blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
お菓子の食べすぎ
4歳の男の子です、歯肉に出来物が出来ていて、根っこの治療をしてもらった所熱がでてきたとのことでお越しになりました。

拝見したところ感染根管になっていてフィステルが出来ていました、しかし発熱はむし歯とは関係はありません。

お菓子の与え方について伺った所1年前から増えてきたとのことでした、仕上げ磨きをしていたとのことですがお菓子の食べすぎがあれば仕上げ磨きもむし歯予防には繋がりません、お菓子は一日一種類一個までにするようお伝えしました。

フィステルは根っこの治療をすれば治るのですが、本人は治療するのが嫌そうだったのでここは無理をせず歯磨き練習から始めることになって早速歯磨き練習を始めました。

また今日から仕上げ磨きはしないようにお伝えしました、仕上げ磨きを続けているといつまで経っても歯を磨く意欲が育たないのであまりいい事ではないと考えています、本人に磨いてもらうのがいちばんです。

むし歯予防は三歳まではお菓子を与えない育児をすることが大切です。


                2月28日 右上Dが原因のフィステル


                        2月28日




むし歯ができてしまったら http://www.yamadashika.jp/prevent.html#03
むし歯の出来ないおさとうの量 http://www.yamadashika.jp/prevent05.html
| 山田 豊和 | 乳歯のフィステル | 09:47 | - | - |
乳歯のフィステル

小学校5年生の女の子です、歯肉にできものができたとの事でお越しになりました、拝見すると右上Dの歯肉にフィステルが出来ていました。

レントゲンではすぐそこまで4番が萌出してきていたので抜歯することになります、しかし本人は抜きたくないとの事なのでとりあえず今回は抜歯は見送りとしました。

特別急ぐことはないのでその気になってから抜歯することにします、うまく行けば自然に永久歯と交換するかもしれません。


                  9月30日 Dの歯肉に出来たフィステル


                  4番がすぐそこまで出てきている


山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 乳歯のフィステル | 11:43 | - | - |
フィステルは治りました
左下Dにフィステルが出来ていたため根管治療をした男の子です、1月19日にお越しになりましたがフィステルはきれいに治っていました。

早速根管充填をして乳歯冠を被せました、遠心根が吸収されていたので再発の可能性も捨て切れません、再発した場合は状況によって処置方針を決めることになります。


               1月19日 フィステルの跡が残っている


                       1月11日 治療前



経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1956

| 山田 豊和 | 乳歯のフィステル | 13:13 | - | - |
乳歯のフィステル
8歳の男の子です、左下Dにフィステルが出来ています。

レントゲンを撮ってみると遠心根が感染源になっていることが伺われました、冠をはずして根管治療をしてみると遠心頬側根管が吸収されて短くなっていました、おそらくこの根が原因だと思われます。

通法どおり根管治療をしました、うまく行けば次回にはフィステルは消失しているものと思います。


                1月11日 フィステルが出来ている


                  1月11日 遠心根に影が見られる

フィステル http://www.yamadashika.jp/infection.html#a01
 
| 山田 豊和 | 乳歯のフィステル | 11:00 | - | - |
乳歯のフィステルが治ってきました
 6月2日に抜歯といわれた歯を治せないかとの事でお越しになった7歳の子供さんですが昨日お越しになりました。

拝見するとフィステルはほぼ治癒していましたので早速根管充填をして乳歯冠を装着しました。

これで安心して何でも咬めると思います、しかしレントゲン像では根の吸収像があったので再発する可能性は捨てきれません。

もしフィステルが再発したらそのときの永久歯の状態などを考えながらどのような治療方法を選択するか考えることになります。


                   フィステルがほぼ消失しています


                       初診時のフィステル


経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1285
| 山田 豊和 | 乳歯のフィステル | 09:22 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ