blog index

山田歯科医院Blog

兵庫県姫路市にある山田歯科医院からお送りするブログです。

1980年に開業して以来予防歯科、歯周病、矯正治療に積極的に取り組んでいます、そして歯根破折歯の接着治療にも取り組んでいます。

また抜髄した歯の一番大切な根管治療には最大限の努力を傾けています、そして必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

一番得意とする予防歯科ではブラッシング指導を中心としておさとう指導も行っています、ブラッシングの技術指導では患者様にブラッシングの威力に気付いていただけるような指導をスタッフ一同心掛けています。

尚このブログの症例写真は患者様ご本人または保護者の方の御了承をいただいた上で掲載させていただいております
動揺も収まりゴム咬み試験でも問題ありません

1月28日に意図的再植法の手法を使って根管内に残ったファイルの取り出しとパーフォレーションリペアを行った方です、歯根遠心側に腐骨があったため心配していました。

 

3週間ほど動揺が残っていましたがすっかり収まりゴム咬みでも十分咬めるようになっていたので、レジンで支台をつぎ足し仮歯の印象を採りました、次回被せます。

 

       2017年3月25日(鏡像)

 

     3月25日 骨の回復がうかがえる

 

          2月28日術直後

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3390

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 09:22 | - | - |
2年4か月と1年8か月

右上6番と5番をそれぞれ意図的再植と接着再植を行った方です、3月24日にお越しになったのでレントゲンを撮らせていただきました。

 

  2017年3月24日 6番5番共いい状態です

 

 2017年3月24日 右上5番6番共問題ないようです

 

   2015年7月4日 右上5番接着再植術直後

 

右上6番の経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3244

右上5番の経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3310

 

| 山田 豊和 | 歯質の再建 | 09:24 | - | - |
力による破折

39歳の女性の方です、右下7番にヒビがあって抜歯はしたくないとのことでお越しになりました。

 

咬合痛があり違和感も強かったので通法通り根管治療・根管充填をして経過観察をしていました、その間に他の歯の治療をして3月22日に内部接着修復をしました、次回仮歯を被せます。

 

     2016年8月6日 初診時

 

     2016年8月9日 根管充填時

 

2017年3月22日 術前 術後レントゲンは撮り忘れ

 

      1017年3月23日 術前

 

            接着前処理

 

            内部接着

 

 

 

山田歯科HPhttp://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯冠破折 | 12:23 | - | - |
9日経過しました

再植から9日経過しました、舌で押すとまだ痛みがあります。

 

           3月21日

 

           3月15日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3402

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 17:31 | - | - |
取れちゃいました

2012年左上4番を意図的再植の手法で根尖病巣を除去した方です、他医で割れていると言われたとのことでお越しになりました。

 

頬舌側に歯根破折が認められファイバーコアが取れかかっていました、レントゲンでは近心側に骨吸収があり歯根外部吸も疑われました。

 

保存することになり次回からエクストルージョンをして吸収した骨の回復を図ります。

 

   2017年3月18日 コアごと取れてしまった

 

         1017年3月18日

 

この方は昨年8月この歯が歯槽膿瘍になり切開排膿してその後歯根端切除を行い良くなりやれやれだったのですが今回はコアごと外れてしまい治療のやり直しになってしまいました。

 

 2016年7月9日 歯根外部吸収を思わせる所見あり

 

 

歯根外部吸収 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=146

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=2674

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 14:25 | - | - |
経過観察終了

2014年12月に動的治療が終わって経過観察をしていました、今日定期検診にお越しになり安定したかみ合わせが確認できたので矯正治療は終了としました。

 

         2017年3月21日

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

 

| 山田 豊和 | 矯正治療将后柄兩検“柑症例) | 12:32 | - | - |
糸が取れてきました

一昨日右上5番の意図的再植をしましたが今朝糸が取れてきたので抜糸をしました、少々早いですが昨日生着しているのを実感していました。

 

2017年3月15日(鏡像) うまくいってくれるといいのですが

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3401

| 山田 豊和 | 意図的再植法 | 11:03 | - | - |
接着3回目です

実は私の右上5番なのですが8年前歯根破折を起こして内部接着で修復してもらいましたしかし4年ほど前再び割れてしまってまた別の知り合いに接着再植をしていただきました。

 

2か月ほど前から痛みが出てきたので長男にレントゲンを撮ってもらい二人で読影したのですが破折線は見当たらず破折はなかろうということに落ち着きました。

 

しかし依然として痛みが続くので意図的再植をすることになり昨日抜歯してマイクロスコープで前回接着した所を精査しました、破折線は見つからずセメント質剥離が見つかったのでこれが痛みの原因とだろうという事で剥離したセメント質を除去し再植してもらいました。

 

セメント質剥離は予後が良くないのでどうなることか・・・、うまくいかなければもう一度トライしてみます。

 

     2017年3月13日 術前(鏡像)

 

         抜歯直後 前回の接着部

 

     セメント質剥離のように見えます

 

         セメント質を除去

 

           術後(鏡像)

 

              術後

 

     今日は痛みませんが昨日は結構痛みました。

セメント質剥離 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=152

 

 

2012年8月30日 前回接着再植する前

5番の根尖部にクラックが認められる

 

     2012年11月22日接着再植直後

 

2013年10月24日 接着再植から11か月後 骨が回復してきた

 

 

 

 

山田歯科HPhttp://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | 歯根破折歯の外部接着再植法 | 15:56 | - | - |
歯の免疫力

65歳の女性の方です右下6番の無髄歯にはむし歯があります、一方後ろの有髄歯の7番にはむし歯がありません、無髄歯と有髄歯の免疫力の違いでしょうか、よく経験します。

 

            3月7日

 

山田歯科HP http://www.yamadashika.jp/

| 山田 豊和 | むし歯の観察 | 12:53 | - | - |
治りました

2017年1月31日に歯根端切除をした方です、傷も良くなり痛みもなくなったそうです。

 

今回はCR充填をしました、次回左上3番の歯根端切除を行います。

 

          2017年3月6日

 

 

経過 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3391

 

| 山田 豊和 | 歯根端切除 | 09:35 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ホームページはこちら
 
山田歯科スタッフブログ

bolg index このページの先頭へ