blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
癒合歯

5歳の男の子です、3歳児検診の時指摘されてもう少し大きくなってから歯医者さんで診てもらうように言われたとのことで来院されました。


      12月12日 左下A、Bが癒合しています


  
  永久切歯に欠損は認められません 歯並びを気になさっていたが

  今のところ何とかきれいに並びそうです

連続抜去法 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=807

| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 10:31 | - | - |
歯が何か変だ
9歳の女の子です下の歯が出てきたが何か変だとのことでお越しになりました、拝見したところ中心結節が発達しており折れてしまう可能性があります。

折れてしまえば歯髄壊死を起こしかねません、防ぐためにレジンで周りを補強しました。


               8月7日 発達した中心結節が見られる

 
                       レジンで補強



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 14:24 | - | - |
永久犬歯の形態異常
左下の違和感と現在の歯の状態を知りたいとのことでお越しになった45歳の女性の方です。、お口の中を拝見したところ左上犬歯が退化傾向を示し円錐状になっていました、大変まれなことだと思います。


                          8月28日


                          正常な犬歯


                       円錐状の犬歯


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 16:11 | - | - |
中心結節の破折
28歳の女性の方です5日ほど前から右下が痛み出してだんだんひどくなってきたとのことでお越しになりました。

拝見すると右下5番に中心結節の破折跡が見られました、歯髄のバイタルテストでも反応はなく急性歯髄炎になっていました、おそらく中心結節の破折が原因で急性歯髄炎になったものと考えられます、通法どおり抜髄根管治療を始めました。


                 8月6日 中心結節の破損が見られる


                根尖部に歯根膜腔の拡大が見られる

抜髄 http://www.yamadashika.jp/infection02.html
| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 09:30 | - | - |
癒合歯

26歳の女性の方です、右下1番2番が癒合歯です、歯間空隙が見られますが見た目以外には問題ありません。


                         7月25日

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 15:58 | - | - |
6歳臼歯の盲孔
7歳の女の子です、下の歯並びが気になるとのことでお越しになりました、拝見したところ乳歯の連続抜去で経過観察をすることになり問題がでてくれば矯正治療も考えるということになりました。

また萌出したての下顎6歳臼歯に盲孔が見つかりこのままではむし歯になってしまうのでコッポジットレジンで充填処置を行いました。


                  右下 かなり大きな盲孔です


                         右下にも盲孔


                       レジン充填後


                        同じくレジン充填




山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
 
| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 10:27 | - | - |
歯内歯とのことですが

8歳の女の子です、歯並びが気になるとのことでお越しになりました。

拝見したところ右上1番に形態異常があって癒合しているのか別々の歯なのか診断が付かなかったので日赤へ紹介してCTを撮っていただきました。

結果は癒合していることが判明し、日赤での診断は歯内歯とのことでしたが個人的には奇形歯あるいは過剰歯との癒合歯ではないかと思うのですが、それはさておきこのままではすみずみまで歯を磨くことが出来ないのでむし歯が心配です、スーパーボンドでシーラントをして時々経過観察をしていこうと考えています。


             5月16日 スーパーボンドクリアでシーラントをした


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 16:55 | - | - |
珍しい歯の舌面形態

25歳の男性の方です、歯医者は10年ぶり全体的に診てほしいとの事で来院なさいました、拝見すると以前詰めたごく小さなレジン充填が3ヵ所脱離しているのと、僅かなむし歯が1本だけあるだけでした、それも活動しているわけではありませんでした。

間食についてお尋ねしたところ間食はしないとのことでした、このままの食習慣が続けばむし歯になることはないと思います。

左上2番に形態異常があったので参考のために写真を撮らせていただきました。


                 3月6日 左上側切歯の舌面(鏡像)


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 09:31 | - | - |
盲孔が出てきました
今年の6月13日に左側の6歳臼歯の盲孔をシーラントで封鎖した方です、右側はまだ十分出てきていなかったのでシーラントを見送っていました。

10月5日に歯磨き練習にお越しになったとき担当の歯科衛生士から盲孔が出てきていると報告があったので診察するとシーラントができる状態まで萌出していました。

早速シーラントをしてもう少し萌出したら歯頚部マージンをきれいに研磨します。


           10月5日 シーラントができる状態まで萌出してきた


                          シーラント後



                        6月13日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2120


 
| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 09:19 | - | - |
6歳臼歯の盲孔

6歳の女の子です、今年の1月にお越しになったとき右側の萌出してきた6歳臼歯の頬面溝に盲孔が見つかりましたが十分生えきっていなかったので充填することができませんでした。

6月13日にお越しになったときには充填できる状態だったのでコンポジットレジンで充填しました、また反対側の6歳臼歯にも盲孔があるので夏休みくらいになれば充填できそうなのでその頃来院してもらうことになりました。


                      右側の6歳臼歯の盲孔


                      コンポジットレジンで充填


              左側の盲孔 もう少し萌出すれば充填する予定


盲孔 http://www.yamadashika.jp/prevent02.html#a04

| 山田 豊和 | 歯の形態異常 | 15:56 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ