blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
歯を抜くと寂しい

51歳の男性の方です、着色のクリーニングを希望されて来院なさいました。

 

口腔内を診査した所怪しいところがあったのでレントゲンを撮ってみたところ右下5番6番が歯根外部吸収を起こしていました、抜歯はしたくないとのことだったのでこのままにすることになりました。

 

          2016年11月2日

 

 

山田歯科 http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 12:26 | - | - |
接着再植

67歳の女性の方です、右上2番を傷めたそうです8月から症状が出た来たとのことでした、できるなら抜歯を避けたいとのことだったので接着再植をすることになり10月31日に行いました。

 

        2016年10月31日 術前

 

          抜歯 コア除去に苦労した

 

             接着前処理

 

              接着

 

               再植

 

2016年10月11日 初診時 ガタパーチャポイントを挿入して撮影

 

        2016年10月31日 術後

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の外部接着再植法 | 12:35 | - | - |
抜歯するしかない

43歳の女性の方です、2年前に抜髄した左下6番にこの4月頃フィステルできたそうです、治療してもらったが治らなかったので抜歯するしかないと言われた、抜かず治す方法はありませんかとのことでお越しになりました。

 

拝見するとフィステルができていてレントゲンでは根尖病巣が確認できます、治せる可能性があるのでとりあえず冠を外して根管治療を始めることになりました。

 

          2016年10月24日

 

          2016年10月24日

 

 

フィステル http://www.yamadashika.jp/infection.html#a01

| 山田 豊和 | フィステル | 11:24 | - | - |
左下4番が痛む

55歳の男性の方です、左下4番にクラックが見つかりレジンで固めてもらったが3週間前より痛みが出てきて歯茎も腫れてきたとのことでお越しになりました。

 

クラックの確認のためレジンを除去したところ近遠心的に細いクラックが見つかりました、髄腔を開拡してみるとクラックが髄腔内まで進行していました。

 

根管充填を終えてから内部接着修復をします。

 

   2016年10月21日 クラックが認められる(鏡像)

 

        髄腔内まで進んでいた(鏡像)

 

        2016年10月21日  術前        

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の内部接着修復 | 14:07 | - | - |
ヒビが入っている

45歳の女性の方です、ヒビが入っているため抜かなくてはいけないと言われたとのことでお越しになりました。

 

できれば残したいとのことだったので接着再植をすることになりました。

 

         2016年10月15日 術前(鏡像)

 

                抜歯

 

             接着前処理 

 

            接着再植(鏡像)

 

           10月15日 術前

 

               術後

 

 

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の外部接着再植法 | 13:01 | - | - |
移植希望

44歳の女性の方です、5、6年前左下7番を抜歯してインプラントにするよう勧められたが抵抗があったので、痛くなったり被せ物が取れたりするたび、歯根の消毒と被せなおしで対処してきたが移植できないかとのことでお越しになりました。

 

拝見した所右上の親知らずが移植に使えそうなので、抜歯して問題の左下7番へ移植することになりました。

 

   2016年9月8日 初診時 クラックも認められる

 

   2016年10月14日 移植に使った右上8番(鏡像)

 

      2016年10月14日 移植床(鏡像)

 

            抜歯した右上8番

 

                髄腔内

 

              根管の封鎖

 

     2016年10月16日 移植直後(鏡像) 

 

    2016年10月16日 移植に使った右上親知らず

 

        2016年10月16日 移植床

 

      2016年10月16日 移植直後

         

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯牙移植 | 13:14 | - | - |
アイスを食べて歯がしみた

42歳の女性の方です、8月〜9月頃冷たいものがしみてその時鈍痛が15分くらい続いたとのことでお越しになりました。

 

拝見するとむし歯はなくオーバーブラッシングによる歯肉の肥厚と歯磨剤による楔状欠損でした、しみたのは楔状欠損による知覚過敏です、歯磨剤をやめることと力を抜いて磨くようお伝えしました。

 

また上顎切歯の口蓋側にエナメル質が薄くなっていて酸蝕症を疑いましたが思当たるようなことは無いとのことでした、とりあえず写真を撮らせていただいてなにかの折にお越しになったとき比較することになりました。

 

2016年10月8日きれいに磨けているがオーバーブラッシングによる歯肉のいじけが認められる

 

   しみた問題の左下6番 フェスツーンと楔状欠損が見られる

 

    反対側の6番 フェスツーンとかなり深い楔状欠損が認められる

 

 上顎切歯(鏡像) 中切歯がのほうがエナメル質が薄くなっている

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | オーバーブラッシング | 08:23 | - | - |
歯肉が不ぞろいです

エクストルージョンを終えて仮歯を装着して歯肉が成熟するのを待っている方です、歯肉が不ぞろいなので切除しました。

 

 2016年10月8日 歯肉の成熟にはもう少し時間がかかりそうです

 

       2016年3月12日 受傷時

 

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3377

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 14:17 | - | - |
エクストルージョンを始めました

42歳の才の女性の方です、左上1番の根管充填が終わりエクストルージョンを始めました。

 

       2016年10月5日 牽引装置装着前

 

              咬合面観

 

             牽引装置装着

 

              仮歯装着

 

 

 

エクストルージョン http://www.yamadashika.jp/ortho.html#02

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 13:15 | - | - |
エクストルージョン

交通事故で左上を折った17歳の女性方です、抜髄も終わってエクストルージョンをしてMTA根充が終わりました、現在は仮歯を入れて歯肉の経過を見ているところです。

 

          2016年3月12日受傷日

 

      3月19日 抜髄根管形成を終えた

 

       7月1日 エクストルージョンを開始

 

 8月20日 エクストルージョンを終了して骨の添加も認められた

 

         8月20日 MTA根管充填

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3349

 

| 山田 豊和 | 外傷 | 16:00 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ