってくれば軟化象牙質の徹底除去を容易にすることが出来ます。

また今後心配の種である歯根垂直破折を予防するためにもメタルコアで支台築造するよりもこの方法のほうが有利だと考えています。


                      軟化象牙質を除去


    ファイバーポストをスーパーボンドで接着後コア用レジンで支台をビルドアップ


                     仮歯用の支台歯形成を終了

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02



| 山田 豊和 | ファイバーコア(支台築造) | 07:21 | - | - |
以外に早く出てきました
昨年の12月20日にエクストルージョンのための装置をくっつけたのですが以外や以外
早々とでてきました。

早速固定して、余分な歯肉の切除を行ってサージカルパックで創面の保護をしました。


                    約3週間後 予定量出てきました


             レジンで固定してレーザーメスで余分な歯肉を切除


                  サージカルパックで創面の保護


                     牽引装置装着時


              2008年12月20日 牽引装置装着時レントゲン 


                  2009年1月10日 牽引終了時

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 06:26 | - | - |
エクストルージョン
Mさん31歳男性の方です、左下第一大臼歯に根尖病巣があったため冠をはずして根管治療をして根管充填が終了しました。

しかしほとんど根っこしか残っていない状態なのでエクストルージョンをして歯を歯槽から引きずりだすことになりその装置をくっつけました。

4根あったため少し時間はかかりますが1ヶ月余りで出てくると思います。


                大臼歯なのでフックを2個付けてあります


                       レントゲン像

エクストルージョン http://yamadashika.jp/ortho.html#02
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 06:20 | - | - |
破折歯牙の修復
昨日お越しになってジルコニアクラウンを装着しました。

歯根を引きずり出したので根の幅が小さいのと隣の歯が捻転していたので歯の形態を回復するのが難しかったのですが、技工士さんにも来ていただいて仮歯を作ってもらいイメージしてから作ったので満足していただきました。

歯磨きの難しい所があるので歯磨き練習に通っていただき歯肉の健康を維持して末永く使っていただきたいと思っています。


                   きれいに修復できました


    ファイバーコア、スーパーボンドとコア用レジンによる支台築造(かぶせる前)


                    エクストルージョン終了時


                  エクストルージョン終了時レントゲン


                      6月6日初診時



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1089
| 山田 豊和 | 外傷 | 11:16 | - | - |
ファイバーポストでコアビルドアップ
自転車で転んで前歯を折ってしまい、エクストルージョンして歯根を引っ張り出したKさんです。

骨のリモデリングが終わったので、ファイバーポストを芯にして接着剤のスーパーボンドとコンポジットレジンでコアをビルドアップしました。

今回印象を採りました、次回ジルコニアの歯が完成するので約半年ぶりにきれいな元どおりの歯になります。


           完成した支台歯 この上にジルコニアクラウンをかぶせます。


         裏側から(鏡像) まん中の透けて見えるところがファイバーポスト


                 エクストルージョン終了時 約5ヶ月前



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=957
| 山田 豊和 | 外傷 | 09:23 | - | - |
インプラントを使った歯の牽引(エクストルージョン)
左下の第二大臼歯の遠心(後ろ側)に深いむし歯がありこのままでは治療ができないのでエクストルージョンすることになったのですが後ろにアンカーとなるべき歯がありません。

このようなときには矯正用インプラントをアンカーとして使うことになります。


           インプラントを使ってエクストルージョンを開始


              約1ヶ月後 2.5mm出てきました

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 17:35 | - | - |
エクストルージョン(歯牙牽引)終了
インプラントを使って左上犬歯のエクストルージョンをしましたが固定が終了してインプラントを抜いて、装置を除去してコアの印象を採りました。


                インプラントを埋入して装置をつけたところ


                固定が終了して装置を除去する前(約2ヵ月後)

歯牙牽引(エクストルージョン)http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 09:11 | - | - |
矯正用インプラントを利用したエクストルージョン
男性の方です むし歯が歯肉の下まで進んでしまってこのままではかぶせることができません。

歯を引きずり出してかぶせることにしたのですが、後ろの歯がないのでアンカーに使う歯がありません、このような場合矯正用のインプラントを利用してアンカーに使うことができます。


               インプラントを埋入して装置を装着したところ。


                  約1ヶ月後 出てきました


                    固定したところ


                 エクストルージョン開始時


                 エクストルージョン終了時

歯の牽引(エクストルージョン) http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 13:23 | - | - |
破折歯
Kさん19歳女性 自転車で転んで前歯を折ってしまいました、抜歯せずに残してほしいとのご希望だったのでとりあえず抜髄根管充填の後牽引することにしました。

残っている歯根がかなり短いのでどれくらい使えるかはわかりませんが歯周病を治療した経験から3mmくらい歯槽骨の中に根が入っていれば使えることはわかっているので残すことにした次第です。


                    初診時のレントゲン


                   エクストルージョン終了時


                   エクストルージョン終了時
山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02
| 山田 豊和 | 外傷 | 13:25 | - | - |
歯の牽引(extrusion) 2
牽引の装置をつけて2週間後です、歯が出てきたので固定しました。

新しく骨ができるまでこのまま一ヶ月固定しておきます、ついで反対側の側切歯に同じく牽引の装置をつけました、出てくるのにまた2週間ほどかかります。

根っこだけになった歯はこのようにして牽引してから被せるのがいいと考えています。


牽引の装置をつけて2週間後 牽引している歯の歯肉が歯と共に引っ張り出されて盛り上がっている


                  牽引の装置をつけた時(2週間前)


                   歯が牽引されて出てきている


                  牽引の装置をつけた時(2週間前)


                 反対側の側切歯にも牽引の装置を装着した


                   仮の歯を付けて体裁を整えた



エクストルージョン http://yamadashika.jp/ortho.html#02
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 06:01 | - | - |
歯の牽引(extrusion)
先日前歯が取れたからつけて欲しいとのことで来院されました、拝見すると歯が歯頚部のところで折れてブリッジが取れていました。

このままセメントでくっつけることは出来ません、できれば歯を歯槽骨(歯の根っこを支えている骨)から3mmくらい牽引(引きずり出し)してコア(土台)をくっつけてから削りなおして型を取り新しく歯を作れば歯を抜かずに済むことを説明させていただきました。

結局根っこの治療をやり直して歯を引きずりだすことになりました。


           取れたブリッジ(付け根に折れた歯の一部が残っています)


                   歯にセメントでフックを付けます


                   針金とフックの間にゴムを掛けます


                       仮の歯を付けます


     根っこの治療をやり直して牽引のための装置を装着したところのレントゲン像

エクストルージョン http://yamadashika.jp/ortho.html#02
| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 07:37 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ