blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
エナメル質のヒビ

46歳の女性の方です、右上の犬歯にヒビが認められます、これはエナメルクラックと言って歯の加齢変化なので心配はありません。

 

               2020年9月15日

 

 

| 山田 豊和 | エナメルクラック | 18:12 | - | - |
根管充填剤の除去

 9月14日 根管充填剤の除去 根管充填剤の一部が嚢胞内に入ってしまった

 

              9月2日 初診時

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3766

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 11:09 | - | - |
歯根端切除した歯に水泡ができたり収まったりする

48歳の男性の方です、左上2番は約11年前歯根嚢胞で歯根端切除をしたそうです、昨年右上2番にフィステルができたので念のため左上2番も診査してもらったところ歯根嚢胞があったとのことでした。

 

そういう事で昨年両方とも歯根端切除をしたとのことです、その後左上2番にフィステルができたのでお越しになりました。

 

レントゲンでは左側には異常所見はなく右側には小豆大の骨欠損像が認められます、フィステルもでできていたので歯根端切除がうまくいっていなかったという事になります、先ず根管充填剤を除去して根管治療から始めます。

 

                9月2日 初診時 右上2番 

 

              9月2日 初診時 左上2番

 

       9月7日 歯根端切除時の切開痕が認められる

 

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 15:33 | - | - |
骨ができるのを待ちます

歯冠が歯肉縁下で折れてしまったためエクストルージョンをしていた方です、いい位置まで出てきたので固定して2カ月ほど骨ができるのを待ちます。

 

                  9月4日

 

          8月21日 エクストルージョン開始

 

             8月11日 歯頚部で破折

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3762

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 17:37 | - | - |
大きな歯根嚢胞

22歳の女性の方です、歯茎の中にかなり大きく膿がたまって骨が溶けている状態で抜歯するしかないと言われた、抜きたくないので治療できるのであれば治したいとのことでお越しになりました。

 

パノラマレントゲンで左上6番の口蓋根に母指頭大の歯根嚢胞が認められます、根管形成ができれば治る可能性があるので早速根管治療を始めました。

 

口蓋根管と遠心頬側根管は根尖を穿通できたので治りそうです、しかし近心頬側根管は2根管あり両方とも穿通できませんでした、22歳で穿通できないのは治癒している可能性もあるので根管形成ができたところまで根管充填を行います。

 

     8月31日 初診時 左上6番に大きな歯根嚢胞が認められる

 

               8月31日 初診時

 

               口蓋根 根長測定

 

            近心頬側根 根尖穿通できず

 

             遠心頬側根 根長測定

 

 

 

| 山田 豊和 | 根管治療難症例 | 18:21 | - | - |
根管充填をしました

初診時歯肉膿瘍で切開排膿をした後フィステルができて治りにくかった人です、フィステル消失後約1カ月経過を見て根管充填を行いました。

 

               5月16日 初診時

 

              8月29日 根管充填

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3757

| 山田 豊和 | フィステル | 15:00 | - | - |
歯が折れた

57歳の女性の方です、歯がぐらぐらするとのことでレントゲンを撮ったところ歯頚部で破折してファイバーポストのグラスファイバーでつながっている状態でした、幸い根管治療に問題がなかったのでこのままエクストルージョンをして保存します。

 

                8月11日

 

             8月21日 折れた歯冠部

 

               8月21日 破折面

 

          8月21日 エクストルージョン開始

 

                8月21日

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 15:26 | - | - |
根尖を穿通できず

歯が折れてエクストルージョンの後根管治療をしている方です、根管充填剤はきれいに取れたものの根管形成時根尖を穿通することができませんでした。

 

根管充填後のレントゲンでは根尖にわずかにシーラーが漏出したようにも見えますが念のため半年経過観察をします、歯根嚢胞が残ったままなら歯根端切除と嚢胞の摘出を行います。

 

              8月18日 根管充填時

 

    

                6月6日 初診時

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3755

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 14:54 | - | - |
3カ月ほど骨形成を待ちます

歯根が水平方向に破折した方です、エクストルージョンが終って骨の形成を待っていましたがもう少し近心に傾斜させたところです。

 

あと3カ月骨の形成を待ちます。

 

                 8月18日

 

                 8月18日

 

                 3月6日

 

           2月21日 エクストルージョン開始

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3717

| 山田 豊和 | 短根歯 | 14:21 | - | - |
歯肉の回復の望みは?

29歳の女性の方です、オーバーブラッシングで退縮した歯肉の回復は見込めるかとのことでお越しになりました、拝見したところ弱々しい歯肉でかなりデリケートな歯磨きが必要な方でした、早速歯肉をすり減らさない歯磨きの練習を始めました。

 

これ以上歯肉をすり減らすことなくクリーピングを期待します。

 

    8月12日 初診時 歯肉が退縮して歯根露出を起こしている

 

クリーピング http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3436

| 山田 豊和 | オーバーブラッシング  | 17:13 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ