blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
安定したかみ合わせになりました
4ヶ月のチンキャップの装着で前歯が正常咬合になりました。和人君は熱心にチンキャップをしていたので、思いのほか早くいい状態になりました。


                  チンキャップ装着4ヵ月後


                     矯正治療前

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 矯正治療機併劼匹發糧紳侑合) | 16:45 | - | - |
反対咬合が治りました
和人君受け口の矯正治療のためチンキャップを使い始めて3ヶ月になります。昨日お越しになりましたが臼歯もしっかりかめるようになっており反対咬合が治っていました、このまましばらくチンキャップを使っていただいて後戻りの可能性がなくなればとりあえず終了になります。


               矯正治療開始時 2007年11月22日


                 約3ヵ月後 2008年2月19日

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 矯正治療機併劼匹發糧紳侑合) | 09:34 | - | - |
チンキャップによる矯正治療
和人君は昨年の11月からチンキャップを使って反対咬合(受け口)の矯正治療をしています。

昨日お越しになりましたがいつも通りチンキャップをして来院されました、がんばってチンキャップをつけているようです。

このように出来るだけ長い時間チンキャップをつけていると大きな効果が得られます、下顎がずいぶん後方位をとることができるようになってきてもう少しで臼歯部がしっかりかめそうな状態になっていました、次回はおそらく治っているものと思います。


                      11月22日開始時


   12月25日チンキャップ装着1ヵ月後 切端咬合は出来るが臼歯部はすいている


      1月22日チンキャップ装着2ヵ月後 この間下顎の両側乳犬歯を抜歯した


                   12月25日チンキャップ装着1ヵ月後


                   1月22日チンキャップ装着2ヵ月後


矯正歯科 http://www.yamadashika.jp/ortho.html




| 山田 豊和 | 矯正治療機併劼匹發糧紳侑合) | 06:59 | - | - |
反対咬合
和人君7歳 一ヶ月前からチンキャップで反対咬合(受け口)の治療をしています、できるだけチンキャップを着けているようにお話したところ今は冬休みなのでがんばって食事と歯磨きとお風呂以外はつけているとの事でした。

12月25日にお越しになられましたが、下あごを後ろにすれば下顎前歯切端が上顎切端の後ろに持ってこれるようになっていました、ただそのとき臼歯があたらないのでしっかりかみこむと反対咬合になってしまいます(デュアルバイトといいます)このまま続けていけば、あと一ヶ月位で正常被蓋(上が前で下が後ろのかみ合わせ)になりそうです。

ただ下顎前歯が重なっているので乳犬歯の抜歯が必要です。


                   11月22日 矯正治療開始時


       約1ヵ月後 12月25日 顎を後ろにすれば正常にかめるようになった


                       チンキャップ

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 矯正治療機併劼匹發糧紳侑合) | 06:25 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ