blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
合計特殊出生率 1.25 その2
「子ども欲しくない」本音を聞くと  6月4日朝日新聞朝刊より転載

■東京の男性会社員(独身35歳)
 結婚もしたいし、子どもも欲しい。一人きりの老後は寂しいですから。
 でも、20代後半から金融関係の仕事が面白くなってきたし、交際していた女性も仕事を大切にしていたので、結婚する勢いやきっかけが無くなった。周囲の初婚年齢が上がり、焦りも感じなかった。もろもろのことが重なるうちに、気が付いたら独身のまま30代半ばになっていたという感じです。
 少子化問題には関心ありますよ。児童手当の充実くらいでは何も変わらないと思う。「人は財産」と考えて経済的支援をするなら子どもがいる家庭に大幅な税金控除をするぐらいの決断をしないと。そのための増税ならやむを得ません。
 公的なお見合いパーティーの話も聞くけど、ありえない。合コンしている若者はいっぱいいる。感覚がずれてるように思います。



| 山田 豊和 | 少子化問題 | 07:23 | - | - |
合計特殊出生率 1.25
確か昨年から日本の人口の純減が始まったと言うようなニュースを聞いた気がしますが我々団塊の世代が死んじゃうと日本の社会は人口が減ってスカスカになるように思いますが、それを自分の目で見られないのは本当に残念です。

山が好きで高校・大学と山岳部で大学4年で引退のはずが部員の少ない人気の無いクラブだったので5年まで続けてそのとき3年の部員が一人いて最後は2人で山に登っていました。

その後新入部員はなく、その後輩がたしか最後の部員になりました。

今相撲部が人気が無くてどこも大変だそうですが我々の山岳部は30年以上も前にそんな状態でした。

大学4年の冬山合宿が終わって後期のテストの後スキー部の友人に野沢温泉スキー場に連れて行ってもらいました。 

もちろんお金が無いので格好は冬山のウエアーでニッカボッカのズボンに羽毛服で山用のゴ−グル 毛糸の目だし帽、一旦転んだら雪まみれになります。 

その友人にかっこ悪いから近ずかんといてくれといわれました、それからスキーにはまってしまい せっせとスキー場に通いましたがスキー場の混みようといったらそれは大変なもので、当時リフトはほとんど一人乗りで高速リフトなんてありませんからのろい事といたらそれはすごいモンで滑っているよりリフト待ちの時間のほうがず〜と長かったもんです。

スキーのゲレンデはすいているのにリフト乗り場は延々長蛇の列、そのように我々の世代は何をするのもすごい競争順番待ちで小学校は一クラス55人で9クラスありました(網干小学校)。

その当時広畑小学校は確か24クラスだったと思いますもちろん一学年です、その後第二小学校ができました。

ところが今やスキー場はどこへ行ってもガラガラ、リフト待ちなんて正月でもありません、小学校は確か一クラス35人一学年3・4クラスですから・・・・・。

後40年もすれば団塊の世代もすっかり墓場に納まって(墓場は焼くから嵩が減るので混まないでしょう、良かったね)

日本中今のスキー場状態になっていると思います、あと心配は今から30年位後我々が80代後半になる頃日本中の老人施設、・・老人病院・・葬儀場が30年前のスキー場状態になっているかも知れません。

ひょっとすると死ぬのも焼き場が一杯でちょっと2・3日待ってくださいなんてことになって焼き場の順番待ちの延命のためまた医療費がかかるようになているかも知れませんね。

まあ団塊の世代は人が多いのでこれからもいろいろたいへんでしょう。
| 山田 豊和 | 少子化問題 | 06:41 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ