blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
歯肉炎が後戻りしました

この4月から歯磨き練習を始めた女性の方です、クリスマスイブの日にお越しになりました。

つわりがひどくて少し間が開いてしまいました、つわりの間歯磨きが全く出来なかったそうです、歯肉の状態が悪くなってしまいましたが、長い人生このようなことはよくあります。

気を取り直していただいて歯磨きをすればすぐに良くなってきます、出来る範囲で磨いてくれればいいと思います。

是非丈夫な赤ちゃんを産んでください。


                 磨けるようになれば必ず良くなります


                        少し腫れちゃいました


                 磨けていれば腫れは収まってきます

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯周病を歯磨きで治す将 | 13:10 | - | - |
歯石が乾いてきました

6月17日に約1ヶ月ぶりに歯磨き練習にお越しになりました、受付でばったり顔を合わせたので如何ですかとお聞きしたところニコニコしてよくなっていますとの事でした。

あらためてお口の中を拝見すると歯石がからからと乾燥してきている状態でした。

ここまでくればもう心配ありません、治るのも時間の問題です、歯磨き練習をしてご自分の力で治したわけですから、たとえ再発の兆候が現れてもすぐに歯磨きで治してしまうでしょう。

これこそ「自分の健康は自分で守る」事の実践にほかなりません。


                          6月17日


                         4月1日初診時


6月17日の下顎前歯部 もちろん歯石は取っていません 歯磨きだけでここまで良くなりました


                     前回5月20日の下顎前歯


6月17日の左上犬歯 初診時より発赤してきた 磨き方を変えたため磨き残しになっている


   初診時の左上犬歯 オーバーブラッシングではあるが磨けているので発赤は無い
   ひどいフェスツーンが見られるが歯磨圧が減ってきているのでやがて治っていくでしょう

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯周病を歯磨きで治す将 | 17:52 | - | - |
4回目の歯磨き練習です
一昨日4回目の歯磨き練習にお越しになりました、少しづつですが歯肉は良くなってきています。


                         5月20日


                        4月1日初診時


                         5月20日


                         4月30日


                         4月15日


                        4月1日初診時

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯周病を歯磨きで治す将 | 17:04 | - | - |
歯磨き練習続けています
歯磨き練習3回目です、ご本人は歯肉が良くなってきていることはあまり判らないようですが、少しずつ腫れが減ってきました。

磨けるようになれば必ず歯肉は良くなってきます、練習を続けていくことが歯磨きを上手になる一番良い方法です。


                     4月30日 昨日の歯肉の様子


                       4月1日 初診時


        4月30日 練習しているのは左の下1番(向かって右から3番目)


                        4月1日 初診時

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯周病を歯磨きで治す将 | 13:29 | - | - |
歯磨き練習2回目です
昨日2週間ぶりにお越しになりました、拝見すると少し歯肉の腫れがよくなっていました。

出血が減ってきたとのことでした、しかし磨いているうちに力が入ってしまうとのことでした、歯磨き練習の中でも力を抜いて磨けるようになるのが一番難しい技術です。

こればっかりは繰り返し繰り返し練習するしかありません、時間はずいぶんかかりますがこれが出来るようにならないと大なり小なり歯肉を傷つけてしまいます意識して続けることが大切です。


                        昨日の全体像


                        4月1日初診時


     昨日の下顎前歯部 歯石が乾いてきていて歯肉のボリュームが減ってきている


                    4月1日初診時の下顎前歯部

歯周病 http://yamadashika.jp/perio.html
| 山田 豊和 | 歯周病を歯磨きで治す将 | 06:23 | - | - |
歯肉が下がってきた
37歳の女性の方です。

歯肉が下がってきてこのままでは歯が抜けてしまうと心配なさって来院されました。

拝見すると下顎の前歯の歯肉が発赤して歯石の沈着も見られました、しかし他の部分はきれいに磨けていてほぼ健康な状態です。

おそらく歯ブラシがあたると出血するので磨くのを躊躇なさっていたのではないかと思います、磨けるようになればきれいに治るので早速歯磨き練習を始めました。

歯磨圧が強くて歯肉の退宿と歯磨剤による楔状欠損がみられたので歯磨剤をやめることと力を抜いて磨くようにお伝えしました。


                    2009年4月1日初診時


        磨けるようになるとすぐに治ってくるでしょう 次回が楽しみです


歯磨剤を使っているのと歯磨圧が強いため楔状欠損と歯肉の退縮・フェスツーンが見られる 右利きのため左上から歯磨きを始めていることが伺われる


           こちらはそれほどひどい歯肉の退縮も楔状欠損も見られない

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
フェスツーン http://yamadashika.jp/prevent08.html#a011
歯肉の退縮 http://yamadashika.jp/prevent08.html#a011
動画 毛先磨き http://yamadashika.jugem.jp/?cid=158

| 山田 豊和 | 歯周病を歯磨きで治す将 | 06:10 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ