blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
著しい歯の擦り減り
70歳の女性の方です、下顎前歯部に著しい咬耗が見られます、大臼歯が欠損していて入れ歯をあまり使っていなかったようです。

咬み合わせを支えるのは大臼歯です、入れ歯を入れないでいるとどうしても小臼歯で咬むことになり残った歯は過酷な条件に晒されることになります。


              11月27日 前歯群に著しい咬耗が見受けられる



山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 咬耗 | 15:12 | - | - |
咬耗による知覚過敏
57歳の女性の方です 、左で咬みにくくなったので右で咬んでいると痛みが出てきたとのことでした。

拝見するとむし歯はなく咬耗があって象牙質が露出していて一部くぼんでいました、咬耗によりエナメル質が磨り減って露出して知覚過敏になっていました。

とりあえずサフォライドを塗布して様子を見ることになりました、硬いものがお好きでよく食べられるそうです。

場合によっては冠を被せることも必要かもしれません。


           エナメル質が磨り減って象牙質が露出している(鏡像)

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 咬耗 | 09:24 | - | - |
乳歯の咬耗
ふみやくん2年生4度目の登場です 歯が欠けたとの事で来院されました。拝見すると乳歯に著しい咬耗(磨り減り)がありました、半年前に比べて大分進んだようです、硬いものを好んで食べるかお尋ねしたところ、小梅ちゃんという飴が好きでバリバリかんで食べるそうです。おそらくそれも原因で乳歯が磨り減ったのだろうと思われます。乳歯は永久歯に比べて柔らかいので早く磨り減ります、しかし今は軟食であまり硬いものをかむ機会がないのでこのような咬耗にお目にかかることはめったにありません。以前梅干の種をかむのが好きで乳歯冠を被せて半年で穴を開けたお子さんがいましたがこのような方はめったにいらっしゃいません。いずれにしても硬いものをかむことはいいことですから・・・・、乳歯冠に穴が開けば被せなおしをすればすむことなのでどんどんかんでいただいていいと考えています。


エナメル質はとっくの昔に磨り減ってしまって象牙質が大きく磨り減りくぼんでいます

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 咬耗 | 12:48 | - | - |
なくて七癖
F君左下の歯の色が茶色くなったとのことで心配になってお越しになりました。

拝見すると詰めてあったコンポジットレジン(いわゆるプラスチックの詰め物)が剥離して隙間が出来てそこからむし歯になってきていました。

よく見ると歯のすり減りが尋常ではないのでお母さんに硬いものをよくかむことは無いですかとお聞きすると鉛筆を噛んでいるとのことでした。

ささらみたいになるほど噛んで芯が出てくるそうです、消しゴムつきの鉛筆は金属の部分を壊れるほどかむので危ないから避けているとのことでした。

この次噛んだ鉛筆を持ってきてくださいとお伝えした所F君にブログに載せるのは嫌だからと断られました。

お母さんにはもし本人が承諾したら持ってきてくださいとお伝えしておきました。


                   乳歯がひどく磨り減っています

    
 磨り減った乳歯 磨り減ってくぼんで象牙質が露出しています(下の2本 上は6歳臼歯)


山田歯科HP http://yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 咬耗 | 06:46 | - | - |
歯槽膿瘍その後
6月13日にコンポジットレジンで充填をしましたが、今週の水曜日に膿瘍の予後を拝見しました。

かすかに歯肉に痕跡は残っていましたが順調に回復していました。


                      根管充填後2週間


                      根管充填後1週間


                        根管治療前

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 咬耗 | 13:03 | - | - |
咬耗による歯髄壊死と歯槽膿瘍
I様79歳男性、下の前歯の歯肉に膿瘍がみられます。

歯が著しく磨り減っており歯髄が露出して感染し壊死して膿瘍ができたものと思われます、通法どおり根管治療をして一週間後拝見したら膿瘍が少し残っていました、しかし原因歯はこれしかないので根管充填をしました。

それから一週間置いて拝見したところほぼ治癒していたのでコンポジットレジンで充填しました、このように咬耗で歯髄壊死が起こることはまれですが象牙質はエナメル質に比べて軟らかいので硬いものを好まれる方は著しく磨り減ってこのように歯髄壊死に至ることがあります。


    歯槽膿瘍 原因歯は右から三本目です


                     治療前のレントゲン像


                        根管治療中


                       根管充填の確認


              根管充填後一週間 膿瘍がほぼ消失している

山田歯科HP http://yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 咬耗 | 05:16 | - | - |
咬耗による知覚過敏症
Kさん28歳女性です、右下の第一大臼歯がズキッとするとのことでした。

オーバーブラッシングによる知覚過敏を疑いましたがそのようなことはなくよく歯を観察すると近心頬側咬頭(外側の前の一番高いところ)が磨り減って象牙質が露出して穴が開いていました。

象牙質はエナメル質と比べてやわらかくいったん露出すると磨り減るのがエナメル質より早く穴が開くことになります、また象牙質が露出すると知覚があるので知覚過敏になってしまうことがよくあります。

とりあえず今回はフッ化ジアミン銀(サフォライド)を塗布して様子を見ることになりました。


         エナメル質が磨り減って象牙質が露出して丸い穴が開いています

山田歯科HP http://yamadashika.jp/
| 山田 豊和 | 咬耗 | 09:12 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ