blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
歯根の水平破折

36歳の男性の方です、20年ほど前に歯根を折ってそのままにしていたところ膿が出ているとのことでお越しになりました。

 

レントゲンでは歯の真ん中あたりで破折しているのが確認できました、残った歯根長が短いので余裕はありませんがエクストルージョンをして保存することになりました。

 

 

      2017年7月2日 初診時

 メタルコアの先端付近に横方向の破折線が認められる

 

         2018年11月5日

 

      2018年2月18日 牽引終了時

 

     2018年2月18日 固定終了時

 

      2018年2月18日 固定終了時

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯の牽引 | 12:47 | - | - |
エナメル質のすり減り

昨日お越しになった53歳の女性の方です、左上下7番は歯周病が進んでいて抜歯を勧めらたとのことです、できれば抜きたくはないとのことでお越しになりました。

 

お口の中を拝見したところオーバーブラッシングがあるものの抜歯しなければならない様には見えません、レントゲンでは左下7番遠心に歯槽骨の吸収はあるものの歯磨きで十分治りそうでした。

 

ただ歯ブラシは1〜2週間で開いてしまい取り換えるとのことだったのでかなりのオーバーブラッシングがあります、早速力の入れ具合の練習を始めました。

 

      右下7番遠心側に歯槽骨の吸収が認められる

 

        左下3番にフェスツーンができている

 

 エナメル質のすり減りと楔状欠損  歯磨剤は今日からやる事になった 

 

       上顎に比べて歯肉が少し腫脹している

 

         1週間ほど使った歯ブラシ 

 

        2週間くらい使ったタフトブラシ

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | オーバーブラッシング | 00:00 | - | - |
歯根端切除

18歳の男性の方です、左上2番、3番を2カ月前に抜髄してもらったが痛みが続いているとのことでお越しになりました。

 

レントゲンでは2本とも根管充填剤が根尖まで届いていません、根管形成不足で感染根管になったものと診断して根管治療を始めました。

 

何度か試みましたが2本とも根尖近くでファイルが引っかかって根尖まで入っていかなかったので根尖部の感染源を除去するため2番から歯根端切除を行いました。

 

                   2016年10月18日 初診時

 

     2017年11月4日 ファイルが根尖まで届かない

 

     2017年1月31日 歯根端切除後根管充填 

 

 

          2017年1月31日 術後 

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 13:09 | - | - |
セメント質剥離

53歳の男性の方です、分割して保存している左下7番近心根の根管治療が難しくパーフォレーションもあるためこのまま使って悪くなったら抜歯することになったそうです。

 

残したいとのことだったので意図的再植をすることになりました。

 

       白色のセメント質様組織が認められる

 

          セメント質様組織をはがした

 

     剥がしたセメント質様組織(病理検査へ出した)

 

             齲蝕の除去

 

   ファイバーポスト、スーパーボンドとコア用レジンで処理

 

            ファイルを除去

 

         2017年1月28日 術前

 

        ファイルとパーフォレーション

 

         2017年1月28日 術後

 

2月3日に病理検査の結果がわかり腐骨であったことが判明した

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 00:00 | - | - |
ジルコニアクラウンを仮着しました

昨年3月交通事故で歯を折った方です、エクストルージョンをしてファイバーコアののちジルコニアクラウンを仮着しました、これで問題なければ装着となります。

 

          2017年1月20日

 

          2016年3月12日 初診時

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3377

| 山田 豊和 | 外傷 | 15:19 | - | - |
左下5番のアップライトを始めます

30歳の女性の方です、左下5番が4番の遠心に食い込んでいた4番の大きなむし歯があります、5番のむし歯は小さかったため充填処置をして4番を抜歯の上アップライトすることになりました。

 

           2017年1月18日

 

           2016年2月2日

 

          2017年1月18日

 

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 部分矯正(MTM) | 12:13 | - | - |
歯肉は全体に引き締まってきた

久しぶりの来院です、右上顎犬歯と左上第一小臼歯の歯肉縁下歯石が出てきました。

 

   2017年1月14日 下顎前歯の縁上歯石は除去した

 

           2016年9月3日

 

    2017年1月14日 歯石が出てきた

 

     2017年1月14日 この歯石は除去した

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 若年性歯周病 | 10:31 | - | - |
歯を抜くと寂しい

51歳の男性の方です、着色のクリーニングを希望されて来院なさいました。

 

口腔内を診査した所怪しいところがあったのでレントゲンを撮ってみたところ右下5番6番が歯根外部吸収を起こしていました、抜歯はしたくないとのことだったのでこのままにすることになりました。

 

          2016年11月2日

 

 

山田歯科 http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根の外部吸収 | 12:26 | - | - |
接着再植

67歳の女性の方です、右上2番を傷めたそうです8月から症状が出た来たとのことでした、できるなら抜歯を避けたいとのことだったので接着再植をすることになり10月31日に行いました。

 

        2016年10月31日 術前

 

          抜歯 コア除去に苦労した

 

             接着前処理

 

              接着

 

               再植

 

2016年10月11日 初診時 ガタパーチャポイントを挿入して撮影

 

        2016年10月31日 術後

 

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の外部接着再植法 | 12:35 | - | - |
抜歯するしかない

43歳の女性の方です、2年前に抜髄した左下6番にこの4月頃フィステルできたそうです、治療してもらったが治らなかったので抜歯するしかないと言われた、抜かず治す方法はありませんかとのことでお越しになりました。

 

拝見するとフィステルができていてレントゲンでは根尖病巣が確認できます、治せる可能性があるのでとりあえず冠を外して根管治療を始めることになりました。

 

          2016年10月24日

 

          2016年10月24日

 

 

フィステル http://www.yamadashika.jp/infection.html#a01

| 山田 豊和 | フィステル | 11:24 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ