blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
<< 金魚の引越し | main | 歯の牽引(extrusion)3 >>
第四大臼歯
昨日女性の方が左上の奥歯が痛むとの事で来院されました、拝見すると智歯(親知らず)がむし歯になっていました。

症状をお聞きすると潰瘍性歯髄炎が疑われました、いずれにしろ抜歯になるので、事情を説明してレントゲンを撮らせていただきました。

すると智歯の後ろに小さな歯が埋伏していました、これは第四大臼歯といってで極めてまれなことです。

レントゲンを見ていただき智歯と一緒に抜歯することにしました、文献によると下額にもまれに見られることがあるそうですが私は見た経験はありません、また第二大臼歯と第三大臼歯の頬側(外側)に歯が生えることがありますが、これは臼傍歯といってまた別の歯と考えられています。

臼傍歯は今まで三症例ほど抜歯したことがありますが記憶では第四大臼は初めてです。


  左から第一大臼歯(六歳臼歯)第二大臼歯(十二歳臼歯)親知らずそして小さな
   第四大臼歯


       抜歯した親知らずと第四大臼歯(こんな形で生えていたように思います)


           小さいながらも一人前の大臼歯の形をしていました



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/



| 山田 豊和 | 歯数の異常 | 06:20 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ