blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
弱弱しい歯肉の方の歯肉退縮
昨日H.K.さん28歳女性の方が、歯の検診と除石(スケーリング)を希望して来院されました。

お口の中を拝見すると力をいれて歯を磨いていらっしゃるようで歯肉が著しく磨り減っていました、またこの方の歯肉は弱々しい歯肉(弱い歯肉ではありません)で少しでも力を入れすぎるとすぐに磨り減ってしまうタイプでした。

このままの歯磨きを続けるとますます歯肉が磨り減ってしまうので、力を抜いて歯肉をすり減らすことなくきれいに歯が磨けるようになるまで、歯磨き練習をすることをお勧めしました、また歯磨剤も歯をすり減らすので使わないようにお伝えしました。

そして下顎の舌側(裏側)には多量の歯石が付着していましたが、今取ったところできれいになるまで磨ける様にならないと取っても取ったその日からまた歯石がつき始めますし、歯石を取るときには出血したり強い痛みがあったりします、ひどいときは知覚過敏にもなることがあるので事情を説明してきれいに磨けるようになり歯肉が治って出血しなくなるまで歯石は取らないことにしました。

このように歯を大切にしようとがんばって磨いてきたことが返ってあだになって、歯や歯肉を傷めててしまう方がよくいらっしゃいます、返す返すも残念でなりません。


                初診時10月5日の歯と歯肉の状態


同じく10月5日の右(向かって左)の犬歯辺り 軟らかそうな歯肉が磨り減って歯根が露出して磨り減っています


昨日の左(向かって右)の犬歯辺り 右ほどひどくはありませんが、同じように歯肉と歯根が磨り減っています。この方は右利きで右の上から歯を磨き始めるので右側が一番被害が大きいのだと思います


10月5日下額(下の歯)の舌側(内側)多量の歯石の沈着と歯肉の発赤が見られます。この状態でいきなり歯石を取ると血だらけになってしまいますし、痛くて仕方が無いでしょう。(鏡像)

オーバーブラッシング http://www.yamadashika.jp/prevent08.html
| 山田 豊和 | オーバーブラッシング  | 05:31 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ