blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
<< 歯周病による歯肉の退縮 | main | アップライトが終了しました >>
むし歯ができてしまいました
 来月3歳になるしゅんきくんです、お母さんからお電話があってむし歯が急に大きくなってきたように思うとのことでお越しになりました。

拝見すると下顎の左右のDに小さなむし歯ができていました、お菓子はどうなさっているかお聞きしたところチュッパチャプスが大好きとの事でした。

同じお砂糖の量でも飴はお口の中に滞留している時間が長いのでむし歯を作りやすいお菓子ということになります。


お母さんによるとチュッパチャプスは子どもの目線の高さにおいてあるそうです、メーカーの思う壺にはまってしまっていたわけです、できたら飴は控えていただいたほうがいい事をお伝えしました、消費者は賢くならなければなりません。

また偏食についてお尋ねしたところ緑のお野菜が嫌いとの事でした、3歳までにお菓子の甘い味を覚えてしまうと偏食になってしまうことがよくあります。

離乳食のころはなんでもパクパク食べていたけれどいつの頃からかか好き嫌いが出てきたということはよく経験します。

お母さんにお菓子を与え始めた頃から嫌いなものが出てきたように思いませんかとお尋ねするとたいていのお母さんは思い当たることがあるようです。

甘い味は誰にでもうまい味です、特にお菓子の甘い味は強烈です、いくらがんばって味覚形成をしていてもすぐに失敗してしまいます。

お菓子をほしがってもっともっととなってしまいます、これが甘党の始まりです。

一旦甘党になってしまうと治すのは至難の業です、特に3歳過ぎてからではほぼ不可能といっていいでしょう。

ですから私たちは3歳までお菓子としての甘い味はやめておきましょうといつも言っているのです、そして甘党になってしまうと一生甘党ですから、一生むし歯と歯周病のリスクを背負っていくことになります。

これではあまりにも子供さんががかわいそうです、お菓子を与えないのがかわいそうなのか、一生むし歯のリスクを背負っていくのがかわいそうなのか誰が考えても明らかなことです。

しかしジジババにとってはかわいいお孫さんにお菓子を与えないよう我慢してもらうのは大変なことだとは理解はしています。

しかしかわいいお孫さんの健康のためむし歯を作るような味覚にしないためにここは我慢していただきたいと考えています。


ところでしゅんきくんはまだとても治療ができるような状況ではないのでとりあえず歯磨き練習を始めました。

おうちでは歯ブラシを持って磨くことはほとんどなかったそうです、夜一回お母さんが仕上げ磨きをしているとの事でした、家では歯ブラシを持ってもほとんど遊んでいるだけで磨かないのだそうです。

プロスペックの‘チャイルド’を買っていただいて磨いてごらんというと、一生懸命下の歯を磨き始めました、歯ブラシを持った経験が少なかったのか上の歯を磨くことはあまりできませんでした。

しかし毎日の事ですからすぐに磨けるようになるでしょう、またお母さんには仕上げみがきは今日からしないようにお伝えしました。


我々のところでは3歳までは食べ物でむし歯予防をするようにお話しています、つまり3歳までは絶対にお菓子を与えないでくださいとお話しています。

3歳になれば自分でいろいろなことができるようになるのでこのころから歯磨き練習を始めるようにしています、このようにすれば歯磨きは自分のお仕事になります。

しかしお母さんが赤ちゃんのときから仕上げ磨きをしていると子どもは歯磨きはお母さんのお仕事と思ってしまいます、つまりいつまで経っても歯磨きをしようとはしません、これでは歯磨き技術の習得はできません。


我々がお話しているように子育てをしていただくと子供さんはすぐに歯磨きが上手になります、そして仕上げ磨きなどする必要は全くありません。

その上好き嫌いなく何でもパクパク食べる味覚に育ちます、そして甘党にもならないため一生むし歯を作ることはありません。

つまり3歳までお菓子を与えない育児をしていただくと何でもパクパク食べる味覚に育って、甘党にもならないためジャンクフードなどの食べ過ぎによる小児肥満にもなることはありません、つまりすべてうまくいくことになるのです。

むし歯ゼロはおまけであとからついてきます。


                  もうすぐ3歳になるしゅんきくん


残念なことに小さなむし歯ができてしまいました お菓子をやめてしまえば進行は止まります


  大人用歯ブラシ「プロスペックヤング」(上) 子ども用歯ブラシ「プロスペックチャイルド」
しゅんきくんのように歯ブラシを使い慣れていないお子さんのために刷面を4列にして歯に当てたときに安定して当てられるように設計してあります、したがって大人用より一回り大きくなっています、歯磨きに慣れてきたら「プロスペックミニ」などに変えていくことになります

子育てと砂糖に関する山田歯科の考え方 http://www.yamadashika.jp/prevent10.html
予防歯科 http://www.yamadashika.jp/prevent.html
味覚形成 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=369


| 山田 豊和 | 予防歯科 | 15:28 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ