blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
歯肉縁上歯石

39歳の男性の方です、歯が欠けたとの事で来院なさいました。

拝見すると歯が欠けたのではなく歯石が欠けて取れたのを歯が欠けたと勘違いなさったようです。

下顎の舌側に歯石が付着しておりその一部が欠けていました、このまま歯石をとっても歯磨きが上達しないとすぐに歯石がついてきます。

歯磨きの練習をしてきれいに磨けるようになれば歯石が付くことはありません、事情を説明して歯磨き練習を始めることにしました、早速歯ブラシを買っていただいては磨き練習を始めました。

上手に磨けるようになれば歯石がカラカラに乾いてきます、もしかすると歯石も一部取れてくるかもしれません。


         歯石がびっしり付着していてその一部が取れている(鏡象)


          歯肉の発赤が見られる 磨けてくると腫れが収まってきます

歯周病 http://www.yamadashika.jp/perio.html
歯石 http://www.yamadashika.jp/perio02.html

| 山田 豊和 | 歯磨き練習 | 18:57 | - | - |
もう一度歯磨き練習をすることになりました
4年前からお越しになっている25歳の女性の方です、ステイン(茶渋)を取ってほしいとのことで1年3ヶ月ぶりに来院されました。お口の中を拝見するとステインの付着と上顎切歯(前歯)の表面にプラークが付着しており、エナメル質の表面がすりガラス状になっていました。歯磨き剤をお使いですかとお聞きしたところ、通販で買った研磨剤の入っていないのを使っているとのことでした。しかしエナメル質の表面の傷のつき方からするとやはり研磨剤は入っているようでした。使わないほうがいいことをお伝えしました。この程度の傷ならおそらく1ヶ月もすれば治ってしまうでしょう。そして切歯の表面を見ていただき、磨けていないことをお伝えしてここをきれいに磨けるようにまた練習してみませんかとお伝えしたところやってみるとのことだったので、歯磨き練習を再び始めることになりました。そして歯磨きが上手になって甘いものに気をつけて是非8020を目指してくださいとお伝えしました。


              正面像 ステインの付着が見られます


上顎中切歯のプラークとステインと磨き傷 ステインが気になって一生懸命歯ブラシでごしごしこすったのだと思います、気になったのは中切歯の近心(中央部)の僅かなへこみです、お尋ねしたところステインが気になって歯間ブラシでこすったとのことでした。あまりごしごしこすったため歯間ブラシの針金でエナメル質をすり減らしたようです。針金が当たるくらいごしごしこすらないようにお伝えしました。


右下の犬歯 ここにはエナメル質の傷はありません おそらくあまりごしごしこすらなかったのだと思います


4年前にはじめてお越しになられたときのレントゲン 左下の第一大臼歯が欠損している以外大きな問題はありません。このときから4年経っているので親知らずの動向を見て抜歯するのがいいと思います。

山田歯科HP http://yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 歯磨き練習 | 13:33 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ