blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
<< 歯磨き練習9回目 | main | 咬合斜面板 >>
歯根端切除失敗
27歳の女性の方です、約4年前某口腔外科にて歯根端切除を行ったものの昨年7月にフィステルが再発したため再根管治療とフジアイオノマーセメントによる逆根管充填を行ったとのことです。

今年の1月頃より根尖部違和感が再発し最近腫脹も出てきたため抜歯となる可能性が高いといわれたとのことで来院なさいました。

おそらく逆根管充填が不十分なため再発したものと考えられます、したがってアイオノマーセメントを除去して再根管充填をすれば治る可能性があります。

出来れば意図的再植の手法を使って抜歯した上で行えば問題なくアイオノマーセメントが除去できるのですが患者さんの同意が得られなかったため唇側より切開して根管内からアプローチして除去することになりました。

しかし根管内からエンドファイルが根尖まで十分届かなかったためやむなく一部残したままにせざるを得ませんでした、この状態でMTA根管充填をして様子を見ることになります。


                        4月30日 術前


                         歯根嚢胞を摘出


                             縫合


                      4月15日 初診時


                   4月15日 根管充填剤除去


4月30日歯根嚢胞の摘出と同時にアイオノマーセメントの除去を試みたが取りきれなかった





山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 16:43 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ