blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
根管充填を行いました
右上6番の咬合痛と4番か5番がしみるのと歯肉のひりひり感を主訴としてお越しになった方です。

しみるのはすっかりよくなったとのことです、また歯肉のひりひり感もなくなったとのことでした、咬合痛は依然として残っているようです。

しみる原因は4番の歯髄炎だったようです、打診痛もなかったので、根管充填を行いました。


                            7月26日


                         7月2日 初診時

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3112
| 山田 豊和 | 抜髄 | 12:48 | - | - |
抜髄難症例

21歳の男性の方です、むし歯があって痛みもあったりなかったりとのことでお越しになりました。

レントゲンを撮ってみると歯髄近くまでむし歯が進行していて抜髄しなくてはならない状態でした、事情をお話して抜髄したところ根尖近くで根管が屈曲していて根管形成に苦労しました、次回根管充填することになるのですがこれも困難が予想されます。


                       7月4日 初診時


                           頬側根管


                        口蓋側根管




抜髄 http://www.yamadashika.jp/infection02.html

| 山田 豊和 | 抜髄 | 10:27 | - | - |
歯髄の診断は難しい

41歳の女性の方です、根管治療中の右上6番が咬むと痛む、また右上4番か5番がしみて痛みがある、他にも歯肉にぴりぴりした痛みがあって困っているとのことでお越しになりました。

拝見したところ右上5番6番には仮歯が被せてあり歯肉は少し発赤していてオーバーブラッシング気味でした、ひりひりするのはこれが原因と考えられます。

またレントゲンを撮らせていただいたところ、6番はすでに根管充填まで終わっていてシーラーが遺漏していました、これ自体はそれほど問題ではありませんが咬合痛があるのは感染が残っていると考えられます。

5番は有髄歯だったため仮歯をはずして診査したところ、歯髄は健全と考えられましたが知覚過敏があったのでコーティングをして再び仮歯を装着しました。

4番について詳しく伺ったところ6番の根管治療をしていたとき痛みが出てきたので診てもらったところ歯髄は健全ということでむし歯を除去して充填処置をしてもらったとのことでした、しかし痛みは依然として続いていて一向によくならないとのことでした。

レントゲンでは異常所見は確認できなかったため歯髄は健全と評価したいところですが痛みがあるとのことなので何らかの原因はあるだろうと考えて、象牙質のクラックを疑い麻酔をして充填物を除去したがクラックは見つかりませんでした。

ただ痛みから推測するとやはり4番は歯髄炎としか考えられません、患者さんに状況を説明して結局抜髄することになり髄腔を開拡したところかなり出血してきたので歯髄炎と診断したのは間違っていなかったと思います。

またオーバーブラッシングもあったので歯磨き練習も始めました。


             7月2日 初診時 歯肉がいじけている(鏡像)


        右上4番 充填物を除去したがクラックは見つからなかった(鏡像)


 7月2日初診時 6番はシーラーが漏出していた 4番は歯根膜腔の拡大が伺える


                      4番の頬側根管長測定


                     口蓋側根管長測定




抜髄 http://www.yamadashika.jp/infection02.html

| 山田 豊和 | 抜髄 | 09:24 | - | - |
根管充填
露髄していた右下6番をドックスベストセメントで保存を試みた方です、結局保存はできず抜髄となってしまい根管充填を行いました。


                           6月6日


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3029
 
| 山田 豊和 | 抜髄 | 09:18 | - | - |
根管充填を行いました
象牙質のクラックが元で歯髄炎になり抜髄した方です、延び延びになっていましたが根管充填を行いました、問題がでなければ内部接着修復を行います。


                          5月13日





経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3059
| 山田 豊和 | 抜髄 | 18:30 | - | - |
やっと治りそうです

左上の6番にクラックがあって接着修復を行った方です、結局沁みるのが止まらずやむなく抜髄をしたのですが、今度は打診痛が止まらず根管治療をして根管形成の後水酸化カルシュウムを貼薬して半年ほど経過観察をしていました。

先日お越しになって様子を伺った所まだ少し違和感があるとのことでした、もう少し確実な根管形成をすべく30号のファイルを入れてでレントゲンを撮ってみました、それなりに根管形成が出来ていたので違和感が収まってくれることを祈っています。


                         4月24日(鏡像)


                   4月24日 MB根管とDB根管


                   4月24日 MP根管とDP根管



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2802

| 山田 豊和 | 抜髄 | 18:37 | - | - |
歯が痛くなった
22歳の女性の方です、以前治療してもらった左下6番が先月から痛み出したとのことでお越しになりました、レントゲンを撮ってみると根尖部に歯根膜腔の拡大が見られ症状から歯髄炎と診断し抜髄をしました。

症状がなくなっていれば次回根管充填を行います。


                        3月28日 初診時


                      3月28日 根長測定


                     3月28日 根長測定時



抜髄根管充填 http://www.yamadashika.jp/infection02.html
| 山田 豊和 | 抜髄 | 10:04 | - | - |
残念ながら抜髄することになりました
インレーを装着してから痛みが出てきて、診てほしいとの事でお越しになった方です、露髄していましたがドックスベストセメント療法で歯髄の保存を試みました、しかし歯髄炎がひどくなったため急遽抜髄することになってしまいました。


                           舌側根管


                          頬側根管


                      2月21日 初診時


                       3月26日(鏡像)




経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3021
| 山田 豊和 | 抜髄 | 11:37 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ