blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
良くなっています

前回の歯磨き練習から約一ヶ月経過、かなり良くなってきました。

 

           7月3日 かなり引き締まった

 

                  6月5日

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3449

| 山田 豊和 | ブラッシング | 17:48 | - | - |
ピカピカに磨けています

4月から歯磨き練習を始めた方です、ピカピカに磨けていました。

 

   6月5日 ピカピカに磨けていて歯肉の赤みが取れてきました

 

                5月8日

 

                   4月14日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3433

| 山田 豊和 | ブラッシング | 15:56 | - | - |
歯磨き練習2回目です

4月17日から歯磨き練習を始めた方です、少し後戻りしたようです。

 

         5月8日 少し腫れている

 

           4月14日 初診時

 

        5月8日 下顎前歯舌側 腫脹あり

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3423

| 山田 豊和 | ブラッシング | 12:19 | - | - |
歯肉の軽い腫脹

32歳の男性の方です、右上2番が2週間前から痛い気がするとのことでお越しになりました、この歯については問題はありません、ほかに少し問題はありましたが様子を見ることになりました。

 

左下1番と2番の間の歯間乳頭に腫脹があったので磨けるようになれば良くなることを説明し早速歯磨き練習を始めました、良くなってくるのを楽しみにしています。

 

   2017年4月17日 僅かな腫れがあります

 

 2017年4月17日 重なっているので磨くのは難しい

 

 

ブラッシングの威力 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=41

| 山田 豊和 | ブラッシング | 17:22 | - | - |
プラークの付着と歯肉炎
S君中学二年生です、昨日学校検診でプラークと歯肉炎を指摘されて来院なさいました。

お口の中を拝見するとプラークがたくさん付着しており歯肉炎になっていました、野球部の部員でショートを守っているとのことでした。

飲み物についてお聞きしたところ、スポーツ飲料を多量に飲んでいるとのことでした、このままではむし歯にしてしまうのでやめたほうがいいことをお伝えしました。

運動部の指導者によってはスポーツ飲料を勧める方がいらっしゃいますがスポーツ飲料にはおよそ7%の砂糖が含まれています。

コップ1杯くらい飲む分には問題ないのですが、この暑さでは飲む量は半端ではありません結果として多量のお砂糖を摂取することになります、気をつけていただいたほうがいいと考えています。


              多量のプラークの付着と歯肉炎が認められます


           いつもこれ位磨けていると歯肉炎はすぐに治ってしまいます

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
エナメル質の白濁 http://www.yamadashika.jp/prevent04.html#a03
| 山田 豊和 | ブラッシング | 09:45 | - | - |
エナメル質の白濁
ユキちゃん6年生、2年半ぶりの来院です。検診を希望されてお越しになりました。お口の中を拝見するとプラークが積もっていました、これでは大変です。早速歯磨き練習を再開することにして、本人に現在のプラークの状態を見てもらいました。そしてプラークをおとして、エナメル質が白濁して、一部変色し始めていることを説明しました。しかしきれいに磨いて、お菓子の食べすぎをしなければ、元どおりになることもお伝えしました。


                     堆積したプラーク


  プラークの下でエナメル質の白濁(脱灰)が起こっていた、一部変色も始まっている

元どうりになるのを再石灰化といいます、唾液はカルシュウムの飽和溶液なので条件を整えてやれば再石灰化してきます。この条件とはプラークが付着していないことと、お菓子の食べすぎがないことです。

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | ブラッシング | 13:11 | - | - |
歯磨き練習
先日患者様の大川直美様からかわいいイラストをいただきました

「歯磨きれんしゅうって、お〜もしろ〜い」というものです

そのように感じてもらえたらわれわれも本望です そしてイラストまでいただけるとは・・・

やっててよかったと思いました HPに使わせていただきます ありがとうございました




幼児の歯磨きについて http://www.yamadashika.jp/prevent11.html
| 山田 豊和 | ブラッシング | 12:10 | - | - |
がんばりすぎてできてしまう磨き傷
もうすぐ治療も終了するOさん、そして月末にアメリカ留学に出発なさいます、歯磨きも本当に上達なさっていい状態を維持されています。

今日帰り際に上の奥が腫れて痛いんですがとのことでした、拝見すると磨き傷が見られました。

歯磨きが上達するときによく見られるもので、痛いので悪くなったのではないかと思いつい力を入れてみがくために起こります。

1週間ほど歯磨きを休んでいただければ治りますとお伝えして 今日はこの部分の歯間ブラシの入れる方向を確認しました。


    歯肉に傷が見られます 1週間ほどこの部分の歯磨きを休んでいただけば治ります


磨き傷 http://www.yamadashika.jp/prevent08.html#a015
| 山田 豊和 | ブラッシング | 12:24 | - | - |
ステイン(茶渋)
テレビCMでも最近流されていますが、歯にステイン(茶渋)がつくことが良くあります、これは食物や飲み物の色素が歯にくっついたものです。

プラークではありませんからくっついていても歯肉や歯を悪くすることはありません、とは言うものの見た目がよくないので取って欲しいとおっしゃる方が良く来られます。

しかし原因は歯磨きが不十分だからで毛先の当たってないところによくくっつきます、もし歯磨きが以前のままなら取ったとしてもその日からまたくっつき始めます。

ですから先に歯磨きの練習をして歯磨きが上達してから取ってやれば二度とくっつく事はありません。

このような理由で私どものところでは歯磨き練習を先ずお勧めいたしております、また歯磨きが不十分な方は往々にして歯周病になっている事がよくあります。

歯周病を治さないでステインを取ったり歯石を取ると出血があったり痛みもあります、運が悪ければ知覚過敏になることさえあります。

いずれにしても歯磨きが上手になって歯周病を治してから取った方が良いと考えています。


                  ステインを取る前 


                     ステインを取った後
       
山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | ブラッシング | 16:24 | - | - |
磨いているのと磨けているのは違います
歯磨きは完璧だとおっしゃって来院されました,赤染めをしてどれだけ磨けているか確かめる事にしました。


                         赤染めする前


                赤染めした後 歯と歯のあいだに残っています

                         磨けた状態

同じ磨くならきれいに磨けた方がいいと思います、きれいに磨けたかどうかは赤染めで確かめます。

山田歯科HP http://yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | ブラッシング | 14:26 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ