blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
<< 修人君永久歯むし歯ゼロです | main | 歯磨きの副作用 >>
歯磨剤によるエナメル質の傷
Yさん36歳女性です、なかなか歯磨剤がやめられないとの事で今も朝少し使っているとの事でした。

女性の方で口臭が気になって歯磨き剤を使い続けている方が多いように思いますが、歯磨剤で口臭がなくなることはありません、含まれている芳香剤であたかも口臭がなくなったかのように錯覚するだけです。

歯磨剤には研磨剤が入っているため使うと多かれ少なかれ歯が磨り減ります、歯をきれいにしようと歯磨剤を多量に使って歯を磨いて歯をいためてしまっては元も子もありません。

歯磨剤をやめてもう少し力を抜いて磨けるようになれば歯を傷付けることなく、隅々まで歯ブラシが当たるようになりきれいに磨けて歯肉をすり減らさなくなるでしょう。


左側奥の歯(向かって右側)の表面が歯磨剤で傷つけられてスリガラスのようになっている 左の下の奥の歯から磨き始めるので使っている歯磨剤が少ないからおそらく手前の歯を磨く頃には歯磨剤が薄められてしまって歯に傷がつかなかったようになったと考えられます


右上の硬質レジン前装冠 力を入れすぎて磨いていたため硬質レジンが歯磨剤で磨り減って溝ができている また先端部の金属も露出してきている

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/


| 山田 豊和 | オーバーブラッシング | 07:04 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ