blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
<< MTAパーフォレーションリペア | main | 冠を被せました >>
側枝からのフィステル
42歳の男性の方です、右上1番にフィステルが出来ていたので通法どおり 根管治療をはじめました。

根管充填剤を除去して根管形成を行い、貼薬を二度行ったにもかかわらずフィステルが治りません。

通常根管形成が出来ればフィステルが消失します、二度貼薬をしてフィステルが治らないのは別の原因が考えられます、マイクロで診査しましたが感染したクラックもありません。

フィステルの出所が気になったのでアクセサリーポイントを入れてレントゲンを撮ってみました、すると根尖ではなくて近心側の根の中央部に届いていました。

そしてその部分に陰影が認められました、感染した側枝があるようです、このまま貼薬を繰り返しても治る見込みがないので根管充填を行いました。

レントゲンで確認したところ幸い側枝にシーラーが入っていました、次回にはフィステルは治っていると思います、治っていなければ別の方法を考えなければなりません。


      9月17日 根管形成をしたにもかかわらずフィステルは残ったままでした


   3月9日レントゲン 隣の2番の根管治療で撮影したレントゲン 少し不鮮明でした


    9月17日 アクセサリーポイントを入れて撮影 陰影のところに届いていた


           9月17日 根管充填後 側枝にシーラーが入っている


側枝にシーラーが入った症例 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=817
| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 06:12 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ