blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
冠を被せました

1月28日に意図的再植の手法を使って折れこんだファイルの除去とパーフォレーションリペアをした方です、仮歯を装着して1カ月経過観察をしていましたが問題なく咬めることが確認できたので冠を被せました。

 

               6月24日(鏡像)

 

                 6月24日

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3408

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 17:27 | - | - |
意図的再植法でファイルの除去と歯質の再建

49歳の女性の方です、左上6番の頬側にフィステルがあって近心頬側根管にファイルが折れこみがあり根尖には歯根嚢胞が認められます、その上近心壁から髄床底にかけて歯質の欠損しています、根管治療を始めたところ3根管とも根尖まで穿通できませんでした。

 

保存を希望されていたので意図的再植の手法を使い感染源の除去と歯質の再建をしました。

 

       2017年2月10日 フィステルの出どころを確認

 

            4月24日 ファイルを取り出した

 

              6月6日 術前(鏡像)

 

                   抜歯

 

           口蓋根管にもファイルが残っていた

 

                 接着前処理

 

                 歯質の再建

 

                 トリミング

 

                  再植(鏡像)

 

                    術後

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:18 | - | - |
意図的再植と歯質の再建

46歳の女性の方です、左下7番が抜歯と言われたとのことでお越しになりました。

 

治すのはかなり難しいこととリスクについて説明しました、色々悩まれたようですが意図的再植の手法を使い歯質の再建をすることになりました。

 

            6月2日 術前(鏡像)かなり厳しい

 

                  抜歯

 

                軟化象牙質の除去

 

                 歯質の再建

 

              マージンのトリミング

 

                   再植(鏡像)

 

                6月2日 術後

 

              6月2日 術前

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:53 | - | - |
クリーピングが進んでリペア部分が見えなくなりました

2010年9月に意図的再植の手法を使ってパーフォレーションリペアをした方です、久しぶりにお越しになったので写真とレントゲンを撮らせていただきました、問題はありません。

 

2017年5月13日 クリーピングが進んで接着材がが見えなくなった

 

            2013年6月22日

 

 

            2010年10月15日

 

             2017年5月13日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2833

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 19:12 | - | - |
意図的再植

43歳の男性の方です、2014年に右下6番が欠けたとのことでお越しになりました、この歯は子供のころ抜髄をして5、6年前根管治療をしたが治せないと言われたとのことです。

 

咬合時違和感があったため根管治療を始めたのですが生活歯髄切断法を用いてたようなのでデンチンブリッジらしきものがあって根管口が開きませんでした。

 

根管充填はあきらめて冠を装着して終了したのですが今年の2月急性炎症を起こし来院されたので抗生剤の投薬でしのぎました。

 

治ったわけではないので意図的再植の手法を使い根管治療をすることになりました。

 

2014年4月25日 デンチンブリッジの形成と考えられた

 

 

     2017年4月18日 術前(鏡像)

 

            抜歯

 

          根管内の清掃

 

          近心根に管孔二つ

 

       スーパーボンドによる根管充填

 

          再植(鏡像)

 

  近心頬側根管口に厚いデンチンブリッジが認められた

 

       2017年4月18日術後

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

 

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 12:49 | - | - |
予後不良のため意図的再植

40歳の女性の方です、前医で右下6番にクラックがあるため抜歯と言われたとのことでお越しになりました、冠を外して精査しましたがクラックは認められません、根尖病巣があったため昨年の12月から根管治療を始めました。

 

しかし近心舌側根管が根尖を穿通しなかったためファイルが届いたところまで2017年月17日に根管充填をして経過観察に移行しました。

 

しかしそれから約1か月後急性炎症を起こしたため意図的再植の手法で根管充填を行いました。

 

      2017年4月14日術前(鏡像)

 

     近遠心根尖に歯根吸収が認められる

 

           根管の清掃

 

スーパーボンドとコア用レジン、ファイバーポストで根管充填

 

           再植(鏡像)

 

      2017年4月17日 術後

 

    2017年1月14日 根管充填時

 

2016年12月20日 初診時 近遠心根とも根尖病巣が認められる

 

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 19:08 | - | - |
仮歯を装着しました

3月25日に仮歯の印象を採得した方です、仮歯を被せました。

 

これで1カ月経過観察をして問題なくかめるようなら本歯を被せます。

 

          2017年4月1日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3408

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 13:27 | - | - |
動揺も収まりゴム咬み試験でも問題ありません

1月28日に意図的再植法の手法を使って根管内に残ったファイルの取り出しとパーフォレーションリペアを行った方です、歯根遠心側に腐骨があったため心配していました。

 

3週間ほど動揺が残っていましたがすっかり収まりゴム咬みでも十分咬めるようになっていたので、レジンで支台をつぎ足し仮歯の印象を採りました、次回被せます。

 

       2017年3月25日(鏡像)

 

     3月25日 骨の回復がうかがえる

 

          2月28日術直後

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3390

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:22 | - | - |
2年4か月と1年8か月

右上6番を2014年11月に意図的再植、右上5番を2015年7月に接着再植を行い2016年7月にジルコニアクラウンを被せた方です、3月24日にお越しになったので写真とレントゲンを撮らせていただきました。

 

  2017年3月24日 6番5番共いい状態です

 

 2017年3月24日 右上5番6番共問題ないようです

 

   2015年7月4日 右上5番接着再植術直後

 

意図的再植法 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=189

外部接着再植法 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=161

 

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:24 | - | - |
9日経過しました

再植から9日経過しました、舌で押すとまだ痛みがあります。

 

           3月21日

 

           3月15日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3402

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 17:31 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ